住職日記

光善寺の住職ken-shinが、光善寺での日ぐらしや思いを気ままに綴ります。

花の季節になりました

2011-04-30 03:36:05 | 光善寺の風景
光善寺の境内にはボタンがあります。
今年もそのボタンが花を咲かせました。
肥料をあまりやっていないので、花のつきは悪いかもしれません。
ボタンと、葉ボタンの花と、後ろには金のなる木の花も見えます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

忘れてませんか?

2011-04-05 18:48:30 | 日記
大震災からもうすぐ1か月。
テレビの報道もだんだん少なくなりました。
少なくなったというよりも、原発のことばかりです。
日本人の悪いところでしょうか、
熱しやすく冷めやすい。
私が所属している山陰教区の青年僧侶の会のメンバー4名が来週仙台に行きます。
実は我々が仙台入りするのは
震災から3日後に、支援物資を持って仙台に入って2回目なのです。
これからも息の長いボランティアが必要と判断して
体制を整えて、今後も何回かボランティアに行く予定です。

ツイッターで面白い言葉に出会ったので、紹介します。

「がんばろう北海道。支えあおう東北。
信じてるぜ関東。気合い入れていこう信越。
不安がるな中部。走ろうぜ関西。元気出そう山陰。
笑おうよ瀬戸内。志そう四国。忘れないぜ九州。踊っちゃえ沖縄。
行くぜ日本、みんなが代表。」←みんなに伝わるといいな。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

子どもたちがお寺に来る

2011-04-02 02:45:35 | 日記
今日は山陰教区の「ほとけの子どものつどい」というイベントの
スタッフをしてきました。
山陰教区中から子どもたちが集まるのです。
だいたい60名くらいでした。
お話を聞いたり、ゲームをしたり、ウオークラリーをしたり
子どもたちも楽しそうでした。
子どもたちが、お寺って楽しいなあと思えるように
なれば一番いいのです。
お寺という空間は、
感謝とかもったいないとか、おもいやりということを
体で感じる場所なのですから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加