小澤康二の歌

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

所掌する事務

2017-06-10 15:35:07 | 日記
結論として、第二種金融商品取引業者(一種業者とは業として行う内容が異なる)がファンド(投資信託などで、資金の運用を代行する金融商品)を作り、それを健全な運営を続けるためには、とんでもなく多さの、業者が「やるべきこと」と、「やってはいけないこと」が事細かに規定されております。
実は日本の金融・資本市場の競争力等を高めることを目的とした規制緩和のほか、金融規制の更なる質的な向上が目標の試み等を積極的に促進する等、市場そして規制環境に関する整備が常に進められているわけです。
きちんと知っておきたい用語。ロイズって何のこと?ロンドンのシティ(金融街)の世界的に知られた保険市場であるとともにイギリスの法の規定で法人化されている、ブローカー(保険契約仲介業者)およびそのシンジケートが会員の保険組合を指す場合もあります。
【解説】FX:業者に補償金を預託し、外国の通貨を売買して補償金の何倍もの利益を出すハイリスク、ハイリターンな取引です。FXは外貨預金や外貨MMFなどに比べても利回りが高いことに加え、手数料等も安いという特徴がある。始めるには証券会社やFX会社からスタート。
小渕首相が逝去、森内閣が発足した平成12年7月、大蔵省(現財務省)から大蔵省が行っていた金融制度の企画立案事務も移管し1998年に発足した金融監督庁を金融庁(現金融庁とは仕組みが異なる)に再組織した。そして平成13年1月、98年設置の金融再生委員会を廃止し、現在の姿である内閣府直属の外局としてスタートした。
【解説】保険:防ぐことができない事故により発生した主に金銭的な損失に備えるために、制度に参加したい多数の者がそれぞれの保険料を掛け金として納め、集まった積立金によって予測できない事故が発生した者に掛け金に応じた保険給付を行う仕組みなのです。
15年近く昔の西暦1998年6月、当時の大蔵省金融部局(銀行局や証券局等)が所掌する事務のうち、民間金融機関等(民間資本によって運営される銀行等)の検査・監督に関するものを切り離して、総理府(省庁再編後に内閣府)の新外局としてこれまでになかった金融監督庁が発足したのだ。
いわゆるスウィーブサービスとは何か?普通預金口座と証券取引のための口座の間において、株式等の資金や利益などが自動的に双方に振替えられる有効なサービスである。同一金融グループによる優良顧客囲い込み戦略なのだ。
この「銀行の運営の行く末は銀行自身に信用があって大成功する、もしくはそこに融資する値打ちがないものだと断定されてうまくいかなくなる、二つのうち一つである」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの言葉)
ですから安定という面で魅力的で、なおかつ活き活きとしたこれまでにない金融システムを構築するには、どうしても銀行など民間金融機関とともに行政(政府)が両方の立場で解決するべき問題に精力的に取り組んでいかなければいけない。
ここでいう「失われた10年」という言葉は本来、国の、あるいはどこかの地域における経済が約10年の長期間にわたって不況そして停滞に襲われていた10年のことを指す言い回しである。
大部分の株式公開済みの上場企業なら、事業運営のための方策として、株式の公開以外に社債も発行するのが普通。株式と社債の違いとは?⇒、返済義務の規定なのだ。
株式会社ゆうちょ銀行のゆうちょ銀行のサービス等は従前の郵便貯金法の規定による「郵便貯金」は適用せず、銀行法(1981年年6月1日法律第59号)による「預貯金」に則った商品である。
銀行を意味するバンクという単語は実という単語はbanco(イタリア語で机、ベンチ)に由来するもので、ヨーロッパ最古(おそらく世界最古)の銀行。今から約600年前に当時のヨーロッパで台頭していたジェノヴァ共和国で誕生したサン・ジョルジョ銀行というのが定説。
原則「銀行の経営なんてものはその銀行に信頼があって大成功するか、融資するほどの価値がないものだと診断されたことで順調に進まなくなるかである」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 不動産、株式など »

あわせて読む

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。