フェアリーベル


ゴールデンレトリーバー小雪と暮らすなんでもない毎日。
小雪のおかげで我が家はまったり癒されてます。

三度目の手術

2016-09-19 16:44:06 | 病気・怪我

 

8月の終わりに、いつものように床に寝転んでいる小雪の足をかあちゃんは触ってました。

肉球も可愛いねえ なんて言いながら触ってました。

「ん? あれ?」 ふと、右後ろ足の指にゴリゴリしたものを感じました。

 

小雪は、触ってもいやがるでもなく、痛がるでもなく、ほとんど気にしていない様子。

これまで、背中や太ももなどに腫瘍のようなものを見つけては、病院へ行っていたかあちゃん。

その中で、大きくなった背中のものは手術でとりましたが、腫瘍は良性の物でした。

その後も、いくつか体に見つけて診察しましたが、先生に別に取らなくてもいいと言われて、そのまま様子をみてきました。

でも、今回の腫瘍は、いつもとは見た目も、触った感じも全く違っていて、なんかいやな感じがして病院へ行きました。

診察した先生も、「うーん、取った方がいいね。あんまりいい腫瘍じゃないかもしれない。」

かあちゃんの仕事の都合もみて、手術をすることに決めました

7カ月の時に避妊手術、4歳の時に背中の腫瘍摘出手術、6歳の今、3度目の手術です

 

9月12日に手術を受け、夕方に帰宅しました。

 

  

帰宅した時は、涙で目の周りがべちゃべちゃで、なんかぼーっとしてて悲しげ

やっぱり、全身麻酔は年齢が高くなるほどつらいのかな…痛いのかな…などと心配しましたが、翌日には元気が出てきました。

ラバーブーツをはいて、軽い散歩も。

 

傷口をあんまり舐めようとしないので、「お、これはエリカラをつけなくていいかな!」と喜んだのですが、やっぱり、3日目から舐めだしました

エリカラつけられちゃいました。

ラバーブーツはすんなりはいて、嫌がらないのですが、エリカラはものすごく抵抗してつけるのは一苦労。

腫瘍の病理検査の結果が心配でたまらないけど、まずは傷口を治さないとね。

 

 

そして、手術から5日目の17日に、病院から嬉しい電話がありました。

「小雪ちゃんの腫瘍は悪性ではありませんでした。〇〇腫瘍といって……」

悪性じゃなかったと聞いて、あとは何も聞き取れませんでした。今度、病院へ行ったときに聞くことにしましょう

小雪には3度も怖いおもいをさせてしまったけど、よかった…  感謝です…

24日の抜糸までもうちょっとです

 

 

 

 

『犬』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋の気配 | トップ | 一難去って… »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
”小雪かあちゃん”こんばんは! (カンタパパ)
2016-09-19 20:48:27
 ”小雪ちゃん”、3度も手術したんですか~
 大変でしたね!

 最後までドキドキしながら読みましたが、悪性ではなくてホッとしました。
 GRは、癌になり易いってよく聞いているので心配ですよね!

 早く治癒して、元気に遊びまわって下さ~い♪
カンタパパさま (小雪かあちゃん)
2016-09-20 07:12:41
はい、ありがとうございます。
1日1日傷もよくなっているようです。
獣医さんから、最悪の場合だと、断指、断脚なんて
言葉を聞くとたまらないです…
結果がよくてほっとしました。
Unknown (クーリかーちゃん)
2016-09-20 12:38:17
良かった~!
カレンダーを眺める度に24日に目が行ってました。
本当にほっとしました。
ミナも骨の癌の可能性があると言われ、細胞を採取して検査結果を待った事を思い出してました。
小雪ちゃんもエリカラ苦手なんだねえ。
でも抜糸まで我慢だよ~
Unknown (ボルトママ)
2016-09-20 16:50:37
よかった 
ほんとうによかった 
動物病院から一足早く朗報が届いて一安心です。
小雪ちゃんが悲しいとか痛いとか言えれば、対応のしようもあるのに、
わからないのは本当につらかったですよね。
それに最悪の場合なんて 
エリカラもあと少し、抜糸までがんばって 
クーリかーちゃんさま (小雪かあちゃん)
2016-09-20 17:57:21
ありがとうございました。
結果次第で、今頃暗~い気持ちでいたかもしれないしね。
ミナちゃんはもっと大手術だったし、
骨の癌の疑いなんて、本当に心配したねえ。
もうこんな“待ち”はいやですね!
無事抜糸までいくようにがんばります。
ボルトママさま (小雪かあちゃん)
2016-09-20 18:07:49
ありがとうございました。
おかげさまで、結果も一安心です。
検査結果を考えるのも怖かったかけど、
何が起こったのかもわからずに、
しょんぼりしている小雪を見るのがつらかったです。
小雪はもうすっかり元気!
心配ごとがなくなったかあちゃんも元気!です。

コメントを投稿

病気・怪我」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。