BEAUTIFUL CARS OF THE ’60s +1

栄光の60年代!
Copyright 2006-2014 Koyapop. All rights reserved.

Isuzu Bellett R6 Spider 1970 進化したいすゞのグループ6、ベレット R6スパイダー

2009-04-06 | ISUZU
1970年の東京モーターショーにベレット MX1600とともに展示されたいすゞ ベレット R6 スパイダーです。
同年9月に富士でレースデビューし、10月の日本オールスターレースでは優勝を果たしました。

Isuzu Bellett R6 Spider 東京 晴海 1970年撮影


<参考データ>
MR/直4、1.6リッター/WB2300mm


↓写真がお気に召したらクリックしてくださいね

ジャンル:
その他
Comments (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« Isuzu Bellett MX1600 1970 リ... | TOP | Toyota EX- 1969 実走したスタ... »
最近の画像もっと見る

10 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (gop)
2009-04-07 06:51:10
私も当時撮りました(動画有り)
http://987.blog.so-net.ne.jp/2006-01-12
i
suzuとghiaの時系列はこちらに。
http://987.blog.so-net.ne.jp/2008-02-27
R6スパイダー (lotus49ford)
2009-04-07 20:46:31
昨年のタイムマシンフェスティバルで浅岡選手のドライブで走りましたね。その前に見たのは1972年の富士GCでしたから36年ぶりでした。
この時代のいすゞは (kotaro)
2009-04-09 00:17:09
日野と同じくバス、トラック中心メーカーとはいえ
コンテッサ〜サムライを諦めたヒノに比べると過激で
花があって夢もありますね。
グループ6なんて言葉は久しぶりに見かけました。
日本初のGT、量産DOHCを積んだメーカーの誇りはすさまじい
ものがありますね。
いすゞが一番外国車っぽい会社だったのも、あれから30年
経ち、アルファやロータスをたやすく口にするようになって初めて
僕らは理解しいすゞに追いついたのではないでしょうか。

浅岡重輝さんの名前も覚えています。近年各地のクラシックなイベントに
出場されていますが奥様も上品な貴婦人を思わせる方で、最近の芸能人の
クラシックカーに群がってるのより、浅岡さんの姿と出で立ちを
見られただけで、その日はよい一日だったと思ってしまいます。

ありがとうございます (Koyapop)
2009-04-09 00:47:06
gopさん、こんばんは。
ご紹介いただいたページをあらためて読ませてもらいましたが、綿密に書かれていていつもながら勉強になります。ありがとうございます。
スゴイこと (Koyapop)
2009-04-09 00:47:44
lotus49fordさん、こんばんは。
さらりと書かれていますが、36年ぶりに同じクルマ、同じドライバーの走りを見るなんて、スゴイことですよね。
まさにタイムスリップしたご気分ではなかったのでしょうか。
和製アルファ (Koyapop)
2009-04-09 00:48:25
kotaroさん、こんばんは。
60年代、前にも書きましたがベレットGTはまさに和製アルファでした。
御三家としての矜持はただならぬものがあったことは想像に難くありません。
しかし相変わらず辛口で・・・そのスタンスはずっと続けていただきたいものです。
スゴイこと? (lotus49ford)
2009-04-11 08:14:31
Koyapopさん

そうですね。全く事前情報無しで見たときには一瞬,息を呑みます。今年のJCCA New Year MeetingでR6 Coupeを見たときがまさにそうでした。1969年の日本GP以来でしたから40年ぶりとした。

貴重なマシンをきちんと保管しているオーナーの方々に感謝しています。
何が凄いって…。 (元自動車少年)
2009-04-12 06:08:58
今でもこうやって、というより今頃になってやっとマニアックなクルマ好きの皆さんから注目されたくさんのコメントを書き込まれていること自体本当に凄いことだと思います。

当時はニッサンが「羊の皮を被ったオオカミ」とスカイラインを強力に売り込み、そしてトヨタが自慢のヤマハのツインカムエンジンを前面に「名ばかりのGTは道を明けろ」と過激な広告コピーを掲げしのぎを削っていたものですが、いすゞは物静かに淡々と好ましい洒落たクルマを送り出していましたよね。

どことなく上品でありながらメラメラとマニア心を忘れずに先駆の情熱に溢れたクルマ造りが今になって評価されていることは掛け値なしに凄いとぼくも思います。
他社ではあり得なかったイタルデザインやモモ、レカロさらにはイルムシャーやロータスといったブランドとの(今風に言えば)コラボレーションを前面に押し出したのもいすゞが最初でしたね。

世界最大のメーカーだったいすゞの大旦那GMの凋落、ワゴナーの引責辞任など誰も想像できなかったけれど、それより何よりまるでおもちゃ箱のようだった藤沢工場で生まれた12気筒エンジンを搭載したF−1マシンや450GT、ミッドシップのスポーツカーが陽の目を見なかったのが自分のことのように悔しくてなりません。
感謝 (Koyapop)
2009-04-13 00:30:31
lotus49fordさん、こんばんは。
まったくもっておっしゃるとおりです。
外野であれこれ言いながら見て楽しむのはお気楽ですが、それも団体やオーナーさんたちの努力の上に成り立っていることに感謝しなければ・・・
一味違ったクルマ作り (Koyapop)
2009-04-13 00:31:19
元自動車少年さん、こんばんは。
他の国産メーカーとは一味違ったクルマ作りに共鳴する方々が当時確実にいらっしゃいました。
乗用車からの撤退は残念でした。

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。