BEAUTIFUL CARS OF THE ’60s +1

Koyapopが1960年代以降に撮影したいろんな時代のいろんなクルマの写真を紹介しています。
(C) Koyapop

Alfa Romeo Alfetta GT 1974- アルファ ロメオ アルフェッタ GT

2009-04-27 | ALFA ROMEO
ジュリア スプリント系の後継モデルとして1974年に発売されたアルファ ロメオ アルフェッタ GTです。
水平基調のボディ/グリーンハウスに対しフロントホイールから前で斜めに落ちるキャラクターラインと低く押さえ込まれたフロントエンドが独特の精悍なプロポーションを生んでいます。

Alfa Romeo Alfetta GT 東京 台場 2005年撮影


Alfa Romeo Alfetta GT 東京 台場 2009年撮影


Alfa Romeo Alfetta GT 東京 台場 2009年撮影


Alfa Romeo Alfetta GT 長野 小海町 1994年撮影


Alfa Romeo Alfetta GT 長野 小海町 1994年撮影


Alfa Romeo GTV6 東京 台場 2009年撮影


Alfa Romeo GTV6 東京 台場 2009年撮影


<参考データ>
FR/直4、1.8リッター/WB2400mm/全長4190x全幅1664x全高1330mm
ジャンル:
その他
Comments (8)   この記事についてブログを書く
« Peugeot 504 Coupe 1969- プ... | TOP | Nissan 270X 1970 「新しいG... »
最近の画像もっと見る

8 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
トランスアクスル。 (大内 誠)
2009-04-27 18:44:00
Koyapop様>伝統的な名前と凝ったメカニズム。しかし、セダンのデザインはあまりに平凡。このジウジアーロボデイのクーペがなかったら、もっと寂しかったでしょうね。Koyapopさんのコメントの通りです。一番上の写真がオリジナルで、そのあとバンパーが大きくなったりエアダムスポイラーが付いてしまったりで改悪の見本?のような車でした。ジウジアーロボデイは、あごがしゃくれているのがいいのです。ジュリアやカングーロ等々。下から見上げると良い写真になります^^。
Unknown (白猫#35)
2009-04-27 21:16:29
初期の1.8GTがベストですね
バンパーレスにすると大内さんのおっしゃった「アゴ」のラインがはっきりしてかっこいいです。
室内も十分に広く、トランスアクスルの中速~高速コーナリングのスタビリティはジュリア系には無いものですね。
ちょっと不遇ですがとてもいい車だと思います。
得意技 (Koyapop)
2009-04-30 12:27:46
大内さん、こんにちは。
フロントエンドを切り上げた、ロアーパネルを意識したカタチはおっしゃるとおり氏の得意技のひとつですね。
安全問題や空力面での要求とはいえ、プロポーション全体にかかわる改変が良い結果を生むはずもなく、かといってオイルクライシスで新しいボディの開発もままならず、(他のカロッツェリア/メーカーもそうだったのでしょうけれど)、苦労が絶えなかったに違いありません。
シフトフィール (Koyapop)
2009-04-30 12:29:09
白猫#35さん、こんにちは。
やはり初期モデルがベストですか。
不遇という意識はなかったのですが先代のジュリア系の人気の高さに比べると、たしかにそうなのかも知れませんね。
この記事を書くにあたり読んだなかではシフトフィールに馴染めない、との意見がいくつかありましたがそのせい?もあるのでしょうか。
東京 台場 2009年撮影 (おやじ)
2009-05-01 11:52:25
この後姿が僕の車と全く同じで涙が出そうになりました。車検を切らせて早19年、そろそろ眠りから目覚めさせてやらないといかんなぁと思い出した次第です。
ぜひ復活を (Koyapop)
2009-05-02 06:43:36
おやじさん、書き込みありがとうございます。
マセラティの他にこのクルマもお持ちでしたか!
素晴らしいデザインですし、ぜひ復活させてあげてください。
その暁にはぜひ当Photo BBSへのご投稿も。お待ちしています!
3500GTのほうが先でしょうか?
綺麗なボディライン (kotaro)
2009-05-02 11:23:22
今年撮影のメタリックレッドの車はオーナーと時間があったのでお話させてもらいました。
線が綺麗に出てますねと言うと、随分一旦厚くなった塗装を削って磨いてやり直したとのこと。
その効果は如実にジウジアーロを主張しています。

74年から80年代いっぱい位までの息の長いスポーツでした。設計とデザインの基本が良かった見本。エンジンは最後V6 2.5までアップ。空力系とバンパーは許しましょう。
こんにちのように車自体がメタボな時代にはボディコン美女は現れません。おやじさん頑張れ。
もっと光を (Koyapop)
2009-05-03 02:19:52
kotaroさん、こんばんは。
ジウジアーロ氏最盛期の作品のひとつとして存分に存在感を発揮するこのクルマ、言われてみれば赤いクルマは実にきれいな状態に保たれていますね。
そういえばアルファスッド スプリントも最近全然見ていません。
この時代の名車たちにももっと光を当てて欲しいものです。

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。