AWA@TELL まいにち

愛知教育大学で、日本語教育に携わる人材の養成を行っています。ホームページも是非ご覧ください。

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017年03月15日 | 日本語教育
義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律の公布について

この法律により、国籍などにかかわりなく、義務教育の機会が確保されます。

日本国憲法第26条のいう「すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。」から一歩進んで、「国民」を越えて「国籍その他の置かれている事情にかかわりなく」の一文が明記されました。

教育を受ける機会は、平等に提供したいもの。

そして、せめて義務教育は、機会平等から結果平等へとシフトしていけるといいなあ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おはぎ、作ってみた | トップ | 意味不明のプクの行動 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。