AWA@TELL まいにち

愛知教育大学で、日本語教育に携わる人材の養成を行っています。ホームページも是非ご覧ください。

悲劇は突然やってくる

2016年12月20日 | どーでもいいこと
研究室のエアコン。

私が赴任した2008年当時、すでに結構使い込まれていたエアコンですが、

昨年度あたりから、冷房が突然止まるとか、温度設定がうまくできないとか、トラブルが続き、今年度、付け替え用と思っていたのですが、

業者さんから、脚立が置けるだけのスペースを作らないと工事できない、という当然といえば当然、冷酷といえば冷酷な通達を受け、

今年はあきらめよう、となったところでしたが、


今日、暖房の調子を見てみたら


変な音がするだけで温風など出てこない


なんてこったい。暖房がダメかよ。


まあ、暑いのよりは我慢できるからいいか。と、あきらめモード。


この建物の全面改修まで待とうかな。って、いつになるのかわからないし、どうしたものか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 来年夏のお仕事 | トップ | 多文化リテラシー「日本とア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

どーでもいいこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。