AWA@TELL まいにち

愛知教育大学で、日本語教育に携わる人材の養成を行っています。ホームページも是非ご覧ください。

日本語初期指導教室の在り方リーフレット「生き生きと学校生活を送るために」

2017年06月16日 | 日本語教育
愛知県教育委員会義務教育課さんからのお話を受けて、「あいちの外国人児童生徒教育連携協議会」の委員長を昨年度させていただきました。

そのお仕事でまとめたものが、今日、県教委から届きました。

すでに、愛知県教育委員会義務教育課のHPで公開されております。


小学校で、日本語指導が必要な子どもたちへの指導経験の長いNPOの方と、学校の先生とがチームを組み、学校行事、学校での適応も視野に入れながら、無理のない形で何が形作れるのかを、確認しつつ作っていただいたものです。

これが全てではありませんし、不十分なところも多いと思います。先行する事例の焼き直しの部分もあるかもしれません。

でも、日本語教育のご経験のない先生方が指導担当になった時、「どうしたらいいのか」に少しでもこたえられるものになっていれば、と思います。









120時間分の詳細な指導案なども、HPからダウンロードできます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (-_-;) これだから いやだ... | トップ | ・・・・やってらんない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。