AWA@TELL まいにち

愛知教育大学で、日本語教育に携わる人材の養成を行っています。ホームページも是非ご覧ください。

多文化リテラシー「日本とアジア」(教養教育)。今日は留学生とおしゃべり

2016年12月20日 | 日本語教育
担当している教養教育の授業で、

今回と、年明けの次回、

愛教大に留学生ている留学生とおしゃべりしよう、という企画。

日本語で。

留学生の日本語の授業と重ねてやっています。


毎年、ほとんどの学生さんが、『はじめて外国人と話した』という感想になる授業。今回はどうなるかなーと楽しみ。


民族や国籍ではなく、個人として相手をとらえよう、ステレオタイプ的な見方から離れよう、というのが趣旨ではあります。

手伝ってくれた留学生は、ケニア、中国、カンボジア、パキスタン、タイ、台湾の学生さんたち。

日本語能力もまちまちで、30分を2セッションやりましたが、どの留学生にどのグループに入ってもらうかが腕の見せ所。



写真をネットで公開してもいいよ、といってもらえたので、今回はこちらで紹介します。名前や学籍番号にはモザイクをかけました。













ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悲劇は突然やってくる | トップ | 手作りのブックカバー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本語教育」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。