AWA@TELL まいにち

愛知教育大学で、日本語教育に携わる人材の養成を行っています。ホームページも是非ご覧ください。

愚痴です。 ちと長いし、ネガティブな気分になります。すみません。

2017年08月09日 | どーでもいいこと
結局、今日はもう6時間近く、報告書だけにかかわっています。

でも、ほとんど進んでいないのです。そろそろ帰り支度。続きは家で、それからまた明日。



なんか、毎回、同じようなことを違う書式で書いていて、前の報告書がどうだったのかもよくわからず、なんとも。


いったい、あの報告書は、誰が読んでいるのか。

どこに需要があるのか。


以前も愚痴りましたが、報告書の冊子にするための原稿をA4で10枚程度書き、その要約を文科省に提出するからとA4 一枚程度にまとめさせられ、会議で使うからとさらに100字にまとめてくれという依頼があり、だったら、最初から100字でいいじゃないかと思いつつ対応していましたが、

これに大学の広報紙やら、HPに原稿をとなると、それぞれが違う書式、文字数となり、

挙句に、使う写真も、違うのがあれば…といわれてしまう。





大学教員になって、私は何をしているのか。







研究は全くできていない。学生さんが質問に来ても、今のように報告書があるときは後回しだし、授業準備だって焼き直しが多くて、新しいことなんか盛り込む余裕がない。


これが文科省の求めている大学教員の姿なんだろうか。



と、精神的につらく、鬱になりかけた8年くらい前と同じような状況に思えてきて、この夏あたりから、仕事に対するスタンスを変えました。


やりたいことを第一にして、報告書作成や、プロジェクトは優先順位を下げていく。


なので、今年は、安城市の大人日本語教室にほぼ毎週通いましたし、

先月末には、フィンガーボードの研修会を開催し、

JICAのセミナーや、卒業生を招いての講演会を複数行いました。


留学生の日本語の授業も、後期からテコ入れをします。


誰が読むかわからない報告書に何週間も、何時間もかけるくらいなら、授業準備に時間をかければいい、と思うようになりました。


先日、日帰りで大騒ぎして筑波大学へ行ったのも、報告書書くより、たとえ5時間程度であっても資料を読む時間を作ったほうがいい、という判断からでした。



私が学生のときは、先生のところへ夕方うかがって、日付が変わるころまでおしゃべりしていたものですが、今は、「10分ね」という始末。


周りの先生方にご迷惑をおかけすると思いますが、


少し、自分のやりたいことを優先して、仕事を回していきたいと思います。


このままでは、何一つうまく回らない。





これが、本当に文科省の考えている、求めている大学教員の姿なのか?



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長崎 原爆の日 | トップ | 留学生の質が落ちるだろうなあ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

どーでもいいこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。