goo

ご報告

2012-07-24 01:13:33 | Weblog

結婚式が終わってから二週間程しか経っていないのに
このような報告をせねばならないのは
非常に心苦しいかぎりではありますが、

本日7月23日、
私の母が他界致しました。

享年68歳でした。

数年前に突然、白血病を発症させて以来
病気と戦ってまいりましたが、
本日ついに力尽き、天国に召されました。

病を発症させる以前の母は
それはそれは元気な人でした。

バレーの選手として様々な大会で活躍し、
60過ぎてもママさんバレーの現役選手でした。

僕や弟、そして親戚一同は
「この人は絶対100歳近くまで生きるに違いない」
と口を揃えて言う程、元気な人でした。

病を発症させた後も一度は克服したのですが、
残念ながら再発させてしまいました。

こういう状況でしたので、私は
結婚式を執り行う事を躊躇していたのですが、

「私の事は気にせず、結婚式だけはちゃんとやり遂げなさい。
 式が終わるまでは死にゃあせんから。」

という母の一言に背中を押され、
結婚式の準備を進める事にしました。

本人もギリギリまで参加する意思はありましたが、
やはり体調が思わしくなく
欠席せざるを得ませんでした。

結婚式を無事終えた翌日、母に電話をしたら

「親戚の人達みんながいい式だったって言っとったよ!
 よう頑張ったね!」

と、ここ数年で一番元気な
明るい声で労ってくれました。

結婚式の模様を収めたDVDを
いち早く母に見せたくて、
式場の方に頼み
急いで仕上げてもらう事にしました。

出来上がりの報告を受けた私は
すぐに式場に向かい
DVDを受け取り、
その足で高速道路に乗り
母のいる愛知県の病院に向かいました。

帰郷途中、神社でお参りをしていたところ
弟から「母の容態が悪化した」との連絡が入りました。

雨の中、そして大渋滞にはまりながらも
急いで病院に向かいました。

私が着いた頃には、母は苦痛に顔を歪め
息をするのがやっとという状態でした。
とても結婚式のDVDを見せれるような状況ではありませんでしたが、
何とか写真だけは見せる事が出来ました。

母の手を握り、一言二言交わした後、
苦痛を和らげる為の薬を投与してもらいました。

しばらくは苦しそうな呼吸をしていた母も
徐々に意識を失うような感じで眠りへとつきました。

それでも、時折うめき声をあげ、
何の意思表示なのかはわかりませんが
手を我々の方へ差しのべていました。

その手を握り、語りかけるも
母はもう言葉を発する事はありませんでした。

二日間程病院に寝泊まりし、
弟や親戚の方々と交代交代で看病をしていたのですが、
仕事の為昨晩東京に戻りました。

そして今日、仕事を終えた一時間後位に
弟から電話がありました。

「お母さんが亡くなった。」

と。

覚悟していた事とはいえ
やはり茫然自失になりました。

正直、今現在
こうしてブログを書きながらも
まだ現実として受けとめられておりません。

明日再び帰郷し、
明後日がお通夜、その翌日がお葬式という事になりそうですが、
もしかすると、それが終わるまでは
実感が湧かないかもしれません。

こういう事になり
各現場に迷惑をかけております。

特に事務所には、
二週間前はお祝い事、そして今は弔事と
色々と仕事の調整をしてもらい
迷惑をかけっぱなしでございます。

僕も次から次へと大きな出来事が続き、
精神的に疲労困憊の状態であります。

しかしながら、色んな事が起こるのが人生。

起きてしまった事は何であれ受け入れねばならない事も、
辛い出来事は時が和らげてくれる事も
頭では分かっています。

それにしても改めて思いますが、
僕の中で母の存在は大きかったようです。

母に褒めてもらいたくて
色々と頑張ってきたような気すらします。

これから先、
母に褒められる事はもう二度とございませんが、
それでも頑張っていかねばなりません。

天国で再会した時に褒めてもらえるよう
頑張っていかねばなりません。

薬を投与された後、
薄れゆく意識の中でしたので
届いたかどうか分かりませんが、
手を握りながら母に言いました。

「お母さん、今までありがとう。

 俺はあなたの子供で本当に良かったよ。」

それを最後に言えた事が、

僅かではありますが
僕の救いとなっております。


長文、失礼致しました。


平成24年7月23日  小山剛志
goo | コメント ( 31 ) | トラックバック ( 0 )
 
コメント
 
 
 
お悔やみ申し上げます。 (いつも右手の会)
2012-07-24 01:30:09
ご母堂様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。
兄貴にとってかけがえのないお母様がお亡くなりになり気を落とされていることかとは思いますが、こういうときだからこそ、どうぞご自愛下さい。
 
 
 
ご冥福をお祈りいたします (蝙蝠)
2012-07-24 01:36:58
剛志兄貴へ。
謹んでご冥福をお祈りいたします。

先日お祝いごとがあった直後の不幸、心身のアップダウンで辛いことと思います。ただ、全て一人で受け止めないでください。ご結婚されて生涯の伴侶をを得たのです。相談、愚痴、色々話して苦しみを分かち合ってください。
喜びは2倍に、悲しみは1/2に。
無理をせず、また兄貴が笑顔でお仕事されている姿を拝見できるのを楽しみにお待ちしてます。
 
 
 
謹んでお悔やみ申し上げます (越後屋)
2012-07-24 01:37:38
御心痛お察し致します。
兄貴の晴れ姿を見届けるために力をつくされたお母上のご冥福をお祈りします。
 
 
 
ご冥福 (gtr)
2012-07-24 01:38:25
お悔やみ申し上げます。
10年前に父を亡くしたのでお気持ちは
解るつもりです。
まずは、お母様の法要が無事に終わります事を
お祈りします。
 
 
 
お悔やみ申し上げます (Unknown)
2012-07-24 01:41:44
小山さんとの約束を守って結婚式まで頑張られたのですね


心よりご冥福お祈りいたします
 
 
 
ご冥福をお祈りいたします。 (まる)
2012-07-24 01:42:35
メール拝見致しました。
私は18年前に母、7年前に父をなくしております。
私を創造し産んでくれた両親がこの世からいなくなる哀しみは恐怖に近いものがございました。それ位不安で。

この哀しみは親をなくしたものしか絶対にわからないのかもしれません。

小山さまは親孝行なかただと思います。
ブログを拝見しておりますと優しさが滲みでております。
新しいご家族をお作りになり、お母様にとって一番のプレゼントですね。
どうぞ、お立ち直りになるまで、トコトン泣いて笑って泣いて笑ってお母様を送られて下さいませ。
心よりご冥福をお祈りいたします。
乱文お許し下さいませ。
 
 
 
兄貴 (一ファン)
2012-07-24 01:46:58
御冥福をお祈りします。
ここから先は赤の他人の勝手な解釈でありますのでもしそぐわなければ読まないでください。

剛志さんのお母様はきっと剛志さんのご結婚で安心なさっていたと思います。今まで手塩をかけて育ててきた息子が一人の女性と家庭を作り新たな一歩を踏み出した姿を見てきっと心からお喜びになったと思います。剛志さんとしてはもっともっとお母様にして差し上げたいことがあったとは思いますが、それでもお母様の安らぎとなることが出来ていたのだと思います。これからもお仕事とご家庭を大切にして、お母様にご報告して行けるよう、今は思う存分悲しんでください。今の剛志さんにはその悲しみを受け止めてくれるパートナーがいます。

暫くは色々とお忙しいかとは思いますがゆっくりと心を整えてください。自分達ファンはいつまでも待ってます。
 
 
 
Unknown (XYZ)
2012-07-24 01:51:49
心からお悔やみ申し上げます
親孝行できて、よかったですね。

しっかりと、お見送りしてあげてください。
僕も、遠方よりお祈りさせて頂きます。

待ってるぜ、小山剛志!!
 
 
 
お悔やみ申し上げます (sumina)
2012-07-24 01:54:35
ご母堂様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

正直この言葉しか思い浮かべないのがもどかしいです
御自愛下さい。
 
 
 
Unknown (co9)
2012-07-24 02:12:38
ご母堂の御冥福をお祈り致します。

しかし、なにも俺の誕生日に
逝かれるとは。。。


合掌
 
 
 
Unknown (27歳会社員)
2012-07-24 02:17:42
Twitterでお母様の容態のことを知りました。
お母様のご遺徳を偲び、哀悼の意を表します。

お母様も剛志さんの「ありがとう」を最後に聞けて、とても幸せな気持ちで旅立てたのではないかなと思います。

心身ともに辛い時だとは思いますが、無理なさらず、おからだには十分お気をつけください。
 
 
 
御冥福をお祈りいたします。 (ジョージ)
2012-07-24 03:31:20
正直なにを書けばいいか言葉が出てきませんが、今だけは周りに迷惑かけていいと思います。兄貴今は近しい人達に甘えていっぱい泣いて、また笑った姿を見せてください。拙い言葉ですみません。
 
 
 
お母様、幸せでしたよ絶対。 (luckysekky)
2012-07-24 03:57:04
お母様のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

最期を看取ることができなかったこと、きっと
悔いとなっていることと思います。
でも、お母様は絶対絶対、幸せだったと思います。
私の父は58歳で他界し、兄妹だれも晴れ姿を
見せられないままのお別れでした。
数年経った今でも心が納得できてない状態です。
この世界には、事故や病気や、
いろんなお別れがありますが、
本当に、お母様は幸せだったと思います。
最後の言葉、絶対に伝わってます。

そして、どうぞ新しい家族で幸せでいてください。
生きている者は、幸せになるのが
お別れした人たちへの手向けとなると信じています。
 
 
 
お悔やみ (Wacky)
2012-07-24 09:19:41
ご母堂様のご訃報に接し
衷心より哀悼の意を表しますとともに
心からご冥福をお祈り申し上げます。

私もちょうど去年の7月に母が白血病を
発症し、半年足らずで他界致しました。

今回のご報告にてとても他人事とは思えず
筆を取らせて頂い次第です。

未だ心の辛さ癒えぬ事かと存じますが
どうか御心静かにお母様を送って
あげてください。

再び兄貴の愉快なブログを心から
お待ち致します。
 
 
 
ご冥福お祈り申し上げます (IZUMO)
2012-07-24 12:05:38
夜勤の休憩中にツイッターを拝見し、
現在帰宅して書き込みをさせていただいております。
お母様のご冥福、私も心よりお祈り申し上げます。

私も父を亡くして、もうそろそろ10年経とうとしております。
喧嘩ばかりで、父みたいには絶対ならないと思っていた時期もありましたが、父も病に伏せ、喧嘩もしなくなってきたなと思い始めた矢先、突然の心臓発作で他界しました。
そしてお通夜では、号泣している自分がいました。
なぜか涙を止める事ができず、ただ泣きじゃくりました。
肉親を亡くすというのは、自分が想像している以上に悲しく、つらいものだとこの時思いました。

きっと小山さんも今、我々の想像以上につらく悲しい気持ちだと思います。
なんと言葉をかけて良いのかうまく表現できないのですが…。
もしもう限界だ、と思ったらいつでも周りを頼ってもいいと思います。
今の小山さんにはたくさんの仲間や友達、そして奥様もいらっしゃいます。
きっと、みんな力を貸してくれますよ。

そして、兄貴が笑顔でたまに下ネタも交えながら再び我々の前に現れる日を待ってます。
 
 
 
Unknown (不屈のイカルガ男児)
2012-07-24 14:49:31
この度は、心よりお悔やみ申し上げます。

兄貴、無駄な言葉はかけません。だけど自分は、雄飛する貴方も苦境に立つ貴方も、どんな貴方でも自分は応援し見守っています。

兄貴は言ってたじゃないですか、「真っ直ぐなバングが好きだ」って。自分も真っ直ぐで優しい兄貴が大好きです。またいつか、バング殿のような明るくて真っ直ぐな兄貴を見せてください。

今のような大変な時期こそ、御自愛下さい。
 
 
 
謹んでお母様のご冥福をお祈りいたします (いっとん)
2012-07-24 19:29:38
小山さんも書いているとおりに多分、今はなにが起こった実感できていないと思います。

只、感情が昂ってしまう時はあると思います。
泣ける時には泣いたほうが良いです。
そのほうが楽になります。

自分の体験からですが。
落ち着いたら、自分の中で納得いったらでいいです。


また、明るくて面白い『兄貴』のおはなし待ってます。
 
 
 
謹んでお悔やみ申し上げます (弟分一号)
2012-07-24 20:45:09
恐縮ですが、私も高校生の時分に父を失いまして、少なからずお気持ちはお察しいたします。
ご母堂におかれましては、順序が逆とはいえ兄弟共に妻を迎え、かつそれを見届けられたことは、何よりの喜びであったかと愚考いたします。
お写真を拝見するに、兄貴はご母堂似でらっしゃる。
私も亡き父親似なので、片身を亡くされたご尊父のためにも、マメにご実家に顔を出してあげてください。
 
 
 
Unknown (よねちゅう)
2012-07-24 22:12:21
謹んでご冥福をお祈り致します。
兄貴が結婚するのを、待っていたのだと思います。
生前に式をあげれたことは、この上のない、親孝行ではなかったかと推察いたします。

精神的にも体力的にも、辛い時期かとは思いますが、無理をなされないようご注意下さい。
 
 
 
Unknown (Tears in Heaven)
2012-07-24 22:32:14
私も一昨年の暮れに母を亡くしました。
体調不良を訴え入院してから数日後に危篤状態となり、医者からもいつそうなるか分からないが覚悟しておいてくれ
と言われ覚悟をしていたつもりでもいざその時となった時現実を受け入れるのに時間が掛かりました。
これから通夜、葬儀と肉体的、精神的に辛い時が怒濤のように過ぎていくことでしょう。
どうか体調を崩さぬようご自愛ください。
 
 
 
こんばんは (まーちゃん)
2012-07-24 23:38:27
小山剛志さんのブログ!読ませて頂きました。

結婚式、そして母の他界


私も両親が病死で居ません!
私わ今でも、もっと親孝行してあげれば良かったと悔やみきれません。


お母様のご冥福をお祈りします
 
 
 
Unknown (Freeドム)
2012-07-25 00:31:38
心よりお悔やみ申し上げます。

何とお伝えしたらいいか分りませんが、お母様は幸せな、またご立派な方だとブログを拝見して感じました。
これだけ立派な兄貴を育てられ、またその兄貴の晴れ姿を写真でとはいえ見る事が出来、兄貴の言葉を聞け、幸せな気持ちで亡くなられたのではないでしょうか。

これから体力的にも精神的にも辛い時期となりますが、どうぞご自愛下さい。そして、ゆっくりでいいですので、きっとお母様が大好きだった笑顔の似合う兄貴に戻って下さいね。
 
 
 
Unknown (かずっぺ)
2012-07-25 01:49:20
ご母堂のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
 
 
 
Unknown (サナオ)
2012-07-26 22:17:46
この度お母様が後逝去された事、心からお悔やみ申し上げます。
また、お忙しい中無事にご葬儀を終えられて大変お疲れ様でした。
私の憶測で申し訳ありませんが、お母様は辛い時悲しい時、
兄貴の側にいて気持ちを分かち合ってくれる
大切な人が出来た事を見届けられて、安心して旅立たれたと思います。
晴れの姿を僅かしか見せられなかったことは非常に残念だと思いますが、
これから天国でお父様と、兄貴の新しい家族の幸せな日々をいつもずっと見守って下さることでしょう。

心行くまで気持ちを落ち着かせて下さいね。
そしてまた元気な兄貴が見せてくれる事をお待ちしています。
 
 
 
お悔やみ申し上げます。 (か216)
2012-07-27 02:15:44
実は、うちの母も先月亡くなりました。
間質性肺炎という難病と診断され、入院して1ヶ月程で…。
今すぐ危ないということは、まったくなかったのと退院の話も出ていたので安心していたのですが、突然こんなことになってしまい、家族一同、後悔することばかりです。
悲しいながらも、やらなければならない事が多く、あっという間に一月経ちました。

いろいろ大変だとは思いますが、身体に気をつけつつ、お母様を見送ってあげてください。
御冥福をお祈りいたします。

 
 
 
Unknown (Unknown)
2012-07-29 02:30:19
本日、記事を拝見させていただきました。
お力を落とされませんように。。
心よりお悔やみ申し上げます。

とてもよいお写真を残されてたんですね。
 
 
 
応援してます (クサントス)
2012-08-01 22:58:26
遅まきながら、お母様の訃報の記事を拝見しました。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

しかしながら、一ファンとしてこの度の記事を拝見して、今まで以上に兄貴の優しい人柄に触れられた気がします。

心中お察しします。
我々ファンとしては、こうして兄貴を応援していくことで、少しでもお力になれればと思います。

気持ちの整理がつきましたら、色々な媒体を通じて兄貴の元気な声が聞けるのを楽しみに待ってます!
 
 
 
謹んで (1wa)
2012-08-02 22:35:01
お悔やみ申し上げます。

本日、Twitterを拝見して、訃報を知り、数年前のことを思い出しました。

とてつもなく辛く哀しいかと思いますが、どうぞご自愛を忘れずに。

お母様のご冥福を心よりお祈りいたします。
 
 
 
お悔やみ申し上げます (うめまる)
2012-08-04 03:01:55
大切な家族を失ったときの喪失感を埋める作業というものは、自分が思うよりもなかなかはかどらないものなんですよね。
言葉や答えは、たいがいの大人にはすでに自分のなかにあって、やらなくちゃいけないこともわかっているのに、いろんな思いが頭の中をめぐってしまって、なかなか自分が浮上していけないかんじで。
あせらなくてもいいと思うんです。
浮かぼうとあがいてるうちはなかなか浮かべなくても、力を抜いて状況に身を任せていれば、自然に浮かんでいける時は来るものかなと。
今のすべてが自分の中にすっぽりおさまるまで、飯だけはしっかり食って、よく寝てください。
いつかまた剛志「兄貴」のナイスガイスマイルを見せてもらえる時のために。
勝手な文章ですみません。
 
 
 
Unknown (えーいち)
2012-08-19 21:32:56
心よりお悔やみ申し上げます。
 
 
 
Unknown (bang)
2012-09-15 12:24:36
konnichi wa watatshi no namae wa aruvaresu marukosu desu, watashiwa aruzenchin jin desu
Anata wa watashi no aidoruāru
Soshite itsumo no yō ni sentaku suru bang shishigami Bureiburū de
yoroshiku onegai shimasu
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。