こやまクリニック~東京都国分寺市/医療法人社団こやま会

クリニックからのお知らせを掲載しています
http://www.koyama-clinic.or.jp

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【防災のてびき】こやまクリニックへの緊急連絡方法

2011年05月06日 14時48分53秒 | 防災のてびき
電話をクリニックにかける

一度に皆さんからの電話が殺到すると、話し中になったりして非常に時間がかかってしまいます。まずは「171」番の災害伝言ダイヤルで、こやまクリニックの被災状況と院長からのメッセージを確認してください。

震災が起きると、普通の自宅電話や携帯電話の利用が殺到します。電話の会社は回線パンクを防止するため、わざと利用できないように制限してしまいます。

通話ができない、メールが送れない、圏外表示になって何もできなくなる、というトラブルがこの前の東日本大震災後の東京でも発生しました。

万が一の場合は、近所の公衆電話が便利です。被災直後は無料で開放されます。

*** メモ ***

自宅近くの公衆電話と場所
 ・
 ・

クリニックの連絡を「171」災害用伝言ダイヤルで電話確認する

現在サービスを利用できます。何度か実際にかけて練習してみてください。

災害用伝言ダイヤル(171) | NTT東日本
http://www.ntt-east.co.jp/saigai/voice171/index.html
使い方の説明
http://www.ntt-east.co.jp/saigai/voice171/images/manual.pdf

●電話番号「171」を押す

●案内が流れる

●「2」(再生)を押す
間違えて録音するのは絶対にやめてください。「1」で録音してしまうと、クリニックからの重要な伝言がどんどん消えてしまいます。

●案内が流れる

●クリニックの電話番号「042-328-0035」を押す

●少しして、クリニックからの伝言が流れる
最新の伝言から順番に流れていきます。クリニックの被災状況、透析を受けられるかどうか、他に透析を受け入れてくれる病院があるかどうか、といった情報が聞けます。


ブログ

こやまクリニックのブログ
http://blog.goo.ne.jp/koyama-clinic

インターネット(パソコン、携帯電話)からクリニックのメッセージを読む方法です。


「171」災害用伝言ダイヤルに録音して、こやまクリニックに伝言を残す

こやまクリニックやその他知人・家族に安否を伝えたいのに電話が通じない場合は、公衆電話などから「171」災害用伝言ダイヤルに録音しましょう。

皆さんにどうしても連絡がつかない場合、クリニックが最終手段として住所録に登録された自宅電話番号で、伝言が残っているかどうかを確認します。

「無事なので透析を受けたい」、「親戚の家に避難することになった」、「今○○病院にいる」といったメッセージを録音してください。

●電話番号「171」を押す

●案内が流れる

●「録音」(1)を押す
自分が伝言を残す場合は1番です。クリニックの連絡を聞く時の2番と混同しないように気をつけてください。

●案内が流れる

●自宅の電話番号「    -     -     」を押す

●案内が流れた後、伝言を録音する
ダイヤルを回す電話ではそのまま話し始めると、30秒で録音が勝手に終わります。
ボタンを押すプッシュ式では「1」と「#」で録音開始、「9」と「#」で録音終了です。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【防災のてびき】自宅にいる... | トップ | 【防災のてびき】震災の後で... »
最近の画像もっと見る

防災のてびき」カテゴリの最新記事