こやまクリニック~東京都国分寺市/医療法人社団こやま会

クリニックからのお知らせを掲載しています
http://www.koyama-clinic.or.jp

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【防災のてびき】被災生活における透析者の食事

2011年05月06日 15時08分10秒 | 防災のてびき
平常時よりもタンパク質・カリウム・塩分が高くなりやすい

透析不足に加え、透析者向きではない非常食や配給食糧で、数値がどんどん上がってしまいます。

避けたい食品
ラーメン(特に汁部分)、インスタント食品、果物、野菜ジュース、お茶、コーヒー、牛乳、弁当の梅干し・漬物・佃煮・おかずの一部、チョコレート・黒砂糖の入った菓子

カロリー確保に食べるとよい食品
白米、おかゆ、麺類、パン、カンパン、ビスケット、飴玉


カロリー不足で命の危険

食事が不足すると、摂取カロリーが減って体の中に尿毒素やカリウムが広がります。透析者の命をおびやかす、大変危険な状態です。しっかり自前で防災備蓄して、我慢せずに食べることが生き延びる秘訣です。

防止策としてブドウ糖・砂糖を準備している透析者も多いようです。


水分はとりすぎも、我慢しすぎも禁物

透析がなかなか受けられないことを考え、ふだんの2/3程度に減らしましょう。ふだん水分を我慢できないタイプ人は命取りになります。

とはいえ水が少なすぎると、血栓症やエコノミークラス症候群で危篤になりかねません。水分は適度に摂りましょう。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【防災のてびき】震災時の医... | トップ | 【防災のてびき】被災生活に... »
最近の画像もっと見る

防災のてびき」カテゴリの最新記事