こやまクリニック~東京都国分寺市/医療法人社団こやま会

クリニックからのお知らせを掲載しています
http://www.koyama-clinic.or.jp

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【防災のてびき】表紙

2011年05月06日 14時00分06秒 | 防災のてびき
(こちらは通院されている皆さんに紙で配布するものと同じ内容です)

医療法人社団こやま会 こやまクリニック
防災のてびき
いざという時に透析を受けるために必要な情報です

●防災袋の中に入れて持ち出せるようにしておいてください。
●いざという時あわてず行動できるよう、繰り返し読んでおくと安心です。
●同じ内容を、クリニックのHPとブログでも読めます。

作成
医療法人社団こやま会 こやまクリニック
〒185-0012 東京都国分寺市本町3-7-28
電話;042-328-0035 ファックス;042-328-0162
院長携帯電話;090-XXXX-XXXX [注;院内配布版には記載されています]

監修
理事長・院長 小山年勇


この『防災のてびき』について

この案内書は、阪神大震災および東日本大震災の体験談や教訓をふまえ、国内透析施設がインターネットで提供している複数の防災マニュアルを参考にしながら作成した物です。

透析者が送る被災生活を左右すると言われている、防災袋の中身や、停電・断水に関する準備といった内容も付け加えました。

透析者のいる一家に一冊置いておき、ご家族の皆さんで協力して防災の備えを進めていただければ幸いです。


この『防災のてびき』を通じてめざすこと

●「いざという時にどうすれば良いのわからない!」という不安・混乱をなくす。
●電話が通じにくい状況でもなんとか透析施設にたどり着く手段を知っておく。
●受けられるはずの透析を、情報不足で受けられない不利に陥らないようにする。
●被災生活で体を壊さないようにする秘訣を学んでおく。


記入をして内容を完成させてください

空欄や「メモ」欄に電話番号、住所などを書き入れて、自分専用の情報を加えたてびきに変身させましょう。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もしもの時に~災害用伝言ダ... | トップ | 【防災のてびき】普段からの準備 »
最近の画像もっと見る

防災のてびき」カテゴリの最新記事