コヤチン、さまよい日記

静岡県内を東へ西へ行ったり来たりしています。
応援している清水エスパルスの試合の感想もお伝えします。

日本の民主主義ってどこ行くんでしょうか。

2017-06-14 22:43:31 | 日記
共謀罪の趣旨を含む「テロ等準備罪」を新設する法案は多分強行採決されて可決させるんでしょうね。
国民の殆ども納得していないし法務大臣も理解していない法案が大手を振って通ろうとしています。
何故そんなに焦って可決に持って行くのか、先日国連からも指摘を受けたのに菅(官房長官)は汚い物でも払うかの言い方で反論しました。
一般市民が政治の論争でもしようものなら摘発されてしまうような悪法の可決が目の前まで来ています。
日本の国ってどこに向かっているんでしょうね。
野党の国会対策も決め手がない。情けない限りです。
政権をひっくり返そうとしたら違法にでもなるんでしょうか…

それに反して「加計学園問題」に関する文科省の調査はのらりくらりと行っています。
義家副大臣なんかは文科省の告発した職員が国家公務員法の守秘義務違反に問われる可能性があるという何ともふざけた発言。
義家文部副大臣は権力に屈しない男気のある人間かと思っていましたが幻滅ですね。
菅の発言も要を得ない逃げる気満々の気持ちがミエミエですね。
毎日、菅の記者発表を見る度にムッとしてきます。こいつには誠意のカエラも感じません。

安倍晋三は降りかかった火の粉を払いのけるのに必死になっています。
間違っている事を平気な顔をして自信満々に言う自民党の得意技の最高のスキルを持ったヤツが首相じゃ日本も良くならないよ。
こいつを支持している国民もどうかと思うがね。

このままでは子供の世代孫の世代の日本ってどうなるんでしょうね。そのターニングポイントは安倍晋三が政権を握っていた現在にあるという事になるかもしれませんね。
こんな事ブログで公開すると取り締まれかねなくなるんでしょうね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最低限の結果、VSイラク。 | トップ | 野際陽子さんが亡くなられま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。