コヤチン、さまよい日記

静岡県内を東へ西へ行ったり来たりしています。
応援している清水エスパルスの試合の感想もお伝えします。

集中力があれば…VS鳥栖。

2017-05-14 21:33:37 | 清水エスパルス
今日こそはホームで勝つと思ってアイスタに行くんですが、もう5月も中旬になってしまいました。
季節も初夏になって今季初めてユニの下の長袖無しで参戦しました。


今日の相手のサガンは豊田と谷口が欠場です。
エスパルスは出場回避すると思っていた后がスタメンに入っています。

気持ちいい風がアイスタを駆け抜けていました。

本日の入場者数14,172人、みんなホームでの勝利を待っています。




エスパルスのキックオフで始まりました。

開始して暫くはエスパルスのパスが繋がります。ボールもボランチの涼や六平に収まっています。
でもサガンは鎌田が好調です。ゴール前まで来ると驚異です。
チアゴは積極的に狙って行く姿勢が感じられます。
立て続けにCKのチャンスがありますが決定的な形が作れません。

23分、PA付近でテセがボールを後ろに出すと遠くからチアゴがミドル、これが強烈なライナーでゴールネットに突き刺さってゴーーーー春漁は魚体の大きさなどを理由に2度の休漁措置を取っていたが、4月下旬に入り水揚げ量が増え始めたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーール!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!ワールドクラスのゴールが飛び出してエスパルス先制‼︎‼︎


しかしこのゴールの後サガンがボールを持つ時間が多くなって来ます。
エスパルスはボランチにボールが収まらない状況、でもサガンのミスとゴール前で何とかクリアして凌ぎます。

前半はこのまま終了。1ー0とリードして折り返しました。

後半も同じメンバーで始まりました。


後半もボールはサガンが握っているように感じます。
攻撃のリズムを変えていきたいところ。

59分、白崎のシュートはDFに当たって枠外に。

62分、相手ボールを奪ったテセがGKと1対1、誰もが2点目と思いましたがシュートは相手GKの権田がセーブ。
あれは決めて欲しかったテセ。
これを決められないと嫌な雰囲気になって来ます。

70分、ゴール前でワンちゃんが相手と接触して立てません。そのまま担架で運ばれてしまいます。

ワンちゃんに代わって角田隊長。

どうも落ち着きが無くなった感じのエスパルスです。
76分、チアゴ→金子の交代。


ここは北川でも良かったんじゃないかな。
84分、エダ→野津田の交代。


しかし、野津田が機能しない。加入してから流石って思うようなプレーを見せてくれません。
今日もプレーに迷いがあるような気がします。

サガンは果敢に攻めて来ます。
アディショナルタイムは5分。この長いアディショナルタイムに嫌な予感がよぎりました。

アディショナルタイムも残り1分。何とか凌いでくれと思っていました。
ボールキープして時間を使って欲しいと思っていましたが、ボールがキープできません。

90分+1分、ゴール前でDFを引き連れて潰れた先にフリーでいた水野にボールが渡りフリーになって決められてしまいます。
なんて事でしょうか。

このまま終わってしまいました。
また今日もアイスタで勝てない。


最後何とかならなかったかな…
結局ホームで勝てないエスパルスとアウエイで勝てないサガンは痛み分けって結果になってしまいました。


ブーイングが目立っていました。

試合後ストレッチを終えてロッカーに選手達が帰った後、テセが仰向けになったまま長い時間天を仰いでいました。自分が決められなかったGKとの1対1が無念だったのでしょうか、それともキャプテンとして不甲斐なく思っているのか。
この無念は次で晴らしてくれ‼︎

次節はアウエイでレッズ戦です。
こいつらだけには負けて欲しくない。赤い奴らを黙らせてくれ。

それにしてもチアゴのポテンシャルの高さ感じました。
次も決めてくれ‼︎

ワンちゃんのケガ大丈夫でしょうか心配です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一日中雨でした。 | トップ | ワンちゃんのケガ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。