コヤチン、さまよい日記

静岡県内を東へ西へ行ったり来たりしています。
応援している清水エスパルスの試合の感想もお伝えします。

ルヴァンカップ第1節VS柏。

2017-03-15 23:11:46 | 清水エスパルス
ナビスコカップがルヴァンカップに名前を変えてからは初めて参加するエスパルスですが、18日にJ1のアントラーズ戦を控えている為予想通りターンオーバーで控えメンバー中心に組まれていました。
最近自慢のDFラインはガラッと変えて飯田・ビョン・立田・二見というメンバー、フリレ・浩太のボランチ、サイドに村田・デューク、FWに金子と悠という一部を除いて総入替えでした。
新人の飯田と立田の活躍も期待したいところでした。

スカパーも解約してしまったので、テキスト頼みですので実際の状況は全く分かりませんので文字から伝わる雰囲気で判断したいと思います。

試合が始まって間もなくメール着信。さてエスパルス早くも先制かと思ったらレイソルの得点。
3分、ミドルのボレーを決められたようです。まだまだ時間はあります焦るな。

この後文字から伝わる様子ですと、レイソルの早いプレスに手を焼いている様子。
押し込まれる状況が続いているようです。
前半は1点取られた後は何とか凌いで0-1で折り返し、後半に望みをつなぎたい。

後半頭から金子→野津田の交代。金子にはアントラーズ戦でも頑張ってもらいたいので休んでもらった方がいいかもね。

相変らず押し込まれる展開が続いているようです。
60分、二見→后の交代。なるべくなら休ませたかった選手ではありますが。

しかし后が入ってから推進力が出たようでボールを前に運ぶ場面が増えたように感じます。
スタメンの面目躍如ですね。
しかしなかなか決められない。

71分、フレイレ→六平の交代。
本当ならテセを出したいところでしょうがそれは自重したようです。
結局、惜しいシーンはあったようですし、植草のファインセーブもあったようで期待させてくれましたが、試合はこのまま終了0-1で敗れてしまいました。

飯田も立田もプロ初の公式戦で緊張もあったと思いますがいい経験になったと思います。
ステップアップしてレギュラーを奪える選手になって欲しいと思います。

スタッツを見ますとシュー数ではエスパルス11本に対してレイソルは8本。シュートに質はどんなものか分かりませんが攻めの意識は見られたのでしょうか。
掲示板を見ますと悠が叩かれていましたが、そんなに悪かったのでしょうか。
You Tubeでレイソルの得点を見ましたが、ある意味あのシュートは仕方なかった。決めたレイソルの手塚を褒めるべきでしょうね。
若手の選手達のいいアピールになってくれればいいと思います。

さて、土曜日はアントラーズ戦実力の真価が問われる一戦になると思います。
コヤチンも参戦します。花粉少な目でお願いします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« WBC日本5連勝。 | トップ | WBC日本準決勝へ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。