戦国時代に思いを馳せて

最近戦国時代に興味を持ち始めました。
主には本を読んだ感想や思ったことを書いていきます。
要はチラシの裏です。ええ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

本屋さんで戦国武将本を買いました

2016年12月31日 21時13分15秒 | 日記
今日は大晦日。
ここ数年、大晦日は夕方から出掛け、
近所のショッピングモールで買い物をして帰るというのが
恒例になっていまして
さっきも行ってきました。

大晦日の夜のショッピングモールは
田舎のせいもあると思うのですが
とても空いています。
サーティーワンも31%オフやっててお得ですし
これはやめられません。

本屋さんも空いててゆったりと本選びができます。
そんな中、買っ(てしまっ)たのがコチラ。



右側が宝島社『戦国武将ナンバーワン決定戦』
左が洋泉社『戦国時代大図鑑』

ちなみに宝島社のほうは640円+税。
オールカラーでカバーまで付いてるのに
安くないですか?
これは最後の一冊でしたので
ちょっとヨレっとしてるのが気になります。

「ナンバーワン決定戦」などという小学生が喜びそうな内容で
気軽に読めて面白いです(さすが宝島社)。
何といっても絵がかっこいい。
絵が気に入って買ってしまいました。
そりゃもうイケメンパラダイスですわ。

「大図鑑」のほうはもうちょっと落ち着いた内容で
基礎的な知識が得られそうです。

カバーのある本ってわたしはすぐに外して
どんなデザインになっているか見る癖があるのですが



かっこよすぎない?
惚れてしまうではないか。

もうひとつ、あーさん(小4男子)が買ったもの。



「本能寺 明智に消された 天下の夢」
など書かれている戦国武将かるたです。
明日の元旦、おもちを食べながら家族で遊びたいと思います。
  

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 信長公記 その10(首巻) | トップ | 信長公記 その11(首巻) »
最近の画像もっと見る

あわせて読む