戦国時代に思いを馳せて

最近戦国時代に興味を持ち始めました。
主には本を読んだ感想や思ったことを書いていきます。
要はチラシの裏です。ええ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

信長公記 その19(首巻)

2017年01月03日 17時09分02秒 | 信長公記
「織田信安、信長に敵対」

信長は戦地から脱出します。
その際、殿(しんがり)を務めて撤退します。
こういうところが「信長△」と言われる所以でしょうか。


※学研まんが人物日本史より

この戦のあと、上の郡の岩倉織田系の織田信安が
斎藤義龍と手を組んで信長の敵対行為を行ってきます。
(信安と言われても誰!?って感じですが、
その12で復習しておいてよかった。)
信安勢に清洲の近くを焼き討ちされたので
信長も上の郡で焼き討ちを行います。
報復合戦ですな。

道三の後ろ盾を失った今、信長の周りには敵ばかり。
どうする信長!?
  


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 信長公記 その18(首巻) | トップ | 信長公記 その20(首巻) »
最近の画像もっと見る

信長公記」カテゴリの最新記事