料理人こうやの記録

和食の料理人で、一姫二太郎の父。趣味は菜園。プチ野菜ソムリエ。そんなぼくの歩み。

十郎収穫そして激しい雹。。。

2017年06月17日 00時39分33秒 | 生産者の現場視察

みなさまこんばんは

 

今日も埼玉県越生の梅農家さん、山口農園さんに行ってきました

今日は十郎梅を知りたく、収穫させていただきに行きました。

注文して送ってもらうのは簡単ですが、

やはり現場に行って、かつ、木を感じながら自分の手でもいでみると、

全く違う学びがあります。

ただ、山口農園さん(山口由美さん)がとくにすごい、と思うのは、

とってもオープンでウェルカムで、かつすごく行動的

一番の繁忙期にも関わらず連絡も非常にレスポンスが早く、

各地を飛び回って梅の普及に走り回り、肉体労働をこなし、家事もする。

女性ですよ。

知れば知るほどすごさを肌で感じます

 

山口農園さんに着くと、雲行きが怪しくなり、雷の音が聞こえてきました。

一雨来そうだったので、すぐ畑に入り、急いで収穫。

バリバリガラガラ雷鳴が近づいてきて、

激しい豪雨となりました

 

熟して落ちた十郎と、木になっている十郎の2タイプをひとまず収穫できたので、

作業場に駆け込み。

外はこんな状況です。

雨で済めば良かったのですが、1㎝以上もある雹になりました

雹が地面をパチパチ飛び跳ねています。

山口さんは即取引先さまに連絡。

取引先さまからもお問い合わせの電話。

雹で梅に傷が付くからです。

↓ こんなにも大きな雹が数分に渡り、2回激しく降りました。

ここに来ていなかったら、うわ~すごい雹だ、で終わっていたことでしょう。

ひばりが丘近隣は一時的に雨が降っただけのようですし、

もしかしたら、雹が降ったことすら知らずにいたかもしれません。

 

こんな大きな雹が、無数に梅に降り注いだのです。

 

どうか無事でいて欲しい。

ただただそれを願うばかりです

 

雨が降らず、作物が、とか、

冷害にあって、とか

いろいろ聞いてなんとなく知ってはいるけど、

さっきまで晴れていて、

たった数分の天候の崩れで一気に状況が一変する

 

あらかじめ分かっていれば多少の対処は出来るのかもしれないが、

こんな突如の出来事、

どうにもできない。。

 

農家さんはそんな環境のもとで働かれているんだ、ということ

肌で感じた。

今日はブログを書く予定ではなかったが、

この体験を自分で止めてはだめだと思い、

今日のリアルな現場を書かせていただきました。

 

今目の前にしている食材は、

当たり前のようにここにあるけれど、

たくさんの奇跡のなかでここに来ている。

 

食べることに感謝する。

頂きますと手を合わせる。

 

これは、こういうことを知ると

自然とそうなる。

 

食べる、って

命を頂く、って

そういうことなんだ。

 

生産者さんは恩ぎせがましくそういうことを語りはしないけど、

料理を扱う立場の人たちは、しっかり理解して仕事にのぞみ、

かつ、そういうことを伝えていく役割があるんじゃないかと思った。

 

気持ちをどこに置いていいのか分からなかったが、

しばらく作業場に入らせていただいて、

機材のことを教えていただいたり、梅の話をさせていただいた。

 

↓ 長年使われている『はかり』。

一年に一度、この時期だけ使われるそうです。

計量して、梅干し用にここで追熟させます。

 

完熟の白加賀を生で。

梅を生で食べるのは初体験

上品な甘みとうま味、酸味は丸く、

この熟成した香りは、うま味の強い熟成させた赤身肉にも合いそう

加熱させずに使いたい。

ああ、パコジェットが欲しい。

もう何年も前から欲しい機材。

だれかパコジェットください。。。

 

ああ、すぐ料理の妄想に入ってしまう

 

雨がやみ、山口農園さんを出ると、

静かな風景に戻っていました。

どうか少しでも無事でありますように。。。

 

↓ 今日、先日収穫して塩漬けにしていた小梅ちゃんを干しました

塩分濃度は14%です。

ちょっとつまんでみたらね、むっちゃ美味しい

何これ。

塩漬けして少し干しただけでこんなに美味しいのか。

もっと青臭かったりえぐみを持ってたりするのかと思ってた。

 

いろいろ実験中です。

これは煎り酒にする予定。

今後、そばの『梅風味のかえし』や、青梅の塩麹漬け、

追熟した梅干しの塩麹ドレッシングなど

いろいろ作ってみます

 

では、明日も食べ物を頂くことに感謝して生きましょう。

 

それではまた

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小梅収穫~カリカリ梅 埼玉... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。