こっぱもちの部屋

主に、読書感想のブログです。他に、日常生活で楽しかったことを書くと思います。

『おちゃっぴい 大江戸八百八』堀川アサコ

2016-10-13 19:29:29 | 読書感想
日本橋高砂町の路地裏に住む、天涯孤独な身の上の刺青彫師・青治。
彼に思いを寄せる、近所の剣術道場・六道館の師範代、巴。
巴に恋する桃助。

幼なじみの三人が、生きミイラや化け物屋敷、卯月小町などの様々な謎を解き明かしていきます。

表紙の惹句で、最終話に「あなたの心は浮くか、沈むか。」とありましたが、そんな単純な話ではなく、複雑な話でもないように感じました。

確かに寂しい場面はありましたが、三人の絆は固いのではないかと思えました。
大丈夫ですよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『俗・偽恋愛小説家』森晶麿 | トップ | 『ろじうらの伝説』柳家喬太郎 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む