こっぱもちの部屋

主に、読書感想のブログです。他に、日常生活で楽しかったことを書くと思います。

『吾輩も猫である』赤川次郎 新井素子 石田衣良 荻原浩 恩田陸 原田マハ 村山由佳 山内マリコ

2016-12-07 19:45:48 | 読書感想
8人の小説家が、夏目漱石の『吾輩は猫である』を題材に書いた猫アンソロジーです。

赤川さんの猫は人の生まれ変わり。
新井さんの猫は、ファンにはお馴染みの「ファージ」
石田さんの猫たちは、理知的。
荻原さんの猫は・・・可愛い4コマ漫画。
恩田さんの猫は、自由でマイペース。
原田さんの猫は、やんごとなきお方。
村山さんの猫は、気位が高そう。
そして山内さんの猫は、芸大生に飼われ始めます。

この本のタイトルを見て、今更ではありますが大島弓子さんのコミックエッセイ『グーグーだって猫である』は、
漱石のこのタイトルから付けたんだと気づいた次第で、誠に面目ない(苦笑)
だって、大島さんのは人の視点から描かれていたんですからー。

それはともかく、このアンソロジーはすべて猫視点。
ジャンルは色々あれど、どれも面白いです。

難を言えば「海洋堂のフィギュア」なんて細かく具体的な 商品名は、教えない限り1歳にも満たない子猫は知らないはずです。
大島さんの『綿の国星』のチビ猫だって、わざわざ「前の飼い主が画家の名前を教えていたんだな」 と他の猫に説明させているくらいで、そこが片手落ちでした。
細かいことを言って、ごめんなさい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ショートショート列車』田... | トップ | 『小説家と過ごす日曜日』石... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読書感想」カテゴリの最新記事