こっぱもちの部屋

主に、読書感想のブログです。他に、日常生活で楽しかったことを書くと思います。

『彼女の色に届くまで』似鳥鶏

2017-06-18 19:34:10 | 読書感想
画廊の家に生まれ、売れない画家を母に持つ緑川礼は、絵に触れる機会が多かったせいか、幼い頃から普通よりは絵を描くのが上手で、将来は画家になりたいと思っていた。
しかし、長ずるに従って、自分の平凡さを自覚するようになってきた。

そんな緑川が高校時代に出会った同級生・千坂桜は、初めから天才的な才能を見せた。
彼女の才能を知った緑川は、自分の所属する美術部に彼女を入部させ、説得して同じ美大に進学した。

さらに彼女には、絵ばかりか推理の才能まであったのだ。

高校、大学、社会人、それぞれの時代に起きる絵にまつわる事件を千坂が解き明かしていく背景に、そのような事情があろうとは、思いもつきませんでした。

そんな中、友人の少ない緑川の唯一の友とも言える筋肉人間・風戸翔馬が、シリアスに傾きがちの空気を和ませてくれ、さらに、大事な時にはフォローに回ってくれる貴重な人物だと思いました。

何よりも主人公の緑川礼が、幼い頃から客商売を叩きこまれる事で身についた、人のあしらい方と肝心な時の対処が、風戸じゃありませんが悪魔なみに素晴らしく、シャッポを脱ぎました(多分死語)。

この三人が、末永く幸せでありますように。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『花魁さんと書道ガール2』... | トップ | 『本を守ろうとする猫の話』... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む