こっぱもちの部屋

主に、読書感想のブログです。他に、日常生活で楽しかったことを書くと思います。

『花魁さんと書道ガール2』瀬那和章

2017-06-17 19:09:23 | 読書感想
今まで書道一筋の人生を歩んできた多摩子が、春風と名乗る花魁の霊に取り憑かれた。
春風を成仏させるために、多摩子は二人で「最強の恋愛アドバイザー春風さん」として大学内で活躍することとなった。

そんなある日、春風さんと相談者の橋渡しをしてくれていた親友の林檎に、本気で好きな人ができたという。

今回は、多摩子自身の進路や恋についても語られ、迷いながらも新たな道を選択します。
本当に、多摩子こそが、自分という者をよく知っている素敵な女性なのではないかと思いました。
それが証拠に、もう一人の花魁の心もほぐせましたし。

多分、これで完結でしょうが、満足いく終わり方でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『あとは野となれ大和撫子』... | トップ | 『彼女の色に届くまで』似鳥鶏 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む