こっぱもちの部屋

主に、読書感想のブログです。他に、日常生活で楽しかったことを書くと思います。

『狩人の悪夢』有栖川有栖

2017-05-16 19:37:12 | 読書感想
今回の有栖は、人気ホラー作家・白布施正都との対談をきっかけに、彼の亀岡の自宅に招待される。
近くのオーベルジュで、白布施の担当編集者も含めて夕食を摂り、彼の家の悪夢を見る部屋に泊まった翌日。
近所の人から、彼のもう一つの持ち家の様子がおかしいと連絡があり、駆け付けてみると、そこには他殺死体があった。

白布施のアシスタントだった渡瀬といい、夢遊病を持つ矢作といい、どこか怪しげな人物が登場する本作ですが、物語が終わってみると、犯人といい、被害者の一人といい、よかれと思ってしていた事が、悪夢を生んでしまったように思われてなりません。

火村の推理はスッキリ決まったのですが、人々の感情はモヤモヤの残る終わり方ではありました。
もちろん、面白い作品なのは、間違いありません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『あきない世傳 金と銀(三)... | トップ | 『アンソロジー 隠す』アミの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む