こっぱもちの部屋

主に、読書感想のブログです。他に、日常生活で楽しかったことを書くと思います。

『超・少年探偵団NEO』田中啓文

2017-06-28 19:31:25 | 読書感想
時代は、2117年。
東京のほとんどが未来都市となってしまった中、千代田区麴町だけに昭和の東京が残されていた。

その中でも、ひときわボロいマンション「あかん荘」の二階に明智探偵事務所があり、七代目・明智小五郎がいて、やはり七代目・怪人二十面相と対立していた。
しかも、高校生になってしまっているとはいえ、相変わらず小林少年も存在し、彼も七代目なのだった。

さて、感想ですが、久々に田中啓文さんの駄洒落炸裂と言いますか、アホ大爆発と言いますか(褒めてます)大きな脱力感と共に、(アホだけじゃありませんが)楽しませていただきました。

今更ながら、ほぼ巻頭に書いてある理由で、少年探偵団シリーズのパロディといいますか、変奏曲といいますか、そういうものが一気に出たのですね。
情報にうとくて、申し訳ありませんでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『密偵 手嶋眞十郎 幻視ロマ... | トップ | 『ビアンカ・オーバーステッ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読書感想」カテゴリの最新記事