こっぱもちの部屋

主に、読書感想のブログです。他に、日常生活で楽しかったことを書くと思います。

『水戸黄門 天下の副編集長』月村了衛

2016-09-15 19:37:41 | 読書感想
光圀公は本来『国史』編纂に尽力した方で、世直しのために諸国を行脚する暇は無かったはず。

ところがこの本では、遅れた原稿を取りに行くということで、TVシリーズと史実を面白く融合させています。

介さん覚さんはもちろんのこと、お吟さんや、名こそ違えど風車の弥七も登場します。
男性群期待の入浴シーンもあります。
うっかり八兵衛がいないのが惜しいところですが、まあ彼は名物紹介と賑やかしにいるようなものでしょうから、勘弁していただくとします。

さて本編ですが、最初の原稿取り立てこそ普通の悪徳地本問屋が敵となりますが、二話以降は、さる姫君が好敵手となり、『国史』の原稿の遅れが問題となってきます。
最後には、世界的に有名な戯曲のパロディにまでなって、大団円になることで大いに笑わせてもらえます。

とても楽しませていただきましたし、もしかして、続きもあったりするのかな?と期待させられました。
お勧めです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『地獄八景』田中啓文 | トップ | CD『ひろコーダー☆栗コーダ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む