こっぱもちの部屋

主に、読書感想のブログです。他に、日常生活で楽しかったことを書くと思います。

『たゆたいエマノン』梶尾真治

2017-04-19 19:32:08 | 読書感想
今回初めてエマノン発生の経緯が描かれ、‘‘ヒカリ’’が彼女の長年の親友として現れます。

‘‘ヒカリ’’とその父親は『おもいでエマノン』の「あしびきデイドリーム」にも登場するのですが、実は『クロノス・ジョウンターの伝説』にも、父親と同姓同名の 人物が出てきます。
もしかして、並行世界なのかな?とか、クロノスの彼の影響で、‘‘ヒカリ’’がこの能力を身に付けることになったのかな?とか、空想は広がっていきます。

また「さよならモイーズ」は、「たゆたいライトニング」と並ぶ雄大かつ繊細な、切なくも素晴らしい物語になっています。
とても考えさせられる、お薦めのシリーズです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『三十年後』星一 | トップ | 『人間じゃない』綾辻行人 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む