こっぱもちの部屋

主に、読書感想のブログです。他に、日常生活で楽しかったことを書くと思います。

『本を守ろうとする猫の話』夏川草介

2017-06-19 21:18:04 | 読書感想
普通の高校生である夏木林太郎は、幼い頃に両親が離婚し、母も若くして他界したため、古書店を営む祖父に育てられた。

しかし、いつにもまして冷え込みの厳しいある冬の朝に祖父が亡くなったため、遠方に住む叔母という人に引き取られることとなった。

急な出来事に心が対応できない林太郎は、高校を無断休学し、家に引きこもっていた。

そんなある日、口のきける猫が本を解放する手助けを頼みに来た。
本好きでないとできないというこの任務。
林太郎は、どのようにして本を救うのか?

本について様々な面において考えさせられるこの物語。
耳の痛い言葉もありますが、林太郎の言葉には全て共感できました。
もう少し、昔のように1つの本をじっくり読み込むことも必要かもしれません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『彼女の色に届くまで』似鳥鶏 | トップ | 『人みな眠りて』カート・ヴ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む