お絵描き日記~イラストレーター照井正邦

イラストレーター照井正邦の似顔絵、意匠など。常に練習中です。

「2DCGイラストの描き方」所ジョージ(似顔絵)

2016-11-25 23:53:47 | ・お笑い、落語
所ジョージさんをモデルに、2DCG似顔絵を描きます。

Photoshop,cs4です。エレメンツでもできると思います。

1)下描き

設計図です。この段階でトーンをのっけておきます。紙の白が一番明るい部分になるので、残さないようにしています。

2)支配色を決める

全体にどんな色にするのか、決めます。ここでは「乗算」という機能を使っています。
一番明るい白をなくすためでもあります。

3)一番暗いところと、明るいところを作る

作業用「パス」というペンツールで、ベジェ曲線というものを使って描きます。
私の場合は、大学でロゴをベジェ曲線でトレースして、鍛えられました。
レイヤーを上手く利用して、塗ってください。慣れてくると、レイヤーの数が少なくても描けるようになります。
塗るのは、エアブラシツールではなく、ただのブラシツールのサイズを変えて塗っています。

4)肌をつくる

肌の部分を作っていきます。陰の部分のキワは、反射光という若干明るい部分を作ります。

5)他の部分もつくる

白というものは存在しない、くらいのつもりで塗ってください。ハイライトは限られた場所に使います。

6)バランスを整えて完成!!

陰影が少しキツくなりすぎたので、明度と彩度をあげました。

以上のように描くと、エアブラシで描いたような2DCGのイラストレーションが描けるようになります。

※こういったデジタルでの描き方は、似顔絵講座では教えません。(聞かれた場合は答えますが)

最初のラフスケッチで、トーンバランスをしっかりと設計するとよいです。


似顔絵ブログランキングに参加しています。↓
にほんブログ村 イラストブログ 似顔絵へ

人気ブログランキングへ blogramで人気ブログを分析

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ホリエモン」堀江隆文(似... | トップ | 横山裕(似顔絵) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

・お笑い、落語」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。