怖い話を語るブログ

【閲覧注意】怖い話や都市伝説を語ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

神社の周りでみた白い幽霊

2014-10-23 07:28:28 | 怖い話・心霊体験
私は幽霊がいると信じています。 それは私がはっきりと幽霊を見たからです。それも私だけではなくその場にいた皆が見たのです。 あれは私が高校2年生の夏でした。私はろくに学校に通わずグレにグレていました。 いわゆる不良の男の子達とつるんではバイクで二人乗りしたり、誰かの家にたむろして何日も帰らないなんて生活を送っていました。 そんなある日いつものように私はある男の . . . 本文を読む

亡くなった祖父だったのかも…

2014-10-08 04:37:25 | 怖い話・心霊体験
私は小さい頃からおじいちゃん子で近所に住んでいたこともあり小学生の頃は毎日祖父の家に遊びに行っていました。そんな最愛の祖父は私が18歳の誕生日を迎えた10日後に癌で亡くなってしまいました。亡くなる1ヶ月前に「おじいちゃんの物片付けといてくれ」と行っていたことを思い出して祖父は死期を悟っていたように思いました。祖母は随分前に亡くなり、祖父は一人で住んでいたので布団なんて干したことがありませんでした。 . . . 本文を読む

頭の中で響く声

2014-10-07 04:39:43 | 怖い話・心霊体験
幽霊を見たことなどは残念ながらありません。ですが声だけを聴いたことがあります。 あれは高校2年生の秋口だったと思います。小学生のころから頻繁に経験していた金縛りもそのころはあまりなく、その日も特別なことのない夜でした。私は布団に横になっていました。隣には姉が寝ていて、私は暗闇の中なかなか寝付けないのでぼんやりと姉の背中や天井を見ていました。もしかしたらうとうとの眠りの入り口にはいたのかもしれませ . . . 本文を読む

夢の中で見た亡くなった母の気配

2014-10-06 04:40:26 | 怖い話・心霊体験
今から15年前の6月、私の母は癌で亡くなりました。57歳の若さでした。私の姉はもともと霊感が多少はある人で、普段からはっきりと見えない状態でしたが不思議なものを見る人でしたので、そのせいか亡くなった日の夜から頻繁に母の姿を家の中のあちこちで見ていたようです。 しかし、私は霊感があると実感したことがなく、つい数時間前に亡くなってしまった母に会いたくて切なくて心細い時間を過ごしていました。 そんな . . . 本文を読む

何でもない住宅街の中で

2014-10-05 04:41:39 | 怖い話・心霊体験
埼玉県北東部に位置するKという街。私は転職と結婚を機に、そのKという街から川を挟んで300m程しか離れていない隣町に新居を購入し、今も住んでいます。そこで引っ越してきた当初の話です。元々、私の家系は東北では親族あわせて50名近くいるような大きな一族で、祖母は福島県出身です。そこから母親の代で南下してきて、埼玉県に落ち着きました。それでも一族の繋がりはつよく、葬儀は数か月に1度のペースで行われていた . . . 本文を読む

ビジネスホテルでみた黒い影

2014-10-04 04:42:09 | 怖い話・心霊体験
三年ほど前の出来事です。私は彼氏と一緒にビジネスホテルに泊まっていました。わりとできたばかりのホテルみたいで、室内はきれいだし設備も上々。駅からも近いし大通りも近いけど、関東の端っこなので夜は静かでした。ネットで見つけたとこだけど、当たりだったなぁと思いながらわりと早いうちに就寝したんです。ベッドもふかふかで、私はすぐに眠りにつきました。ぐっすり寝ていたはずなのに、気が付いたら薄らと意識が戻ってい . . . 本文を読む

最後の挨拶とナースコール

2014-10-02 04:42:49 | 怖い話・心霊体験
私は介護施設で働いて5年目になります。5年も働いていますと入居者の方が亡くなる場面に何度か立ち会ったことがあります。その為か心霊体験らしい出来事を何度か体験したことがあります。その中で印象に残っている体験を書きたいと思います。   それは、入社して働き始めて3年目の9月の時でした。その入居者の方は身体の状態も悪く医師よりターミナル期に差し掛かってますとのことで話が出ていた方でした。その方が亡くな . . . 本文を読む

真夜中の光

2014-10-01 04:47:45 | 怖い話・心霊体験
これは、私が中学生に上がったばかりの頃のお話です。小学校5年生の時に転向して以来、私は友達が出来ずに毎日一人で登校、下校していました。苗字が珍しかったせいもあり、それほど酷くはありませんが、嫌がらせもありました。それでも、私は中学校に上がれば、友達も作れる。楽しく生活できると信じつつ、毎日を過ごしていました。中学に上がり、他小学校の生徒たちも混じる中、私は必死になって友達を作りました。大体4~5人 . . . 本文を読む