怖い話を語るブログ

【閲覧注意】怖い話や都市伝説を語ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

白い服を着た女性に付きまとわれるようになってしまいました

2014-12-24 07:44:39 | 怖い話・心霊体験

この話は今から10年ほど前の話です。

私が住んでいる所は街の明かりが少なく、夜になると街灯がない場所ではほとんど前が見えない状態なのです。
私はいつも会社からの帰りが遅く、21時頃になってしまうのです。
とある日、私がいつものように真っ暗な歩道を歩いて家路を急いでいた時、前方の街灯の所に女性の姿が見えたのです。
髪が長く、真っ白な服を着ていて、ゆらゆらと歩いていました。
私はこんな夜遅くに真っ暗な中で女性が一人で危ないなと思いました。
その女性は街灯がある所でははっきり見え、街灯がない所ではおぼろげながら見えていました。
私はしばらく女性を見ながら歩いていました。
そしてちょっとの間彼女から目ををそらした後、再び彼女の方に目をやると、彼女の姿が消えていたのです。
ここら辺は周りが田んぼで、横道もないので、どこへも行きようがないのです。
私は彼女が何処へ行ったのかしばらく不思議に思っていましたが、その時は大して気にも留めませんでした。

ですが数日後また私が帰宅を急いでいると、前方に同じ女性らしき人物が現れたのです。
私はまただと思い、今度は彼女から目を逸らさないようにしました。
暫く彼女の事が見えていたのですが、曲がり角に差し掛かった時に、見失ってしまいました。
その場所も民家などなく、彼女が消える訳はないのです。

それからと言う物、数日おきにこの彼女は私の前に出没するようになったのです。
彼女はいつも私の前を歩いていますから、顔は一切見えないのです。
ただいつもゆらゆらと歩いていて、浮いているように見えました。

しかしそんな事が1か月も続いたのですが、その後はピタッと彼女の事を見なくなりました。
私はこれで安心して帰り路を歩けると思い、安堵しました。
ですが今度は私の家の近くに彼女が現われるようになったのです。
今度は歩いているのではなく、私に後姿を見せて立っているだけなのです。
そしてしばらく経つと、すっと消えてしまうのです。

これには私も気持ち悪くなってしまい、何とか対策をしなければいけないと思いました。
そして私はいつもお世話になっているお寺の住職さんに相談をしました。
そしたら彼女はその土地に居付いている地縛霊かもしれないと言うのです。
どうしたら良いのかと尋ねてみた所、玄関の外に盛り塩をすると良いと言われました。
そして私は住職さんに言われたとおりに、玄関の外に盛り塩をしたのです。

それからと言う物、彼女の姿を見ることは全くなくなって、現在に至っています。
彼女が何者だったのかは今でも分かってはいませんが、奇妙な女性にまとわりつかれなくなって、良かったと思っています。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 耳元で突然女性の声がして、... | トップ | 助けを求める子供の私 »