怖い話を語るブログ

【閲覧注意】怖い話や都市伝説を語ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

飼っていた猫サリー

2016-03-22 18:10:51 | 奇妙な体験
私は去年還暦を迎えた女でございますが、人生60年もやっておりますといろんな出来事があるものでございます。 不思議な事もたくさんありました。昔から「鶴の恩返し」などというお話があるように何かに良い事をすると必ずそれが良い事で返ってくるものでございます。私は猫が大好きで今までに何匹も飼いましたが、その中で子供の頃飼った猫とはいまだに繋がりがあるのでございます。その猫のお話をいたしましょう。 私が1 . . . 本文を読む

怒りの霊体

2015-08-31 18:44:22 | 奇妙な体験
これは、1年ほど前の話になります。私は、私の霊能力のある友人と、私の霊を視れる第3の眼を生かし、二人で鑑定をしています。そしてある時、私は、いつものように友人と共に、とある方の霊視鑑定を行いました。1年程前になるので、細かい事は覚えていないのですが、いつものように霊をあの世へと送り届けたのだけは覚えております。その時は、友人と共に確かにその人に憑いている霊魂を浄化し、全てをあの世へ導いたものと思っ . . . 本文を読む

土地執着の老婆

2015-08-21 18:43:35 | 奇妙な体験
ある時、ある女性が、肩が凝り、だるくてたまらないということで、私と私の霊能力のある友人の元へ訪れました。早速霊視してみますと、その女性にほっそりした外見で白髪の老婆の霊が憑いていることが分かりました。その老女の霊は、相談に来たその女性とは血縁関係は無かったのですが、強い執着にとらわれ、あの世へ行けずにおりました。 霊視してみますと老女の霊は、生前に沢山の土地と財産を持っていました。そして、死後も . . . 本文を読む

虫や動物にも魂

2015-08-19 18:42:19 | 奇妙な体験
このお話は、つい最近と、何年も前の若いころのお話です。口コミの霊視のお仕事の時と、若いころに起こったお話です。何年も前の若いころで、20代前半頃のことでした。時刻はだいたい夜の7時頃でした。この頃には、先祖がらみの怖い顔が、目を閉じると見えることが多かったのですが、その見えている顔たちとは別物のお話です。それは暗い部屋の中で目を開けていた時に、私が実際に目にした光景です。私は睡眠から目覚め、丁度睡 . . . 本文を読む

店長が首をつったお店

2015-06-29 01:54:56 | 奇妙な体験
私が大学生になり、親元を離れて一人暮らしを始めたころの話です。できたばかりの大学で、入学人数に対しての下宿先、アパートなど不足していました。寮もありましたが、抽選で入れませんでした。不動産屋さんを何件も当たりましたが、なかなか良い物件がありませんでした。あったとしても、大学から遠かったり、古くて汚かったり。なかなか決まらないので、多少遠くてもしょうがないかと思っていたころ、不動産屋さんから、ある部 . . . 本文を読む

トンネルの中の子供

2015-06-22 08:38:50 | 怖い話・心霊体験
これは私が大学一年生のころの話です。当時、私は自動車教習所に通っていました。その日、私は仮免許を取得して、初めて路上教習に出ることになりました助手席に座る教官に指示を受けながら、私は街中を教習車で走行していました。最初は運転が怖かったのですが、徐々に慣れてきて、教官に「もう少し速度を上げてもいいよ」と言われたこともあって、少しアクセルを踏み込んで走っていました。気分よく走り続けているうちに、やがて . . . 本文を読む

煙の警告

2014-12-28 14:48:27 | 怖い話・心霊体験
まだ結婚する前、実家に住んでいた頃の話。私は仕事が忙しく、毎日残業が続き自宅マンションに帰宅するのは22時をすぎていました。食事とお風呂をすませ、母とおしゃべりをしたりテレビを見たりして0時頃、ベランダに出てタバコを吸うのが日課でした。目の前の景色は国道と川が交差していて、真っ暗な中まばらに走る車や魚を探す渡り鳥。昼間のドタバタした生活とは正反対の静けさが好きでした。ゆらゆらと漂うタバコの煙は私の . . . 本文を読む

助けを求める子供の私

2014-12-25 12:45:38 | 怖い話・心霊体験
これは、心霊系の話かどうか、ちょっと分からないのですが、不思議な話ですので、聞いてください。私は、たぶん、命の危険が迫ると、子供の姿で助けを求めるようです。私が高校生の頃、その頃私と妹は母屋ではなく、はなれの方で寝泊まりしていました。はなれは、鍵が壊れていたのですが、母屋と同じ敷地で、敷地の一番奥にありましたので、大丈夫だろう、と気にした事はありませんでした。ある夜、祖母が夢を見ました。庭にある、 . . . 本文を読む

白い服を着た女性に付きまとわれるようになってしまいました

2014-12-24 07:44:39 | 怖い話・心霊体験
この話は今から10年ほど前の話です。私が住んでいる所は街の明かりが少なく、夜になると街灯がない場所ではほとんど前が見えない状態なのです。私はいつも会社からの帰りが遅く、21時頃になってしまうのです。とある日、私がいつものように真っ暗な歩道を歩いて家路を急いでいた時、前方の街灯の所に女性の姿が見えたのです。髪が長く、真っ白な服を着ていて、ゆらゆらと歩いていました。私はこんな夜遅くに真っ暗な中で女性が . . . 本文を読む

耳元で突然女性の声がして、背中を誰かに押された

2014-12-18 07:34:15 | 怖い話・心霊体験
これは私が高校三年生の頃の出来事です。我が家はあまり裕福ではなく、両親と妹と私の4人で格安のアパートに暮らしていました。2LDKであるにも関わらず、近隣のワンルームとほぼ同等の家賃ということで選んだ物件だと両親からは聞きました。何か訳有りなのかもしれないとは思ったそうですが、部屋の機能としては何も問題なかったので、そこまで気にしなかったとのことでした。でも私は、幼い頃からずっと気になっていたことが . . . 本文を読む

うめき声の正体

2014-11-28 07:35:15 | 怖い話・心霊体験
これは私が中学生の頃、夏休みの期間中に起こった出来事です。私の実家は閑静な家々の建ち並ぶ住宅街の一番外れに位置していました。西側には住宅群が建立し、東側は山と森が広がる家で、東側にはすぐ先に森の木々が立ち並ぶような広い庭を構えていました。街中に出かければ頭痛を引き起こす程に街中の荒んだ空気が嫌いな私は、住宅街のど真ん中ではない、外れで山と森が生み出す新鮮な空気を味わえるこの実家に満足していました。 . . . 本文を読む

合宿免許で仲良くなったメンバーで伊豆の別荘へ行った話

2014-11-13 07:30:38 | 怖い話・心霊体験
あれは16年ほど前のお話です。事実私の周りで起きた心霊体験です。あれは仲間8名で行った別荘へ夏の旅行でした。 車2台で乗りわけて小田原で途中仲間を拾い行った時の話です。夏だったのでみんなで海へ行きました。崖が険しいトンネルを抜けたあたりの真昼間でした。ボーボーっと後ろから車の放送マイクでかける音が聞こえたので振り向いた時私は女友達と後ろを2人で歩いていました。2人同時に振り向いたので間違い無いの . . . 本文を読む

ラジオから聞こえた子供の「助けて」という声

2014-11-05 07:29:08 | 怖い話・心霊体験
今から5年ほど前の話です。私の住んでいる所は少し北上するとちょっとした山があります。山といっても、通っている道路はちゃんと舗装されている二車線の道路です。その山の中には牧場や公園、大きな墓苑が有り、墓苑周辺は心霊スポットとして地元では有名でした。日が沈むまではいいのですが、日が沈んでしまうと辺りは街灯も少なくてちょっと不気味なので、彼にはあまり近づかないでと言ってありました。その日は彼の車でちょっ . . . 本文を読む

神社の周りでみた白い幽霊

2014-10-23 07:28:28 | 怖い話・心霊体験
私は幽霊がいると信じています。 それは私がはっきりと幽霊を見たからです。それも私だけではなくその場にいた皆が見たのです。 あれは私が高校2年生の夏でした。私はろくに学校に通わずグレにグレていました。 いわゆる不良の男の子達とつるんではバイクで二人乗りしたり、誰かの家にたむろして何日も帰らないなんて生活を送っていました。 そんなある日いつものように私はある男の . . . 本文を読む

亡くなった祖父だったのかも…

2014-10-08 04:37:25 | 怖い話・心霊体験
私は小さい頃からおじいちゃん子で近所に住んでいたこともあり小学生の頃は毎日祖父の家に遊びに行っていました。そんな最愛の祖父は私が18歳の誕生日を迎えた10日後に癌で亡くなってしまいました。亡くなる1ヶ月前に「おじいちゃんの物片付けといてくれ」と行っていたことを思い出して祖父は死期を悟っていたように思いました。祖母は随分前に亡くなり、祖父は一人で住んでいたので布団なんて干したことがありませんでした。 . . . 本文を読む