聖書の親しみ(自然科学を探求しながら)

日頃の生活、生き方や生きる理想と現実を思う。
自然科学者の足跡を追って、学習研究を進めています。
一生涯頑張ります。

聖書の親しみ  春風の調べに乗せて

2017-04-21 08:49:51 | 日記


教皇パパ・フランチェスコ様おはようございます。

このブログは神の言葉でもある聖書と人として生きる生き方のテーマとしてふさわしくないでしょうか?

どんなに大変でも頑張るのが当たり前ですが

ご意見いただきたく思います。

私の生活は、ゆっくりでも回復し、

体も良くなってきましたし、

このまま早朝のミサにも出られる日は近いと思います。

ただ結婚生活に必要な収入かどうかの判断がつかないでいます。

非常にこの一か月は良い生活でした。

このまま続けてもっと良くなるとも思います。

書いているうちに心が落ち着きました。

私たちは人類の未来を担っていると言えば

言いすぎでしょうか?

私はそのつもりで頑張ります。

今日の聖書の転記はお休みいたします。

やっぱり思い直して書きました。

真実の神は、放縦と怠惰と

不誠実と邪悪を忌み嫌うのではないでしょうか?

復活祭にそのような者を退ける約束の更新をしますが

わたしは、ここ数年、参加できておりません。

参加できるようすべての必要を祈り求めたいと思います。

ご意見下されれば幸いに思います。

                     澤口宏行

Pietro Francisco Xavier Francisco

Hiroyuki Sawaguti

それでは今日の聖書個所の転記します。

***マタイの夜福音書6章続きから***

目は体のともしび

「目は体のともしびである。

もしあなたの目が澄んでいれば、全身が明るい。

しかし、目が悪ければ、全身が暗い。

もし、あなたのうちにある光が闇であれば、

その暗さはどれほど深いことか」。

***本日の転記終わり***

見てますか?携帯からメールしてみる。

通じたらそのまま頑張ろう。

***聖書の言葉***

その衣はまっ白に輝いた。

その白さはこの世いかなる布晒しでも

なしえないほどのものであった。

    マルコによる福音書9章3節

***転記終わり***

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聖書の親しみ  春風の調べ... | トップ | 聖書の親しみ  春風の調べ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL