聖書の親しみ(自然科学を探求しながら)

日頃の生活、生き方や生きる理想と現実を思う。
自然科学者の足跡を追って、学習研究を進めています。
一生涯頑張ります。

聖書の親しみ  春風の調べに乗せて

2017-05-19 08:06:31 | 日記


おはようございます。

昨日のFMで「お昼ノート」のキャスターさん「初夏」と

表現されてました。良い表現ですね。

天候のイメージで「梅雨」って言ってしまう私ですが、

その表現いただきっと思いました。

以前の私ならば・・・?

さて、今日の聖書

***第二の説教 天の国の宣教者***
  マタイによる福音書10章から続き

十二人の使徒

  さて、イエスは十二人の弟子を呼び寄せて、

彼らに汚れた霊を追い出し、あらゆる患いや

病気を癒す権能をお授けになった。

十二使徒の名は、次のとおりである。

まずペトロと呼ばれるシモン、その兄弟アンデレ、

それからゼベダイの子ヤコブ、その兄弟ヨハネ、

フィリポ、バルトロマイ、トマス、徴税人マタイ、

アルファイの子ヤコブとタダイ、熱心党のシモン、

そしてイエスを裏切ったイスカリオテのユダである。

***本日の転記これまで***

それでは、この世界の平安を心よりお祈りいたします。

また自分自身にも神の豊かな慈しみがあり、

結婚が無事にできますよう心からお祈りし、

同時に、この社会でのすべての責任を果たし、

誠実な仕事と学習研究の成果と家庭生活の実を

結ぶことができますよう、心から神に祈り求めます。

教皇パパ・フランチェスコ様に

神の豊かな慈しみがありますようお祈りいたします。

※きっと教皇パパ・フランチェスコ様ならば、

この祈りの順番を非難し、まず第一に、

教皇パパ・フランチェスコ様の神の祝福等を

祈ってから、と批判されるかもしれませんが、

現状の生活空間は、まだ厳しく、そこまで書けません。

時が来るまではご了承いただくよりありません。

               澤口宏行

Pietro Francisco Xavier Francisco

Hiroyuki Sawaguti
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聖書の親しみ  春風の調べ... | トップ | 聖書の親しみ  春風の調べ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL