楽しい書の仲間

書と篆刻へのいざない。まずは楽しみながら作った小作品をご覧下さい。
書と篆刻の教室 昂陽書院 柴 蘭陽

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

阿吽

2006-06-30 16:21:27 | 書と篆刻

洋画家の友人の立派なお宅の床の間に飾っていただきました。 

幸せな作品です。 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

川越教室で学んで

2006-03-24 15:25:18 | モブログ
この方は川越教室で学んでいます。今書道の他にPCやHPに興味をお持ちです。「では帰ったらこのページをご覧ください」というわけで携帯から送信しました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

篆刻の合宿をしました

2005-06-27 17:09:19 | 書と篆刻
6月21日 門人の別荘に招待していただいたので、お言葉に甘えて上尾駅前教室で篆刻を習っている門人と共にお邪魔しました。ここは中軽井沢の三井の森です。誰ともなく「篆刻の道具を持っていこう」ということになってついに合宿が始まってしまいました。午後から出かけたので夕刻の旧軽銀座は閑散としていましたがショッピングを楽しみ、夕食はみんなでサラダを作ったりして、途中横川で買ったおぎのやさんの釜飯をいただきながらおしゃべりに花を咲かせて、夜ふけて11時頃から2時まで印を刻りました。みんな真面目なんですねえ。この別荘のあたりは猿やキツネ、カモシカ、いのししが出没し、ある時は熊を捕まえて山奥に離したという話を聞くほど静かな山の上の方にあります。翌日はホテルのようにチェックアウトなどないのでゆっくりと朝寝坊(私は7時には起きてしまいましたが)してお昼頃までかかって、パン(四谷の有名店とかの)とサラダとスープ(帝国ホテルの缶詰)の朝食をいただき、別荘をあとにしました。帰路はドライブを楽しみ、白糸の滝に連れていって貰いました。そこで出会ったのがこの鳥、写真で解りますかどうか・・・皆こんな小さな鳥始めて見たと言いました。ちびのくせに鳴き声が大きいのです。よく小さい子でお喋りがうるさい子のことを「みそさざい」のようだというから多分そうだろうということになって、家に帰って図鑑で調べたらやっぱり「みそさざい」でした。滴るような新緑とマイナスイオンも浴びて大満足で帰ってきました。「また行きましょう」と家主さんが言ってくれたので遠慮なくまたお邪魔したいと思います。
深夜篆刻稽古中白糸の滝></a><a href=白糸の滝白糸の滝みそさざい中央の杭の上軽井沢並木道まむしそう買い物は全部仕事用
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

篆刻

2005-06-20 19:39:21 | 書と篆刻

銀座カトレアサロンに行って現代書道院選抜展を観賞しました。題名に用筆、用紙、印の説明がしてありました。仮名作品によく合うが多かったので携帯で撮させていただきました。HTMLエディターで記事を書く練習です

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

阿吽の筆

2005-06-19 19:54:11 | 書と篆刻
トップページの「阿吽」は何で書きましたか?というご質問を戴きましたので、多分筆か墨についてのお尋ねかと思います。そこで写真を撮りました。上の筆は鋒の長さが15cm太さが4,5cmで羊毛の和製です。下は12,5cm*4cmで羊毛ですが8年ぐらい前に上海の朶雲軒で求めました。両方使ってたくさん書いたので、この作品はどちらで書いたのか覚えていません。墨は呉竹さんの「松花」ですが写真は色が違って見えます。本物はもっと青みがかっています。ご参考になりますかどうか。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

刻字「遊」

2005-06-18 22:22:14 | モブログ
同じく居関桂香先生の作品
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金子みすずの詩

2005-06-18 21:59:46 | モブログ
船橋市民ギャラリィで居関桂香先生の社中展を拝見しました。みすずの詩に浜辺の景色のデスプレイを施して見る人を詩 の世界へと誘って下さいました。
作 居関桂香先生
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

旧家所蔵の扁額書つづき

2005-06-14 14:13:24 | 書と篆刻
扁額「有竹居」の落款部分です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旧家所蔵の扁額書

2005-06-14 14:11:57 | 書と篆刻
扁額「有竹居」の引首印です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旧家所蔵の襖に書かれた書つづき

2005-06-14 14:04:19 | 書と篆刻
順不同になってしまいましたが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加