逆立ちヒッポポタムス

hippopotamus 河馬です。
誤字脱字 変換ミス 勝手な思い込み ご容赦を
なにせ カバの逆立ちですから。

愚者と賢者

2017年07月23日 | 重箱の隅

 さて質問です。

 もし あなたが酒と博奕に溺れ、絶望の淵におかれたとき 救ってくれた人がいたら その人をなんと呼びますか。

 

 たいていは 恩人 と答えるのではないでしょうか。

 でも 愚者、と決めつけた人がいます。

 伊集院静です。

 「愚者よ、お前がいなくなって淋しくてたまらない」という自伝的小説の最高峰とされる本です。

 キャッチコピーは「酒と博奕に溺れ、絶望の淵にいる彼を救った3人の愚者たちー。人間の営み、男の絆と再生を描く伊集院文学の傑作!」

 

 中身は読んでません。題名とキャッチコピーからの 勝手な思い込みです。救ったのは愚者 では、救われた酒と博奕に溺れ絶望の淵にいた彼は賢者なのでしょうか。

 わたしにはよくわかりません。しかもその後関係がなくなってしまったようで お前がいなくなって(大恩人をお前呼ばわりです)淋しくてたまらないと・・・・・。勝手にのたまっております。

 

ここまで書いて 今わかった。

そうか 愚者の立場からみると 彼を救った行い そのものが愚かだったのかと。

救わなきゃよかった。救ったばっかりに愚者よばわりされて・・・あれからなんだか疎遠になってしまった。

でもいいのだよ 淋しくてたまらない、と言っているようだが こちらからはいなくなってせいせいしたのだから。

 

 それにしても 堂々たる 上からの 目線 俺様だと思います。 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蕪村 憮然 | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。