松明 ~光明を指し示して~

暗闇を照らし赤々と燃える。が、自身が燃え上がっては長くはもたない。火を消すことなく新しい松明へと引き継がれねばならない。

アクティブ・ラーニングの理論と実践

2017-07-16 09:07:09 | Weblog
1新学習指導要領

○大学入試の改革
記述式解答
○主体的・対話的・深い授業
・グループ・ペア・ディスカッション・ディベート・ダイアローグ(対話) ・発見学習 ・問題解決学習・体験学習・調査学習など
○新しい学習指導要領
・英語の教科化・道徳の教科化・プログラミング教育・全ての教科のアク  ティブ・ラーニング
○大学入試の改革
 記述式解答
○主体的・対話的・深い授業
・グループ・ペア・ディスカッション・ディベート・ダイアローグ(対話) ・発見学習 ・問題解決学習・体験学習・調査学習など
○新しい学習指導要領
・英語の教科化・道徳の教科化・プログラミング教育・全ての教科のアク  ティブ・ラーニング

2実施上の問題点

○経済協力開発機構(OACD)調査
・加盟国で教師の勤務時間最長
○経済優先の教育
・社会に役立つ人間の育成
○教師の負担増
・積載オーバーの仕事量
○全国学力調査の結果公表
○教師の低い自己評価

楽しい労働・やりがいのある教育や授業をなくす


3新指導要領の教育(授業)を実現するにはどうしたらよいか

○全てを完璧に教えるのでなく、子どもと一緒に学ぶ教師の姿勢・・・主体 的、対話的授業、深い授業
○安易な問題から考える問題へ→「思う」から「考える」へ・・・深い授業
○「号令」や「挙手」「はい」「立つ」「椅子を入れる」など形式的な教育の見 直し・・・ 主体的
○教師が先回りをしない、世話をやかないなど、待つ教育へ・・・主体的、 深い授業

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第74回「浜松授業研究の会... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL