松明 ~光明を指し示して~

暗闇を照らし赤々と燃える。が、自身が燃え上がっては長くはもたない。火を消すことなく新しい松明へと引き継がれねばならない。

第60回読売教育賞 最優秀賞をいただきました。皆さんのお陰です

2011-07-16 22:22:40 | Weblog


読売教育賞とは
日本最高の教育賞として評価を得ております。教育現場で意欲的な研究や創意あふれる指導を行い、すぐれた業績を上げている教育者や教育団体を広く全国から選び、その功績を顕彰することにより、現場で指導する人々の励みとし、ひいては多様で創造性に富む教育環境づくりを推進することを目的としています。
 最優秀受賞者の表彰式は、東京の時事通信ホールにて、高円宮妃久子殿下をお迎えして行われます。

 この度、平成23年度 第60回読売教育賞 最優秀賞(学校づくり部門)をいただきました。「教師の同僚性を育て、教師を変え、授業を変え、子どもを変え、学校を変えた」というのが受賞の理由です。
 この論文を書いたのは河島ですが、賞をいただけたのは、光明小学校の職員と子どもたちの努力にあります。また、この研究を支え、指導してくださった講師の宮坂、大槻、戸田先生そして浜松市教育委員会の指導主事の皆さんのお陰だと思っています。保護者の皆さんのご理解ご協力にも感謝します。多くの皆さんに深く感謝し、ここに概要をご報告します。

学校づくり部門 
選考委員 佐藤 学・東京大学教授から
応募論文はほとんどが水準が高く、選考には苦労した。地域の文化活動と連携した学校づくりや子どもの言葉を豊にする授業の学校全体の取り組み、保護者と生徒と共に進める学校づくり、教師の同僚性を育て授業改革を推進した校長の実践など、現代的な意義をもつ報告が目立った。


表彰式

 表彰式は、7月15日、高円宮妃久子殿下ご臨席のもと下記の次第で行われました。

1 弦楽四重奏
モーツアルト作曲第17番「狩り」から第1楽章    読売日本交響楽団
2 主催者あいさつ
読売新聞グループ本社代表取締役社長      白石 興二郎
3 授 賞
読売新聞グループ本社代表取締役社長       白石 興二郎
4 審査講評
選考委員(お茶の水女子大学名誉教授)     太田 次郎    
5 受賞者代表あいさつ
学校法人興南学園教諭(沖縄)     門林 良和
6 記念撮影  

レセプション( 乾杯、懇談)

 レセプションでは、高円宮妃久子殿下から、私に直接お言葉を掛けていただき緊張しましたが嬉しかったです。
選考委員の佐藤 学先生から論文の内容についてお話をいただきました。私からは、当時の光明小の職員や子どものこと、研修の内容についてお話ししました。また、酒井先生が進めてくれている「浜松授業研究の会」についてもお話ししました。どれもよく理解をされ、お褒めの言葉をいただき嬉しく思いました。
佐藤 学先生は、宮坂先生のこともよくご存知で「宮坂先生に連絡したら喜ばれるよ」と言われたので帰宅後早速連絡しました。宮坂先生が大変喜ばれたので皆さんにもお伝えします。

 国語科の選考委員の斎藤 孝先生ともお話しする機会があり思い出に残る素晴らしいレセプションになりました。


この読売教育賞最優秀賞受賞の詳細は、研究会のときに報告します。
私の論文集は、後日作成されるようです。手に入りましたら皆さんにも見ていただく予定です。
浜松授業研究の会についても読売新聞の取材がありましたので、今後新聞に掲載されると思います。これも手に入りましたら研究会の折りに持参します。
 いろいろありがとうございました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あなたは登校拒否になってい... | トップ | 夏休みこそ子どもの生活能力... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
平成23年度 第60回読売教育賞 最優秀賞(学校づくり部門) (ゆきの)
2011-07-17 00:12:14
平成23年度 第60回読売教育賞 最優秀賞(学校づくり部門)

受賞、大変おめでとうございます。
元光明小学校の先生方や、浜松の会の皆様の大きな希望ですね。




ゆきのさん、ありがとう (Mrヒデ)
2011-07-17 10:28:49
 私の今回の論文の裏付けは、「授業研究の会」の実践をもとにしたのがほとんどです。そういった意味では、授業研究の会の教育法が認められたといってよいでしょう。この研究会がますます発展されるこになればと思っています。
 ゆきのさんの学級31人水泳25メートル完泳達成よかったですね。こういうことが大切だと思います。
 そうそうこちらも私の大好きなセミが鳴き出しています。昨日はクマゼミが鳴き始めました。これでニイニイゼミ、クマゼミときました。しかし、あのたくさん出る、そして少しあほなアブラゼミの声を聞かないのが、不思議に感じます。
受賞 (大造じいさん)
2011-07-19 20:53:39
おめでとうございました。

校長さんのもとで働いたことを誇りに思います。
さて、何も実践せず1学期が終わろうとしています。学級全体で何かを達成させる体験が学級を成長させることは分かっているのですが、なかなが思うようにできませんでした。

大府の会でもう一度勉強しなおし、2学期がんばりたいです。

また、受賞のときの話を聞かせてください。
受賞おめでとうございます (ようちゃん)
2011-07-20 16:47:28
 読売教育賞受賞おめでとうございます。素晴らしいですね。河島先生の熱心な御指導と実践の成果だと思います。3年間、熊も合わせるともう数年、御指導いただき、多くの宝物をいただいたことを、心から感謝しています。そして、微力ですが、実践も続けて行けたらと思っています。私も頑張ります。また、受賞のお話をお聞かせください。楽しみにしています。
おめでとうございます。 (totoro)
2011-07-20 20:29:29
良かったです。

できれば、あの光明小をもう一度再現したいと思います。皆で高め合う、子どもも、教師も。
そんな学校を。

また、次に続く若者を育てたいと思います。文化を伝え、文化を残していかなければならないと思います。
しかし、なかなか賛同して、共に学んでくれる後輩を引きつける力がありません。

やはり、河島先生だから、あれだけ多くの教師が一つの方向を見て実践し、そして今も先生の元に大勢集まって学んでいるのだと思います。

そうした情熱が、今回の受賞の理由だと思っています。
最前線で働いた先生方の力です (Mrヒデ)
2011-07-20 21:15:47
 このような賞がとれたのも大造じいさん、ようちゃん、totoroさんたちのお陰です。
 光明小の教育をつくり出したのは最前線で子どもと教科書と格闘した先生方なのです。ほんとうにありがとう。
 選考委員の佐藤学先生も齋藤孝先生も論文の内容とともに子どもたちの素敵な写真に感動したとのことでした。
 子どもの表情はうそ偽りはありません。本物であると言われました。そんな子どもを先生方は、教室で運動場で体育館でつくり出してくれたのです。
 時が過ぎ忘れてくると、低次なところに行ってしまいます。いつでも高いものを目指して努力したいですね。「なでしこジャパン」のようにね。
おめでとうございます (トルトリ)
2011-07-21 17:33:18
 受賞おめでとうございます。河島先生の本物の教育や学校づくりにふれることができて、自分はラッキーだったと思います。光明小学校での、「たいへんだけど充実した楽しい毎日」を、また目指していきます。学校で拡大コピー機を購入してもらいました。要望を出し続けた甲斐がありました。夏休みは、教材解釈や教材文の準備をして2学期を迎えたいと思います。
ありがとうトルトリさん (Mrヒデ)
2011-07-22 09:50:43
 ありがとうトルトリさんたちのお陰で賞をいただきました。このときの様子はまた何かの機会にお話しします。
 拡大コピーを買っていただいてよかったですね。夏季休業中は教材解釈のチャンスですね。 私は1学期は光明小の手品クラブのお手伝いをさせてもらいました。2学期もこの続きがあります。また、この夏休みは、地区の公会堂で子どもたちの学習を見てやることにしました。子どもたちとふれあう楽しみが増えてよかったです。
おめでとうございます! (マコT)
2011-07-27 19:47:33
 ご無沙汰しています。。。最近いろいろあって体調を壊し、仕事も休ませてもらっていました。授業研究の会にも参加できず、心も少し弱っていたときにこのブログを読みました。本当に本当におめでとうございます。うれしくてうれしくて、何だか元気が湧いてきました!!
 1年生の担任になって、1学期でようやく子どもたちが自分たちで文の中から疑問を見つけ、話し合って解決する力がついてきたように思います。光明小で学ばせていただいたことを、2学期も発揮できるようにさらに頑張っていきます。
 それから、今日、同じ職場の同僚に、河島先生からいただいたチャンスの神様の絵を見せて、話を紹介したら感動してくれました!2学期は行事も多いので、子どもたちにもぜひ紹介したいと思います。私自身も、チャンスを逃さないように頑張ります!!!
マコTさん、ありがとう (Mrヒデ)
2011-07-27 22:08:33
 えー、体調大丈夫ですか、心配です。まだまだ長い教職生活が続きますので、無理をしないでください。いつでも挽回できますからね。
 マコTさんは稀にみる力のある青年教師です。光明小でもそれを十分に発揮してくれました。将来期待される教師ですから、健康でいてくれなければいけませんからね。
 私の受賞でのコメントありがとう。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事