愛知県で幸田町に一番近い・整体院(本物) 

幸田町、蒲郡市、岡崎市の近くで整体を探しの皆様に、全く新しい整体法を提案させて頂きます

余りの展開に戸惑っています(身体の中心軸が大事なのに気づかない)

2016-10-12 00:15:23 | 新しい整体法



皆さん 自分の身体でありながら

普段、意識しない部分、知らない部分を 調整するので

変化しても解りにくい方もいらっしゃいます

余りにも 簡単に変わってしまうのも・・・・

「余りの展開に戸惑って、解らなくなってしまいます」

と 初めての施術を受けていた、治療師でもある女性が言った言葉です



でも 知らない部分の方が 大事なんですね~

姿勢が悪い ここが痛い という事に気づく事も大事ですが


当院に初めて来られる方に殆どみられる 現象

※ 地に足が付いていない状態です=立位で後頭部を押すと反応できません
(90%)
※ 足の裏に 脳からの指令が伝わりにくい状態 = 座位で 足が押し込めない
(90%)
※ 坐骨の圧が左右違う = 脳からの指令間違い、長時間座る事が苦手
(40%)
※ 靭帯のゆるみがある = 筋肉が固く、緊張しなければいけない状態
(60%)
※ 手の指の緊張が強すぎる

いろいろな治療院を渡り歩いてきた方たちも「 知りませんでした」と言います

先にこの問題を修正する必要があるのです

これらは 身体の中心軸を作る 大事な問題なのです



世間一般の治療所、治療師は 知りません

身体の軸を作ることなく ( 口ではそういいますが 出来ていません)

身体を緩めようとしています

一時的には 楽になったり 痛みが消えたりします

より酷い治療だと 痛みを麻痺させてしまいます

ごまかしの治療になってしまうのです



そんな事、初めて聞くし、初めて体験する感覚なので

戸惑ってしまうのは解りますが

一番大切な部分だと 思考を変えて頂きたいのです

緩める行為は

これらの問題を調整してから 実行するのです


========== 先日の一例 ===========
3回目の女性、始める前に
「まだ、全然痛みが変わりません」といいます
この方の場合は 長い間の緊張状態、薬の多用のため
身体の中心軸が大きく崩れてしまっていたため
2回までは その調整のみを執り行いました(説明はしたけれど・・・・)
→ 付き添いの息子さんには 上記の部分の変化を確認してもらいました
3回目は後半、少しずつ筋肉、神経をゆるめる行為ができました
そして 終了後 「一度様子を観たいので、これで終わりにします」と言われました
当院の施術は癒しでなく、麻痺させて痛みを取ることなく
その人の治癒力を引き出すお手伝いをする事が目的です
そうする事で その部分だけでなく 身体中の改善が引き起こされるのです
身体の中の本当の原因を順序だてて探るのです
でも、痛みにしか意識がいかない。 しょうがないのですが・・・・・
しかし
翌日本人から電話があり
「家に帰ってから、初めて薬を使わなくても半日痛みが消えていました」
と報告がありました
翌日にはまた痛くなったそうですが、
変化が(冷たかった痛みが、暖かい痛みに)あったという事は
彼女の身体が反応してくれたという事です
何度か調整すれば変わって行くのかもしれません
(機械を治すのと違い、生きている身体、その反応を促し、待つしかないのです)

==================================

以前は この身体の中心軸を作り上げるのに 時間がかかりました
平均4、5回、酷い人だと かなりの回数
今現在は 通常1回で中心軸は出来上がります
もちろん、そこからが第二次スタートになるのですが・・・


痛み不具合にばかり 意識がいっていると

一番大事な 中心軸の変化に気づけません

本当のもったいないのです

現実には 変わっているのですが

余りにもあっけなく変わるので 有難み がないかもしれないです(泣)
『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 究極のダイエットになりうる | トップ | 3年間の肘の引っかかり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。