テクノロジー犯罪被害=自己免疫MHC追跡システムで個人のみ追尾する。犯罪プログラム自動インターフェイスシステム 

被害者の免疫=MHCを追跡するシステム。
犯罪プログラムが「被害者の登録情報へ 被害者のMHCでインターフェイスされる

最近はいろいろなトラブルをおこされている。

2016-10-16 13:03:28 | できが良い記事
テクノロジー犯罪被害者は、迫害、社会からの虐待的ないじめ的な目に合う。

過去振り返るとおかしなことばかり「不条理」をおこされつづけられる


最近隣の木を切ったなどで、10万円も請求されてしまった。

過去にも借りた貸倉庫のコンクリートに火やら薬品やらの跡で7万円も請求されたし、


火事扱いでは「火がでていない」にもかかわらず、煙だけで大騒ぎされて

消防職員が「火はでてたのか?聞くと「火はでていない、煙だけ」と言質をもらう。

「煙」だけで刑事まできやがった。


警察、刑事、消防署などが大騒ぎされて、警察署にいき親までよばれてしまった。こともあった。


会社では時給をつまらないことを理由に400円下げられたこともあった。



貸家から「退去時」などでは「一方的な強引な退去通告」をうけて

こちらは弁護士もやとい対処し30万以上はかかった。

★とにかく、こちらの「誠心誠意」はオール無視されてしまい、「一方的な悪人、弁済やらの通告」を「客観性なしで、主観性のみで」

うける一方だ。



とにかく、大損することばかりを狙われ続けられる。




また、加害者らは「偽の偽造カード」をもっており、


「1万円だけ」を引き落としている可能性がある。


最近は、郵便のカードをやめて、通帳とハンコのみの取引にしている。



カードでの引き落としは絶対やめたほうがよい。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超重要 登録情報の意味「重... | トップ | 超重要 最近は「息苦しい」... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL