テクノロジー犯罪被害=自己免疫MHC追跡システムで個人のみ追尾する。犯罪プログラム自動インターフェイスシステム 

被害者の免疫=MHCを追跡するシステム。
犯罪プログラムが「被害者の登録情報へ 被害者のMHCでインターフェイスされる

超重要 とにかく、悪化は「登録情報とすごした時間」できまる。

2016-11-29 15:25:47 | できが良い記事



とにかく、悪化は「登録情報」で過ごした時間できまる。



たとえば、僕は前から「車をやめて、バイク90ccのみにしていました。」

車よりははるかにマシであったのですが、


外でテントで寝る際に「バイクと一緒」「バイクの近くで食べる」「bの焼却もバイクがある」

場所でやっていました。




そのために「人間更新」のあらゆる事が「バイクでずっととられ続けていました」


「それが大失敗」であった。


このせいにより

1月1日では 過去の被害者の更新を「被害者自体から」引き離す1000倍の「迫害」をうける。


この最大の迫害によって「多くの被害者は、沈静化、無力化、精神病化、病死」されてしまう」と思われます。







例えば、多くの被害者は「親元の実家」で過ごす人が多い。


これだけで「非常に、危うい状態であり」「永遠い体調の回復なく、働けることもない」「最悪のスパイラル」

どんどん「年月をおうごとに、酷くなっていく」ことであり






「型にハメる」とはまさに、「親元で被害者を過ごさせる」ことが「生かさず、殺さず」になっている。



被害者は「親のmhcの 睡眠、食事、排泄、シャワー、性交渉」などにより「強い迫害」を

受けつづける。




しかも!「住民登録」の実家で過ごしているために

実家=登録情報の家で


「被害者が、食べる、寝る、排泄、シャワー」などを繰り返している


ので「最強の最悪なスパイラル」が


起こされ、永遠に悪魔のスパイラルであり「身体も精神も回復することはなく、働けることもない状態が続きます」



しかも、親の車があり「自分の車もあれば」さらに「最悪、悪化」になります。



この状況をさらに「国民健康保健を同じにし、会社に入り「社会保険も同じ扶養」にしておくと


超がつく最悪な状況の迫害にもなりえます。



僕の場合は上記にさらに、「お隣が工作員の家」であったので最悪で、最強の迫害で潰されすぎたほど攻撃をうけました。








題にもどり「登録のすごした時間」ですが



主に「自分の車で過ごす=食べる、寝る、排泄」なども「ずっと加害者らに取得されており最悪になります」


最後の年末などに大ダメージを受けるはずです。





僕の場合、くりかえしますが











この廃屋が住民登録で「それは最高によい家を登録した」のでありますが、






自分の不動産、登録住所で「冬」をこした写真ですが、

結局「家がボロボロ」で「たしかに、有利であっても」


登録住所の地で「睡眠しつづけた」のが大失敗であった。ということです。




つまりは「別の貸し家=登録していない場所」で睡眠しておけばよかった。

ということになりました。


「睡眠90回分」を登録地でしたために「大打撃を受けてしまった」






これは、僕のバイクだが


「食べるもテントで寝るなど」も「常に登録しているバイクで一緒にやっていた」こと


大打撃、悪化の1000倍迫害にされてしまった!ということです。








お子さんがいる被害者は


自分もお子さんも「お互い、著しい、デメリットの関係である」といえます。


子供のmhc、うんこや睡眠などが迫害要因になるし、自分のうんちや睡眠も迫害要因とされています。



子供は勉強もできないし、弱体化し加害者らの誘導からいじめの対象にもされるでしょう。


子供のことを考えるならば、子供が元気にしたいならば

子供を遠方に行かす、あらゆる登録=戸籍なども独立させて他県に住まわすのが

「お互いのため」であると言えます。国民保険の扶養も解除することです。



















































この記事をはてなブックマークに追加

超重要 被害者の分解には、オヤジ、母親mhcが使われる。 逃げるが第一。

2016-11-29 13:19:50 | できが良い記事




無職で働けない被害者=10〜20台の方からもよくメールがくる。どうしたらよいのか。


メールをくれている段階から「頭の働きが鈍く、働く意欲がわかず、体調も具合が悪い」


働くのもままらなず、家に何年でもジッとしているし「迫害の毎日」でもある。

牢獄よりひどい。


この体調不良や頭の働きが鈍いなどの原因ですが、

「親のmhc」が悪用されてるのが第一


であると言いたいです。


親の睡眠状況、親のうんこや尿、親の食事などが「被害者の分解=つまり迫害」という迫害い重要に関わっている。


子供がかわいければ、

親はうんこを焼却し「登録情報」を独立させ、遠方に住まわせることが必要だ。



子供は「親によって弱体化」され「いじめの対象」にもなっているからだ。



そうしなければ「子供=子孫」の意味はないものである。


どこににげればよいのか?




ベストは「親から離れる」さらに標高1000以上の土地に住むことができれば「good」である。


日本よりも海外の「バリ島」に逃した方がよいかもしれない。バリ島ににげて脳音声が終わった。という人もいたからだ。




なぜに?「親と子供」をつなげるのか?つなげれるのか?「切ることはできないのか?」

の質問は「加害者らの目に見えないやり方で、切るのは難しい」としかいえない。




東京のkくんは、

処分もしっかりし、
青森という遠方ににげてきてるが、「ここまでは正しいが」


「親と住所や本籍」が重なっているために「親のmhc」の迫害がある
とおもわれる。





また、東京に帰る。といっているが「親そのもの」の存在がmhcであるので


東京帰るとつながれて「迫害」化されるとおもわれる。


つまりは「親の登録から独立」しても親の存在の家に帰ってくるだけで迫害、分解になってしまう。と言いたい。





親の実物と住む」のも危険である。ダメである。と言いたい。



また、東京の別のkさんには頼まれて「青森県の住所」を住民登録化している。
僕が市役所にいき手続きしてあげている。

「親と住所が一緒ではない。離れている」=○ですし

「本籍地も島国=親と戸籍が別である」にしており○

「住所地から始まる、被害のインターフェイスは起こらない」と見え=○
でしょうが


「同じ県内に、お父さん」が住んでいる。ために「お父さんの実物」とつながれているとおもわれ

悪い面も多いと思われます。




また、加害者らによる「加害者らの一味の登録」では「県外」にでるしかなく

県外にでる必要があります。そうしなければ「魚こうのテトラポット」につながれてる

とおもわれるからです。


東京の担当者は「東京に被害者」を置かなければ意味がない

からです。














話は繰り返すが、


mhcは「脳を否定する」。



つまり「親のmhc=うんこなど」によって「被害者=子供の脳を否定するというやり方である」とおもわれる。





脳は心臓を否定する。


オヤジの脳を使用し「被害者の心臓」を否定しているとおもわれる。


どこが、どのような経路によって「否定=被害者の分解」になっているのか?は「僕もわからない」



心臓はmhcを否定する。




エンジンが「心臓に該当している。


エンジンに、オヤジの心臓がきており「それが被害者のmhc」を迫害している。


しかし、うんこ=mhcを焼却していれば「かなり無事」になれているとおもわれる。



オヤジ自体も「被害要因」だが、「オヤジの登録の車」が


著しく、危険である。




とにかく、遠方ににげるほかない。


遠方では「ど田舎」が望ましい。そこでBやNを焼却しつづけることができれば○である。































この記事をはてなブックマークに追加

気管支、内臓迫害は「NTT電磁波」が使用されている。

2016-11-29 12:32:47 | できが良い記事
胃袋から、。気管支などの迫害があります。



それによって「脳」を否定するようにされ


「正しい心」を脳が意識できなくなってしまう。自身喪失につながります。



この迫害で重要なのは「バイクや車」などです。とくに車など一発で潰されるとおもわれ、


「保持、登録は危険である」と言えます。



バイクや車への電磁はの集積は「NTT、電話回線」の電磁波です。

NTT電磁波は、「虫歯」の意味もあり







この記事をはてなブックマークに追加

被害者の増加率=携帯電話の普及と一致していることから理解できたこと

2016-11-29 12:10:21 | できが良い記事
被害者の人格破壊など

やり方について理解できたことがあります。




まず、初めに「繰り返し」言いたいことは「オヤジの母親のmhc」が超重要であるので


第一に「県から離れること」「登録情報を親と一緒にしない」事、扶養など健康保険も一緒にしないこと

などです。


目先の迫害に目をむけず、この上記を「登録情報の」徹底しなければ「いつまでも無限ループの地獄」です。


テクノロジー犯罪被害の重さ=親元にいることで決まります!!!!!!!!


早く言えば「オヤジなどのうんこmhc」で起動させては「排除させる」を繰りかえしています。


お子さんも「親に苦しめられています」「親がうんこなどを焼却処分しつづければ、子供はずいぶん助かります」










「mhc」というのは、被害者の個人ネームプレート=「自己」である。

それ以外のばい菌などは「白血球」などなどにより排除されます。


前の記事にも書きましたが、

「mhc」は「脳」を否定する。

つまり「異物の脳」が移植されると「mhc」が異物として「脳」を排除するのです。



ここまでは学者さんの学説でかかれていましたが、


実は
「mhcは脳を否定」の他に、



「脳は「心臓」を否定」


「心臓はmhcを否定する」




この三つのパターンがあり



どんどん被害者を分解していっていると思われます。





人間の人格は、「心臓」とのつながりが重要であり、社会常識部分など、


加害者らは「脳が心臓を否定」するようにしむける







被害者は、漁港の鉄さびに「何年でも、固定されずっと束縛されている。」

「僕は7年ぶりに自己開放」できたことがあった。

やらなければずっと「手錠の生き方」」強制されていた。と自覚がありました。





実は「漁港の鉄さび」部分では、



「脳が心臓」を否定する部分である。とおもわれるのです。「社会常識部分」



バイクや車などから起こされて作られているとおもわれます。







漁港の↑こいつも重要な物体です。


被害者の車が下にあり、つながっているものです。


しかし、破壊などは不可能です。


これについては「心臓→mhcを否定」する部分である。とおもわれるのです。








一般人の方は、上記は理解しにくいことかもしれませんが、


早く言えば「被害者の分解では、上記のような無限ループ」が作られている。言いたいのです












この記事をはてなブックマークに追加

重要 正しい対抗策

2016-11-29 11:51:47 | できが良い記事
僕が住む、青森県には

東京のkくん、和歌山のNさんが逃げてきている。


まず、Nさんへ助言したことは「実家」へ帰らないこと。

登録住所の変更をすすめました。


kくんは青森の居心地がよいのか、去年もきていました。

しかし、彼は登録住所=親と一緒にあっているなどがあるために、不調な部分があるとおもいます。




被害者の不調とは=「オヤジや母親などのmhc」で生命や精神、性を起動させられているせいです。




テクノロジー犯罪被害者が「攻撃をうけて、自立し食べていく」というのが困難だからこそ、


親元でいきるしか、ないように誘導されますが、


親元で過ごすのは「人格破壊、体調の悪化」の無限ループになるだけです。



オヤジなどのmhcによって「人体を起動」されるのが「人格や健康破壊」になる大本になります。





被害者は「表面だけ」の攻撃になやまされ、「毎日」焦りますが

「目先のいやがらせ、攻撃」に


「磁石を買うとか、電磁グッツ」の購入などしますが


「1年間の集大成」=被害者の人間更新を取得されたことを見ると、

「目先の磁石」などを購入するなどは


「まるで、意味がありません!!!!!!」




攻撃をうけても「あせらず、親から離れる」「親から遠くに離れて生活する」同じ県にすまないこと



「登録情報」=「本籍」「住所」などを外れる。


加害者らの「登録」にもされているために「別の県」に逃げるなどを


僕はおすすめします。








「登録情報」こそが被害の倍数高い「1000」倍の第一の原因ともいえるからです。



もちろん「排泄Sおp焼却処分当たり前」です。


































この記事をはてなブックマークに追加

前回記事のつづき 親から離れるやり方と参考例

2016-11-22 14:10:13 | できが良い記事
テクノロジー犯罪は「登録情報」が重要であった。のですが

住所や本籍

車、バイクなどが重要要因でした。


しかし、ここで重要な著しく悪化する「ミソ」ですが「親と同じになると、著しく悪化する」ということです!!



親のMHCがかかわり「他人にも迷惑の迫害を、被害者がおこし」

被害者自身も


1年間たってみると「バイクなどによって」

1000倍~1万倍の大ダメージをうけてしまう。 免疫病にされ「ほっとくと、数年後には死亡されるほど」である。






まず、被害者全般的に「本籍が親と同じである」=つまり「戸籍が親と同じである」という部分が

「著しく被害要因」となっている部分です。


「たぶん、身体への重さ」などの被害において、著しい要因である




本籍は「島国」にする。沖永良部島、与論島などにするとgood。


もちろん、合法です。市役所には「もともと、親類がいた」「親の本籍地」などいえばよい。



②親の扶養から離れること。国民健康保険など「親の扶養に入っている」人は多い。



被害者が親の扶養に「入っていると、


自分自身も迫害をうけるが「親自身もとくに、胃袋が 迫害の要因」とされてしまう。




親の扶養から外れるのは「損」重税になりますが「健康や命にはかえられない」




③重要ミソ


バイクや車。




車など保有していると「致死に値するほど」になる。新車だろうが「すぐに手放さなければ、危ういものである」



毎年1年ごと1月1日=「被害者の重要な更新」の日月となるが、


車の保有と「親の登録つながり」などによって


著しい迫害の「登録」となってしまう。





うんちや尿、睡眠、自慰、入浴、食事など「人間更新」において「車とバイクは連動した状態」であること。



車は「致死」になる。耳印さんなど現在、膠原病であるようで「今回の記事を参考にし、対策をうたなければ」


膠原病状態をさらに「上塗り」し、その1年ごとに悪化し続け、数年後には「致死」にいたる可能性もある。



昔から日本人の死までにの経緯ですが、

膠原病など致命傷をうけ、数年後死亡などよくあることである。


※パナウエーブ時代からテクノロジー犯罪被害はあった。このリーダー女性は「全身がん」で死亡させられた。
同じように、被害者も死になる可能性がいろいろとある。











バリ島に逃げる。


バリ島などに逃げて助かった方など聞いたことがある。


バリ島は「滞在費が安い。1ヶ月の住居、食事代金は5万円もあれば豪勢にいける。節約で3万円ですごせるようである。

障害年金で十分やっていける。


飛行機などは、アルバイトなどによってためるほか無い。

この記事をはてなブックマークに追加

超重要、対策法は徹底した「登録住所」とくに!親からの「つながり」が著しく「害」になる

2016-11-22 13:22:32 | できが良い記事
被害者には100万円の価値ある情報



重要 「とくに親の扶養」「親と同じ住所」など


「親つながり」が著しく迫害をうける!!

登録情報でも「親」が重なっていると「親のMHC]が活用されて「胃袋の迫害などなど」ずっと24時間365日に「幽霊の成りすましの害の細胞リモデリング」を起こされ続けられる。




最近は、バイク=市役所登録のカブ90くらい。たいしたことがない。そうおもっていました


しかし、加害者らの「僕への多重の入り」については「バイク90cc」でもかなりの数の「工作員が」


「僕の人体の中へはいる=バイク90cc」より入ることをずっと続けていた。


しかも「母親を扶養」にしてから「非常に著しく苦しい攻撃化」していました。





最近は特に「税金の重税」に悩んでいました。




そのことから「母親」を扶養にし「父親、義理母」なども扶養にしようと考えていました。



「加害者らも、税金のことばかり」を僕に考えるようにずっと仕向けられていました。



父親を扶養にさせるためです。父親扶養にすると税金は安くなるが


「父親のMHC」=半分合致するものにて「ボディブロー」を食らわすように


バイクをかいして「僕の内部、中身の破壊」をできるようになれる。




とにかく、まとめると


「登録住所は 親つながり」を全部切れ!が超重要です。


「国民健康保険」=「親の扶養」によって


「扶養者の父の胃袋」=「扶養の子の頭」となり「胃袋の免疫が著しく低下する」


「扶養の父親の腹」など引きしまらなくなる。特に胃袋の強さが激減してしまう。


また、その迫害の際には「登録の車、バイクが人体とイコールとなって重要である」







たとえばですが


①本籍など「親と同じになり、戸籍も同じになっている」とおもわれる。


親とつながっているだけで「テクノロジー被害の迫害」のレベルの要因=「車」+「親の登録の重なり」からきているのです!!!




本籍は「離島にする」のがベスト!しかも「戸籍は独立する、親と一緒にしない」ことが重要です。


これをやるだけで「だいぶ迫害要因が減る」ことになれます!!




②扶養について

「税金の重さ」に重要にかかわっています。



しかし、24時間365日「扶養による、親のつながり」がおこされ

※親のつながりですが、いくら親が離れていても 親のMHCの害はうける。

※ぼくの失敗は、神奈川にいる「母親」を扶養にした。

そのおかげで、「親のMHC]とバイクにより


著しく胃袋など中心の迫害をうける。「免疫病になるような、「健康中身の迫害」である。




扶養はしないことが重要です。税金が安くなることにつられてはならない。





まとめると


○「本籍」「住所」など「親、兄弟」と一緒にしないこと。健康迫害=365日受け続ける。


○「税金の扶養」=親を扶養にしているのも「迫害要因」となる。



また、結婚なども「籍を同じ」にすることで「お互いが迫害し合い、不仲」になるとおもわれる。MHCはつながっていなくとも。内縁の妻にとどめておくこと。





また、バイク、車などですが


車の所有はご法度=「死んでしまうくらい」の拷問、迫害になるのは明白ですから


車は絶対に保有して張らない。


しかしバイクだけならばなんとか。と思いますが、バイクも保有してはなりませんが

「別人名義」であればOKであるとおもいます。

この記事をはてなブックマークに追加

MHCとはなにか?

2016-11-20 13:12:48 | できが良い記事




昨日、「MHC=自己」とはなにか?質問があり


理解していない人が多く、逃げてきたNさんに答えた。




まず「自分」とはなにか?「自分、自己」とはいったいなにか?

という「問い」があります。「自己=MHC]であるのですが、理解していない人が多い。



「鏡をみて自分」をみる。それが自分であるから「脳みそ」が自分である。そうみな、そう思っているかもしれません。



MHCというならば、

ばい菌など、破壊する「マクロファージ、白血球、キラーT細胞、樹上細胞」などの免疫細胞などは


「被害者のオリジナルMHC」をみな見につけており、

ばい菌=異物をみつけると{MHCがないので、攻撃しはじめて破壊します」



このとき、被害者のマクロファージは、別の被害者のマクロファージに出会うと「瞬時におたがいのMHC」を見せ合いして「お互いが仲間であると瞬時に確認しあう」





ここで重要な実験があったのですが、


鏡をみて「自分である。自己である」と思えるならば

「脳みそ」こそが「自己、自分の存在物体」であるはずです。



では、和歌山から逃げてきた女性Nさんの「頭」に「僕の脳みそ」を移植したとします。




彼女の身体は「そのまま、女性」であるが「脳だけは 僕の脳となった」





「脳=自己、自分である物体」であるならば、



「僕の脳みそ」が、彼女の「免疫や健康、内臓」などに命令、指令をして「統率」して


彼女の身体をのっとるようになり「オカマ」のような存在になってしまうのかもしれません。




しかし、実験の結果は、



彼女の「頭に」僕の「自己とおもわれる脳みそ」を移植すると、



「僕の脳みそが支配や統率」などできず、


彼女の身体の免疫=マクロファージや白血球、キラー細胞などが「MHCがない」として


「僕の脳みそ」を破壊する行動にでるのです。




つまりは、



免疫=マクロファージや白血球のMHCが「脳みそ」を「否定する」のです。



MHCのほうが「脳みそよりも上である」ということであり


白血球、マクロファージなどのほうがMHCこそが「自分である、自己である」ということなのです。





ですから、被害者のMHCとは「被害者の自己自身の自分マーカー」であり、それは脳よりも存在意義が強い。ということです。



加害者らは「個人追跡」にかんして


このMHCを追跡する技術で「被害者を追い続けます」






バイクや車を「被害者のMHC,自己である」ように科学技術で「 ただの金属。パイプなど」が被害者のMHCになるように仕向けているかもしれません。すると

「その異物を合体」させても脳も否定するマクロファージらは

「MHCの判定から、自己である」と判定するのです!


石やらあらゆる物体を僕のボディにしたり「子供や女性がはいってきて合体させるのも、被害者のMHCを判定させているから」かもしれません。


つまりは「被害者の登録情報の物体=被害者のMHC」にしているとおもわれる。


人間でない「異物をMHC]にして反応させて「拷問にしている」とおもわれるのです。


こうしたことが「被害者の健康迫害になり、病死などにされるとおもわれる」


「上記では、被害者のうんこなどが使用されているために、焼却処分がやはり必要である」




親父などのMHC「被害者と半分はあっているMHc」を悪用される。



親父のうんこなどを悪用されるが、



ギリギリ「被害者の健康=自己である」と親父のうんこが判定されるものだ。




つまり


「子供や女性を合体させておき」「親父のうんこで被害者の健康増進」させて


健康増進したのをみはからって「凍結したバラ」のように粉々に破壊してしまう。という行為もやっているとおもわれる。







破壊された「自分の人格」を取り戻すには


漁港の鉄さび








なにげない、折れそうな「鉄さびの輪」などに人格がつながれている。「歯でもつながれているように」





漁港のこうした重たい、四角いコンクリートなど、被害者が多数重なって「拉致されている」ものである。



僕は「この鉄さびの輪」を切断し「7年ぶりに自己の開放にも成功できた」

この記事をはてなブックマークに追加

被害者同士の助け合い、有利に助け合う戦い方

2016-11-20 13:08:19 | できが良い記事
最近、青森県の僕のほうには

2名ほど逃げてきている。


東京のKくんと、和歌山のNさんだ。

東京のKくんは、去年も青森に逃げてきた。

彼の顔色などは、当初来たころよりだいぶ良くなってきていると実感がある。


テクノロジー犯罪被害で「絶対の対抗するべき」なのは「親、兄弟から逃げること、離れること」が第一です。


人格破壊などされて「どんどん幽霊、幽霊体]を入れられてしまうことをされている。


この人格破壊の部分では「親父や母親などののうんこや尿、睡眠のメモリーなどなど」が

被害者の破壊につながっている。





この記事をはてなブックマークに追加

バイクの名義人をさがしている。

2016-11-19 17:34:21 | できが良い記事
バイクの名義人1年だけなってくれる方をさがしています。

謝礼は1年間で7万円です。


1年だけであれば「たいしてダメージなどあった場合でも少ない」と思えてからです。


被害者は望ましくないが、家族や兄弟で心当たりある方はメールください。


kouta888_1975@excite.co.jp
まで

この記事をはてなブックマークに追加

スマートフォンの契約はダメである。

2016-11-19 17:18:45 | できが良い記事
最近は、もう一人の女性Nさんが、青森県に逃げてきました。

これで、東京のKくんと3名で貸家に寝とまりしている。

3名も被害者がいるとにぎやかさを感じるところがある。掃除もしていただいて男二名しかいなかった中、ものすごく助かった。


Nさんはスマートフォンを契約しようか。言っていた。これは被害者には「よくない」ひとつである。


まず、スマートフォンのような電気機器は「高価」であり「その後、加害者らの誘導により破壊、破損、水没」されるようにされるのは目に見えるからだ。


そんな、僕も「スマートフォンがほしい」誘惑に駆られたが、

「そんな高価なもので、こわれるとおしまいなモノ」は加害者らには絶好な「嫌がらせ、経済破壊活動の1つにすぎない」ものである。


被害者が持ってよいものは「壊れない、頑丈な」ものが望ましい。たとえば、僕が持っていて壊れない丈夫なもの=カブ90ccくらいである。

僕が今まで壊した電気機械

「電気ドリル=4万円 すぐに壊してモーター直し1万3千円かかった。直った直後壊れてあきらめた」

マイナス5万3千円

「原付中古10万円  ガソリンタンクになにか入れられたのか、エンジン不調がつづきあきらめる。1年だけだった」

マイナス10万円

パソコンなどなど

「新品パソコン、外づけハードディスクなどなど、壊れるし、テクノジー犯罪被害のあく要因となるなどで、全部こわれる」

マイナス20万円

そのほか「テントやランプなどなどあらゆるものが破壊されていった」

残っている家電品など「ない」



とにかく、被害者には「損」させつづけることが著しくつづく。







また、被害者のキャッシュカードはやはり「抜かされている」と疑ったほうがよい。

この記事をはてなブックマークに追加

重要情報   対策法の生き方、過去の失敗

2016-11-14 10:55:19 | できが良い記事



今まで、対策方法を考えて生き延び、そして加害者らのやり方を学び、科学などを知るようにもなれてきた。


まず、結論として「親と同じ県にすんでいるだけで すべて意味がない」といえる!!!




多くの被害者は、ブログの対策法をやっていない人が多く、精神病にみせる無力化→精神内部破壊が進み なにもできない人も多いとおもわれる。


、「最近になってテクノロジー犯罪被害」を受け始めた!という方をよく聞くようになった。去年からなど


僕の場合は「もうかれこれ、8年以上」「脳音声前からの攻撃」もいれると

10年以上にもなる。


「犯罪者の恥知らずなやつらには激怒し殺意を抱くが、警察や国もうごかない、社会での認知もない」状況にも非常に腹が立つ。






①ここ数年での大失敗について


<活動手段>
「バイクカブ90ccだけ」について「大失敗」であった。結局「バイクも登録してはならない」


車を排除し、「登録を抹消」した、乗らなくなったのは「大正解」であった。



車をもって「毎日 生きていたら=更新していたら」 被害者の耳印さんのように著しい「膠原病」状態「下手すれば数年以内の致死」など されると思えた。



車の「登録」保有よりは「バイクだけ」は10倍以上は「良い。効果は高い」のであるが「加害者らはそれでも、計算し僕を破壊しようと目論む」


バイク90ccも僕は「名義人になってくれる人」を大急ぎで探している。





つまり、僕がいいたいのは「車など保有、登録はもってのほか」「バイクだけは、確かに◎車保有よりは、身体はだいぶ動ける」のでは

あるがダメージは大きく「致命傷」をうけることもあり「×」


バイクの登録だけで「肺、気管支をつぶされる」など受ける。




「登録を超重要、重視し、徹底的に排除する事、妥協は一切せずに登録を排除する」ことを念頭におくこと!!!!を絶対にするべきです。


※僕の場合には「バイクだけは田舎の生活で、どうしても必要である。別人の名義人をジモシテぃなどで募集し年間使用料金を払って使うことにした」




②Nの処分を怠ったことは大失敗であった。


Bの焼却処分は1個も残さずほぼ、パーフェクトでやっている。


あらゆる処分方法を試み、特技の一つともいえる。テクノロジー犯罪被害初めての人は「戸惑う」ことも多いと思うが

「慣れると何てことない」ことである。

「Bを焼却処分していると、理解できるが トイレにそのままにしているほうが、遥かに十数倍は健康に悪い」ことだ。


Bの焼却処分については

ノーマルで焼くなどは「かなり、時間がかかる。下手すると二時間はかかる」

しかし

○コークスをプラスすると高温より30分で灰になったりする

冬場、雪が多い場合火事はまずないので「アルミなべ、豆炭に火をつけて、1個~3個分おいて帰る」
じっくり高温がつづき、朝には「灰」になっている。15分で終われる。



話のつづきだが、Nの処分は時間がかかり難しい。

いままで、「自宅以外=登録場所ではない」砂場所に捨てるなどしていたが「甘かった」

大昔は「煮沸や蒸発」などの処断もあったが「登録情報の家で、焼く」などは「加害者らにかえって、強力に情報を取られて危険」ではある。



Bについてもだが「本当に一番の最上なやり方」は


「県外で焼却処分」することである。



だから、Nはペットボトルにしつづけてためておき、県外の被害者の誰かに頼み「そこで燃えるごみで処分」してしまう「体制」ができれば


「担当の加害者らは、まず取得はできない」


「被害者はその県の登録での拉致被害者」である。だから「県外での処分が一番、望ましい」




③自宅の「登録地」に睡眠し大失敗であった。







この半壊の家は「僕の登録住所」であり、屋根もない。サッシもない。「非常に有利な登録情報の建物」である。

僕の保有している「不動産」である。


しかし、現在は「不動産登録」に苦しめられている。やはり不動産の名義人になってくれる人を「先じて購入するべきであった」とも思っている。


不動産=自分がなにやっても好きにやれる「土地」は被害者には非常に有利な「ひとつ」である。他人のオーナーだと「被害者は困るように誘導される」ことが多いからだ。



話は戻るが、

自宅=登録地で寝るのは大失敗であった。


とにかく、「登録住所で寝る」というだけで「漁港での直結著しく、ひどい目にあう」












これは、去年の冬の僕が真冬にすごした「自転車小屋を改装した、テントである。」


去年の真冬はずっとここで「睡眠=重要更新」をした。


屋根の下でねむらなければよい!!はずであると「油断」していた。



結果的に「登録住所地で、屋根のない場所であっても、情報をうばわれてしまいひどい目にあい、人格つぶしなど進んでしまう」



僕が言いたい結論としては


「登録地で、御影石、海水で寝ようとも やはり、登録地で寝るのは×××であること。


登録ではない場所で寝るには「及ばない」ことである。

















登録住所地の「家」の土台のコンクリート」をバーナーで焼く。脳音声は「半減する」






↑ストーブの上に大きな重たい石を置き「赤外線を発する。この上にのると 僕への憑依などがだいぶ落ちる」






貸家にカルシウムボードを10数枚おいている。だいぶましにはなれるが。。。






重たい石をつみあげて、「アルコールの火」などで「毎日焼く→更新情報が軽減できる」




ゼロ磁場の商品。意味なし。数千円。




鉛は御影石と同じく下に敷くとよい!





べきスタットをつかった傑作品







身代わりを考え、ファインコートスプレーを使用した「水溶性の電磁波遮断材を作ってみた」









べきスタット、銅版を使用し屋根に配置する。ブースターケーブルで土壌とつなぐ








手と足をアース線でつなぐ。これは効果は今もあるとおもえる。







こうして、過去に「テクノロジー犯罪被害の原因も科学もさっぱりわからない状態で戦ってきていきていた。」

上記の写真での対策法以外のものは、まだまだあるが


「結論として 登録住所を最重要視」することが「最重要であり、上記のような軽減をいくらやろうが


「人間更新の取得」には「影響はほとんどない!」ということである。





○登録してるバイクにのる→ 生態情報を取られ続けられているために「×」である!!

○登録の住所地にねる  ××である!



僕が言いたいのは「公的な登録住所、登録の徹底した排除」をすることである!といいたい。



公的な登録

「免許の登録」「国籍」「住民登録」「不動産登録」「国家資格」「車の保有とその登録」「バイクの登録」

「国民健康保険」「社会保険」「障害年金登録」「生活保護」などの登録など


健康保険などの登録が「特に」著しい。





また「工作員がいる」同じ会社の登録が著しくまずい。






会社に工作員がいると「会社をやめたくても辞めれない」ようにもされる。


工作員のいる会社から逃げなくてはならない。

☆ポイントカードなどの「公的ではない」登録については「あまり影響はない」



☆ 最近被害者にされた方が目指すべきなこと


とにかく!!!「親から離れること。人格破壊は親のうんこからやれる!」

障害年金を取得しバリ島に逃げる。住む。バリ島は1食50円など物価が安く 一ヶ月数万年で過ごせる。




☆ また、全被害者は「マイナンバーの写真つきの登録を早める」こと。


国民皆殺しの「加害者らの登録によるやり方」の


国の保護gsおこされており、「写真つきのマイナンバー登録で、かなりつよく守られる」と自覚している。



僕としては「末日キリスト教会の登録」とマイナンバー登録がマッチしてる部分があり「良い」と思える部分がる。



また、「自衛隊の登録も有利になれるとおもわれる」







そもそも「登録」とはなにを意味しているのか?


僕の考えでは、

登録によって{MHC=自己」の登録が「大昔からなされていた」とおもわれる。



「自己、自分」というとMHCレベルしか「自分自身の概念の学問はない」


加害者らは「その人=自己、自分」を読み取れる「振り分け、区別しマーキングし追跡」する科学が優れている。ことを悪用した犯罪である。





☆いい忘れたが絶対条件の一つ!被害者は「両親や兄弟から離れた県」で 「人間更新=すごさなければならない」



親父さんなどは「被害者のMHC]と半分は合致しているもので、


被害者の人格、自己自身を「親父のうんこ」という

「被害者への自己反応あるものの、すぐにも崩れやすい」ものにて


被害者の健康を構築させようとする。






重要↓


被害者には「子供や女性の合体」の拷問がある!!


ここに、じつは「親父のうんこ」などが使用されている。






つまりは「子供の合体、女性の合体」にはすぐにも「崩れやすい自己=親父のうんこ」などを使用して


健康構築をさせているのである!!!!!



そのために、「被害者の人格崩し」がすることができるのである!!!






早く言えば、僕が上記に写真でのせている「対策法は全部意味がない。加害者らの追跡を防ぐことはできない」



「遠方ににげてすむ!!!!」この一点のみが、非常に重要である。


遠方に住むことによる「異性や子供の合体」による親のうんこにより「健康構築」


それが人格破壊などになるのを防ぐことができるのである!!!!!!!!!

この記事をはてなブックマークに追加

対策法の生き方、過去の失敗

2016-11-14 10:55:19 | できが良い記事
今まで、対策方法を考えて生き延び、そして加害者らのやり方を学び、科学などを知るようにもなれてきた。

多くの被害者は、ブログの対策法をやっていない人が多く、精神病にみせる無力化→精神内部破壊が進み なにもできない人も多いとおもわれる。


今、「最近になってテクノロジー犯罪被害」を受け始めた!という方をよく聞くようになった。去年からなど


僕の場合は「もうかれこれ、8年以上」「脳音声前からの攻撃」もいれると

10年以上にもなる。


「犯罪者の恥知らずなやつらには激怒し殺意を抱くが、警察や国もうごかない、社会での認知もない」状況にも非常に腹が立つ。






①ここ数年での大失敗について


<活動手段>
「バイクカブ90ccだけ」について「大失敗」であった。結局「バイクも登録してはならない」


車を排除し、「登録を抹消」した、乗らなくなったのは「大正解」であった。



車をもって「毎日 生きていたら=更新していたら」 被害者の耳印さんのように著しい「膠原病」状態「下手すれば数年以内の致死」など されると思えた。



車の「登録」保有よりは「バイクだけ」は10倍以上は「良い。効果は高い」のであるが「加害者らはそれでも、計算し僕を破壊しようと目論む」


バイク90ccも僕は「名義人になってくれる人」を大急ぎで探している。




つまり、僕がいいたいのは「車など保有、登録はもってのほか」「バイクだけは、確かに◎車保有よりは、身体はだいぶ動ける」のでは

あるがダメージは大きく「致命傷」をうけることもあり「×」


バイクの登録だけで「肺、気管支をつぶされる」など受ける。




「登録を超重要、重視し、徹底的に排除する事、妥協は一切せずに登録を排除する」ことを念頭におくこと!!!!を絶対にするべきです。


※僕の場合には「バイクだけは田舎の生活で、どうしても必要である。別人の名義人をジモシテぃなどで募集し年間使用料金を払って使うことにした」




②Nの処分を怠ったことは大失敗であった。


Bの焼却処分は1個も残さずほぼ、パーフェクトでやっている。


あらゆる処分方法を試み、特技の一つともいえる。テクノロジー犯罪被害初めての人は「戸惑う」ことも多いと思うが

「慣れると何てことない」ことである。

「Bを焼却処分していると、理解できるが トイレにそのままにしているほうが、遥かに十数倍は健康に悪い」ことだ。


Bの焼却処分については

ノーマルで焼くなどは「かなり、時間がかかる。下手すると二時間はかかる」

しかし

○コークスをプラスすると高温より30分で灰になったりする

冬場、雪が多い場合火事はまずないので「アルミなべ、豆炭に火をつけて、1個~3個分おいて帰る」

じっくり高温がつづき、朝には「灰」になっている。15分で終われる。



話のつづきだが、Nの処分は時間がかかり難しい。

いままで、「自宅以外=登録場所ではない」砂場所に捨てるなどしていたが「甘かった」

大昔は「煮沸や蒸発」などの処断もあったが「登録情報の家で、焼く」などは「加害者らにかえって、強力に情報を取られて危険」ではある。



Bについてもだが「本当に一番の最上なやり方」は


「県外で焼却処分」することである。

だから、Nはペットボトルにしつづけてためておき、県外の被害者の誰かに頼み「そこで燃えるごみで処分」してしまう「体制」ができれば


「担当の加害者らは、まず取得はできない」


「被害者はその県の登録での拉致被害者」である。だから「県外での処分が一番、望ましい」




③自宅の「登録地」に睡眠し大失敗であった。







この半壊の家は「僕の登録住所」であり、屋根もない。サッシもない。「非常に有利な登録情報の建物」である。

僕の保有している「不動産」である。


しかし、現在は「不動産登録」に苦しめられている。やはり不動産の名義人になってくれる人を「先じて購入するべきであった」とも思っている。


不動産=自分がなにやっても好きにやれる「土地」は被害者には非常に有利な「ひとつ」である。他人のオーナーだと「被害者は困るように誘導される」ことが多いからだ。



話は戻るが、

自宅=登録地で寝るのは大失敗であった。


とにかく、「登録住所で寝る」というだけで「漁港での直結著しく、ひどい目にあう」












これは、去年の冬の僕が真冬にすごした「自転車小屋を改装した、テントである。」


去年の真冬はずっとここで「睡眠=重要更新」をした。


屋根の下でねむらなければよい!!はずであると「油断」していた。



結果的に「登録住所地で、屋根のない場所であっても、情報をうばわれてしまいひどい目にあい、人格つぶしなど進んでしまう」



僕が言いたい結論としては


「登録地で、御影石、海水で寝ようとも やはり、登録地で寝るのは×××であること。

登録ではない場所で寝るには「及ばない」ことである。

















登録住所地の「家」の土台のコンクリート」をバーナーで焼く。脳音声は「半減する」






↑ストーブの上に大きな重たい石を置き「赤外線を発する。この上にのると 僕への憑依などがだいぶ落ちる」






貸家にカルシウムボードを10数枚おいている。だいぶましにはなれるが。。。




この記事をはてなブックマークに追加

どうして?被害者は「不利な」立場に立たされているのか??自分を見つめなおす。「人間関係」で悩みがなくなる、人間の法則

2016-11-11 19:15:49 | できが良い記事

僕はもともと八戸市の出身だが、今いる下北半島にきてから

「一方的な、損害賠償の請求が3つも」起こっている。


どうして、ここまで「不利な要求」を呑まざる得ないのか。



今日もニュースで「小学校教諭28歳が、風俗嬢をよんで、それが警察沙汰になり 修学旅行の引率できなくなった」などの理由で「懲戒処分」となった。


ここまで、運の悪い人間がいるものか?「こんなつまらないことで、一人の青年が大学まででて、

やっと学校の先生になったのを解雇してよいのか?おかしなことばかり起こっている。人によれば解雇は妥当と考えるかもしれない。風俗など昔と違い、コンビにのように呼べるので不道徳であるから。との理由はちょっと厳しいのではないのか?と僕は思う。







加害者らによる「人間関係」「因縁」のコントロールによって引き起こされたものである。と思えた。






それと同じように「どう考えてもおかしいだろ」「聞いたこと無い」というような

ことで「損害賠償」を3件もここ数年で起こされてしまった。


「コンクリートが汚れてるから直せ」とか。「木を切ったので賠償しろ」とか法律以上に高額な請求だったりする。




とにかく「僕に損」をさせたいためである。

合計でおよそ、50万円近く損をした。




さらには「加害者らはキャッシュカードから、番号やパスワードも抜き取っている」ために

被害者がわからないように「1万円ずつ」抜き取ったりもしている!!!!


※そのために、キャッシュカードは絶対禁止にしたい。


これでも50万円以上は損しているとおもわれる!!




実際に 苦労して稼いだお金を1万円でも抜き取られている。と理解できると、非常に腹がたった。


上記は多くの被害者は知ったほうがよいことである。








被害者は「鳥の子、鳥人格ばかり」にて

マイペースでのほほんとしたところ


「管理には、隙が多い人間ばかり」であるはずだ!!!


だから、僕がこうして「注意、警告」しても「そんなこと無かろう」が多いと思うが


「実際、加害者らは金を抜いているし、 証拠が残らない場合のみ=キャッシュカード」のときだけやっている。






本題だが



被害者は「鳥人格が多い、鳥の子など」が多いのだが、


多くの被害者が、「管理な仕事が苦手であり、独創性が強い人間が多い」とやっと理解できた。




また、多くの日本人、人間が「人間関係」で悩んでいるのだが、



この下の「人間のサガの身分」を理解できると



「人間関係の悩みは大きく減ることのできる法則、情報である!」



加害者らもしっている「人間のサガの身分」である




   時代劇の「暴れん坊将軍」を思い出してほしい。





 明 「上様」
    ↑
    ↓
 神 「老中」
    ↑
    ↓
   
 地 「中間管理」
    ↑
    ↓

 天 「門番の頭」
    ↑
    ↓

 悪 「密偵」



天 地 神 明と悪。



このように、テレビではでてきている。そして「人間のサガの身分」も上記のようになっている




しかも!多くの被害者は「身分が、上様=明」の身分ばかりが狙われている!!!


※被害者の人格は「明」の人が多い。最近テクノロジー犯罪被害者になった人は「神」が多いとおもわれる。


明の僕は「明な部分」を見ると「その人を尊敬しまったりする」


神の人格の人は「神」をみると尊敬するでしょう。


僕の会社の社長は「神の人格である」ので、僕が信仰心、宗教に入っていると「それだけ、好意的」になってくれると感じている。


宗教に入っているだけで「神」人格は「好意的」な傾向が弱くなく強い。


※被害者は、意外と「悪」なことにも関与しやすい。「悪」と仲もよい。


悪というのは「犯罪」とはちがい、「悪口」が必要な「義」がある「悪」である。


※多くの被害者は「明=上様」な人物の友人は決まって

「悪」であったり、「神」であることが多い。





僕は、昔から「嫌いなタイプの人間がいた」


「門番の頭」の身分の人物ばかりが「どうも、


「人間性の無理解者」であり、豪つくな部分が目立ち、「「人間味がなく苦手で」好きになれなかった。



親父は「中間管理」の身分のサガであり


「いつも堅いことをいう、堅実なことばかり多く言っていた。


「地に足が着いたことばかりが多かった」

この記事をはてなブックマークに追加

はやく、マイナンバーの写真つきを市役所でもらうこと

2016-11-11 19:02:14 | できが良い記事
国のマイナンバーの登録が、加害者らよりの「登録」を上回ることにより、

だいぶマシになることができます!!


僕としては、
「末日キリスト教会の登録」と「マイナンバー写真つきのカード発行時」の登録による

インターフェイスが非常に「超強力に」対抗できる!と自覚しています。





超重要

「末日キリスト教会」+「マイナンバー写真つき」登録により


僕へ関与している工作員のほうが「かえって苦しみだす」現象がおこり、加害者らが「手放し」の現象が起こった。


全部ではないが、工作員の頭などが「自滅しており、工作員のほうが苦しみ」になっている現象おこる!



会社の工作員→僕への「放射性」の「苦しみの原因の関与」において、


逆効果がおこった!


こうしたことははじめてであった。





加害者らは「末日キリスト教会入会者」への「攻略法」を知っており、

「絶対良い!」とはいえない。



今、来ている被害者の東京のKくんも「カルト教団の登録であるから、やめたほうがよい」といわれたこともあった。


僕としては「その可能性も捨てきれない」とすら思ったことがあった。




とにかく、強力な防御であり、「加害者らは攻略法」をしっていて


「末日キリスト教会登録が、かえって拷問、苦しみが倍増」した部分すらあった。


しかし、そもそも末日キリスト教会の登録で「強い防御」が与えられるのは


あくまでも「守り」のための「強力な強さのインターフェイス」であり、


ましてや、国民迫害のものであるはずない!ということだ。


キリスト教の中にも「工作員」がおり

「その登録つながり」によって キリスト教会の登録の悪化がおこっているかもしれない。。。




しかし、そもそもは「テクノロジー犯罪被害による、世界中での迫害」にたいしての「強い防御」が与えられるものであると

おもってよい。





末日キリスト教会+「マイナンバー登録写真つき」においては



ダブルの超強力な「加害者に対抗できる」ものである。


工作員すら「僕に関与し、自滅され、撤退した部分ある」




どうしても、加害者らから逃げたい!守られたい!!ならば




「末日キリスト教会」+「マイナンバー写真つきの登録」をお勧めである。

この記事をはてなブックマークに追加