テクノロジー犯罪被害=自己免疫MHC追跡システムで個人のみ追尾する。犯罪プログラム自動インターフェイスシステム 

被害者の免疫=MHCを追跡するシステム。
犯罪プログラムが「被害者の登録情報へ 被害者のMHCでインターフェイスされる

対策法 脳音声はよわまる。半分以下となれた。

2017-01-17 18:27:23 | できが良い記事
対策法 加害者らの脳への憑依、脳音声は半減し、加害者らは僕へは諦めムードとなってきた。

まず、教会登録がバッチリ強力にまもられ、

今年の1月に加害者らの更新がおこり、とうとう僕自身への更新ができなくなってしまう。


重要なのは、

青森県ーむつ市僕の住んでいる場所テトラポット群へ

海をへだてており「更新ができなかった」ことによるものである。



つまり、教会登録で強く守られてあっても 脳音声などはおわらない。


しかし、島国などに住むプラス教会登録によって、

テクノロジー犯罪被害を終わらすことができる!!副作用強いが、可能であるのである!



加害者らの技術は、半端ではない。


重力を操作する技術によって「被害者を拉致」しているので


重力を操作するような技術で対抗が必要である。そのようなことは

一般人には難しい。




やること、対抗策



まず、親から離れることである。


最近、和歌山から一名にげてきたが、親元にいたら人かく分解などすさまじくやられていただろう。

だから、逃げてきて大正解であった。



最近、東京のkさんから頼まれ、

住民登録を 青森→東京にもどした。


彼からすると、東京にすみながら、青森県に住民登録をもどしても「イマイチ」であった。と


おもわれる。


被害がばっちり、できないのは、

その理由は、ご両親がおなじ、東京にいる。神奈川など東京近郊にいることである。



親の排泄、睡眠などと被害者はつなげられ、拷問となる。


強さがすさまじくなるのは「親」がかかわっているのである。




親から離れるだけでなく、親と同じ登録もはずさなければならない。

















この記事をはてなブックマークに追加

味方の勢力による、加害者らを討掃する電磁波が 強化!

2017-01-09 15:15:15 | できが良い記事
今年、年がかわり
トランプ氏=白人アメリカ人に大統領が代わり
なにか、大きな変化があるかもしれない。

そう期待をしていました。


近日!テクノロジー犯罪被害に使用されている電磁波が、急激に無効になってきている!!

目に見えないことが多いが、加害者らのやっていることを討掃してきており

正常化してきている。


加害者らの電磁波というが、もちろん電磁波も使用されているが


ニュートンの法則などなど「物理の法則を変形」させたこと=

つまりは「コンクリート、海、土壌、大木などなど」あらゆる物体の物理の法則が変形していたために

「電磁波」の悪用により「人間い反応させることができていた!」とおもわれる。



たとえば「正方形」の立体の物理概念も「鏡の電磁波=物理を変形する電磁は」により


正方形の概念が、靴下をめくれたように裏表、真逆にされたようになっていた。



それが、人間に電磁は攻撃にむすびついていたとおもわれるが








この記事をはてなブックマークに追加

超重要 テクノロジー犯罪被害は、実家の両親がいる家が本拠地である。テクノロジー犯罪被害の本質

2016-12-31 18:21:28 | できが良い記事



末日キリスト教会に登録し、精神が安定でき、会社の人間関係は「僕のことを正常な人間」あつかいでやっと意思疎通ができるようになり

良好な関係にやっと築けてきた。




そして、今年の四月に

テクノロジー犯罪被害の本拠地=実家の父や母親らとの「合体状登録し「楽になれ」 今年の終わりになると態の破壊」がおこされたのだ!!!


つまり、末日キリスト教会に登録すると「超強力な防衛」が肩あたりに与えられる


そのおかげで「被害者の僕を、ずっと起動できない」状態が今年4月から、今年の終わりまで「ずっと更新することができなかった!!」


そのせいで実家の破壊などがおこされて「現実意識」に戻れる部分が大きく起こっている


被害者の方で「脳音声が小さくなった」などの方は「集団ストーカーの意識はだましである。現実に起こっているものではない」と主張している。


社会のモーターの雑音などを聞く周波数に「強力なパワーをのせた低周波」によって起こしている。

低周波1~2ヘルツの睡眠状態のヘルツにより、催眠状態にさせているとおもわれる




つまり、「集団ストーカーの意識」は「悪夢の睡眠状況」を目が見開いてる状況にさせている!といいたい。




「夢意識」で現実を起動させているので「アンカリング」のような自分の意識が「不快ないやがらせの毎日の状態にさせることができる」といいたい。


要は、「悪用プログラム」も使用しているが「催眠術状態である」といいたい。




話は戻るが、「僕の肝臓などが、親の内臓と合体させている状態である!」と理解できた!!!



僕の人格や記憶などの「超分解させられたのだが」親と内臓などを

「コンセント」を介してつなげられていると理解できた




それが被害者の危うい状態を作っている。


害者の顔色は悪い。姿も「具合悪そうである」




これは、「まるで、内臓の臓器移植でもしている」病弱な人間のようであった



加害者らは「免疫力があがる」のを嫌がっていたのも

被害者=親の臓器移植状態=親父の臓器を拒否反応状態にされると困るために



被害者の免疫力を「できるだけ下げよう」としていたのだ。



親の臓器移植をすると「親の臓器を拒否されると困るので、免疫抑制剤」を使用する。のと同じ理屈である。




テクノロジー犯罪被害者の状況を再度言うと




実家の家や、コンクリートの下敷きで「分解状態」にされており、


そのご「コンセントなど」を介して

親の臓器と合体させられている。




そのために被害者の顔色などは「著しく悪い」のである。





今回、末日キリスト教会にて 僕の実家では「大きく破壊されていたこと」にきがついた。


親は、ぼろぼろヘロヘロである。



親の実家が全部消滅されれば 全部よくなれる可能性はある。という状態でもある。

この記事をはてなブックマークに追加

超重要 対抗策2 父親 母親から離れろ!人格分解は「親兄弟の依存性」である。

2016-12-31 00:47:26 | できが良い記事




被害者が「親か100キロ」離れると


加害者らは「親の住処」から被害者をつなげてこようとする「工作」をする。


被害者の人格分解は「親を使用しなければできない」からです



「親のMHC」を使用しなければ

厳密に言うと「親のうんこ、親の睡眠状況」などなどです





※末日キリスト教会の登録で、目が覚めて、テクノロジー犯罪被害は「超、尋常ではない」ことをされている!と気がついた。

和歌山から逃げてきている方の

頭や背骨を触ると、、


「ものすごい、超強力に 人骨」が硬直している!!!ものすごい重力が骨に起動している。



また、その「超強力に骨への出力が 半端ではない!!!!」



被害者がやられていることは「かなりの超異常状態である!!!」



「高度な技術により、強力なエンジンパワーのようなもので骨を 出力を与えています!!!」長生きはできないでしょう。



ここまでは、被害者は皆、最終的にはやはり長生きはできないほどのことをされていると僕は思っています。




話は戻りますが



「親から離れろ!!!!」



被害者の分解には「親のMHCを使用しなければならない!!ということです

この記事をはてなブックマークに追加

超重要 対抗策1 住民登録をなんとかしろ!! 登録住所によって犯罪プログラムは自動にセットされている!

2016-12-31 00:32:15 | できが良い記事
まず、被害者はみなさん「写真つきのマイナンバー登録」に絶対登録すること!です。

自衛隊か、アメリカ軍か、キリスト教会かは不明ですが

味方の存在は確かにある。


写真つきマイナンバーカードの登録を済ませると「頭脳への超強力な硬直が、いくらか緩和してこれます。」


※さらに、「末日キリスト教会の登録 プラス マイナンバーの写真つきの登録」をすることで


「脳の血の流れ」がでてこれる。肩辺りが「楽になる」 会社の人らとのやり取りが「非常によくなれる」などメリットが多いです。

それでも副作用があるので十分注意しなければならないです。






まず、テクノロジー犯罪被害とは 「住民登録から起こっている。」




僕は青森県「むつ市の在住」で「むつ市に住民登録」しています。あまりよくはない。



「北海道の函館」などに住民登録をし「むつ市に住む」ならばベストである。



「海をへだてているので、テクノロジー犯罪被害の住民登録部分はインターフェイスはしにくい。」





この記事では「住民登録先」を遠方にしろ。島などにして「海をへだててこれないようにしろ!」です。





僕は今は北海道にいますから「住民登録のむつ市」から海をへだてているので



インターフェイスは「弱い」


また、東京のKさんが「僕のむつ市に住民登録」をし大変楽である。助かっている。といっています。




また、別の東京のKくんは青森県の僕のところににげてきていますが「東京の住民登録にしており、

攻撃は少ないようで助かっている部分はあるが、

「現実意識への目覚め」は起こっていない。


現実意識の目覚めは「末日キリスト教の登録で正しい」

この記事をはてなブックマークに追加

超重要情報 テクノロジー犯罪被害→僕へ破壊されてきている!!

2016-12-31 00:20:22 | できが良い記事


末日キリスト教会に入会しています。被害者が唯一「現実意識に戻れる術」

被害者が助かる可能性は「末日キリスト教会の登録しかない」そうおもっています。


まず、テクノロジー犯罪被害者の「脳音声による脅し}などが小さくなった方などが言っていることは


被害者の脳は「催眠状態、つまり現実と夢意識が ま逆にされている!!」ということです。

集団ストーカー被害者の「意識」とは、「夢意識」の状態であり


それが解除されていくと「集団ストーカー=不快な意識が

「現実音」で聞こえてきて「自分が現実の意識に戻っている」と自覚している。

末日キリスト教会にて今年の4月に入会し「今の正月更新日では 加害者らが僕の被害者としての更新ができず」


脳音声の「僕への成りすまし」ができずのまま、更新し「僕の現実意識」が戻ってきています。





毎年1月1日は、加害者らの「最大の人間更新日」であり

正月付近はテクノロジー犯罪被害は軽減傾向にある。

僕は、加害者らも正月休みである。と思っていました。


しかし、正月休みではなく「1年の最大更新日」である。と理解しています。



この記事をはてなブックマークに追加

二名 僕のところへ逃げてきている被害者の感想

2016-12-16 11:42:38 | できが良い記事





今、二名 僕のいる青森県に被害者の方が逃げてきています。

一人は、和歌山県、もう一人は東京の方ですが


やはり、被害者の分解要素の「親元からだいぶ離れれている」ことにより


「二人共働いてはいないせいもあり」

苦しみは少なく、「顔色や 躍動など」どんどんよくなってきている!と感じれます。



東京の彼は「親と住所が同じであるので、今ひとつ」ですが、

和歌山の方は「住所をうつし、さらに自分自身も親から離れているために」


顔色など、当初より「躍動やたくましさなど」よくなってきて感じれます。


書いている僕自身は「父親の睡眠、うんこなどの人間更新を加害者らにつなげられて、分解の攻撃をうけ

苦しんでいます。。」




こうなると、「僕の方は 海水、御影石でねているが、

和歌山の方は、地べたの床で寝ていても

和歌山の方のほうが「軽減され、マシである」という状態になっています。








被害者の方への感想と「攻略法」



デネブさんのブログをよく読んでいますが、


デネブさんの「攻略法」




彼は、たびたび「強い拷問=分解されるような、免疫のかかわる攻撃をうけている。赤字で書いたりされている。



彼が、回避するには「まず親元からずっとずっと遠くに逃げる」ことであります。



た「会社が悪い=会社登録が悪い」可能性があります。



「会社に工作員がいないこと」「工作員の会社ではない場所を選ぶ」必要があります。


「排泄物があると」「漁港の鉄さび」の物体により


「身体への拷問が起こされやすいものになります」


海水のベットと御影石でベットをつくる



それができれば、テクノロジー犯罪被害に苦しむレベルは1000倍以下であると、思います。





内山さんの攻略法ですが、

彼のメリットは「自分で仕事をしており、 工作員のつながらない登録である」ということです。



彼は親元から離れて、独立していますが、「排泄物」をそのままにしているせいなどにより


触覚被害
があるとおもわれる。



たとえば、「東京以外の県」で「激安貸し家」を1万円くらいでかり、「そこを住民登録する」


理由は「週に1回は帰っている」などの理由にしておく。



そして、現在の東京に住むとよい。「排泄物は、ぜんぶ燃えるゴミ」にだし、トイレにしないことです



海水と御影石のベットでもつくれば、寝心地は抜群によくなれるし

被害レベルも激減するはずです。




また、「本籍なども、親から独立すること」です。



しかし、地域において「東京」という一番危ない県であるのがデメリットである。とおもいます。























































この記事をはてなブックマークに追加

超重要 目先の攻撃に惑わされるな!総合被害=1年総合被害を重点におくこと!! 

2016-12-15 18:05:13 | できが良い記事
テクノロジー犯罪被害者の方へ

ズバリの攻略法をどんどん書いていきたいとおもいます


今までのテクノロジー犯罪歴7〜8年以上うけてきて、あらゆる手法を試みてやってきました。






最近、僕がいる青森県へは、和歌山の方が急速に荷物をまとめ、逃げてきました。


住民登録も、親のいる実家→青森に免許、住民登録移動しました。


これは、あらゆる「テクノロジー犯罪被害の軽減方法に勝さる、軽減手法です」

ジルコニウムの軽減力が10倍とすれば、

親から離れるだけで10000倍の軽減力といえます。


逆にいえば、子供や親から離れないのは、「どのような対抗策も、無謀、無駄である」ということです。



まず!テクノロジー犯罪被害とは、自己免疫=mhcが重要であり、


テクノロジー被害者の人格分解では、

「親のmhc依存性である!!!」


親や兄弟、子供と一緒に住むなどのせいにより、「被害者の無力化は、どんどん進んでしまう」と言いたいのです。




内臓移植では、親のmhcが半分あたっているので、移植可能であったりします。



その真逆に「攻撃手法に、親のmhcが使用されている!」ということです。





ジルコニウムやら、海水ベットやら、外で寝るやら、いろいろやりましたが、

「目先の被害の強さの軽減力」はありましたが


「親mhcが混ざった、分解電磁波は、回避することができない!!!」 


結局「攻撃電磁波には、親のmhc」が混ざっているために


どのような「電磁波軽減む、回避や防御は、非常に難しい」


人格破戒につながってしまいます。


そして、親や子供のmhc使用こそが「被害者の無力化」

「精神病や生活保護」などにされているといって「過言ではない」




つまり、テクノロジー犯罪被害では「親から子供から、離れること」が第一に念頭に考えておくことが


第一であり、「一年間の総合の被害=健康状態=親mhcによる分解レベル」を考えると


親や子供から離れることが第一です。「都合があり、時間はかかるでしょうが。。」



親や子供のBやN、それから親の睡眠情報等、あらゆる


親の「人間更新が、被害者の分解に利用される!」





また、「登録情報も重要であり、



「親と登録が同じ」だけで


「親とmhcが重なっている!!!!!!」つまりは「親と重なっている分、分解されやすくなります」



つまり、登録情報とは「mhcネームプレート=自己免疫を悪用コントロールする場である」といえるわけです。



大事なのは「テクノロジー犯罪のシステムは」基本的に、加害者らによる手動ではなく


「自動である」こと


加害者らも「手動でもちろん、コントロールしていますが



基本適には「テクノロジー犯罪の 犯罪プログラム」は「自動におこる。登録で、登録場所に

自動インターフェイス」で起こされる!!ということです。




つまり、東京にすんでいるひとが、


「青森県に住民登録」をする。


すると、犯罪プログラムは「青森県で 犯罪プログラムが自動でインターフェイス」されてしまう!




東京にすんでいれば「犯罪プログラムは影響はうけないが」


「青森県に住むだけで、その犯罪プログラムの

攻撃プログラムをうけてしまう」ということです。




ですから、「住民登録と住処が違う場合」には


「いいわけ」が必要になります。



週に1回帰っている。などの理由から


青森県に住みながら働きながら「岩手県などの住所にしておく」などが必要です。


☆僕が今、力を注いでいるのが「住民登録のごまかし、いいわけ」の部分です。




この際に「親が 住民登録場所」にいると


人格破壊などのダメージは大きいです。







二、


排泄の処分は被害者ならばあたりまえ。


これをやっておかないと ひどい目にあうし、精神や健康迫害は著しくなる。



燃えるゴミに捨てるだけ でもよいのでそうすべきです。


トイレの水にながすのは「非常にマズイ行為です」


もう、大概の人はやってる人はやりつづけて有利になっています。




三、


車などの 登録し保持してるのはもってのほか。


内臓迫害に著しいのは「車、バイク」などです。


そこに、親や子供がすんでいると「最悪」です。


被害者の分解が強くなります。



車などはすぐに捨てるくらいしたほうがよい。二度と車を登録し保持してはならない。


車を保持し、登録し「たべる、寝る」などだけで著しい被害にあいます。


☆たとえば、被害者の耳印さんなど「著しい免疫病」にされています。

これは、「子供や親と離れてすみ、車やバイクなどの登録を解除、別人名義への変更」が必要になります。

バイクの登録が「内臓とイコールになっており、免疫病の主要原因にされています」

医薬品のんでも改善あるはずない。







僕の場合、バイク90ccだけでも「この登録のバイクでたべて、寝る」などを「ここ数年分」常に一緒であり

大失敗を犯した。「バイクだけでも、内臓など著しく 破損されてしまう」


バイクは別人名義にしました。年間7万円支払い、名義人になってもらった。

「非常に楽になれました。健全な自分の免疫に戻る部分もどれた」」



ここで、注意すべきは「親の名義でバイクや車」だと悪化する可能性がある。ということです。


バイクや車は「親のmhcの内臓のような物体」にされています。

ですから「名義変更するのは」非常に大変です。



4 地域


海軍など自衛隊があると、悪化はひどい。

変電所の多い、東京など 創価学会などなどからも危険きわまりない。


原子力発電の地域の住所登録も悪化してしまう。








5 まとめますと


とにかく、親から離れることが 第一である。遠方ににげろ。「そればかりを毎一考えろ!」


「テクノロジー犯罪にあった!」と気がついたら「親からずっと遠くの県に逃げろ!!!」

これが絶対条件第一になります。

「貯金はたいて、青森→沖縄ににげろ!」「そして沖縄で絶対、だまされずに 働き住みつづけろ。

生きつづけろ!」です。



親と「住民登録、本籍」などかぶっても「分解になる」子供もダメである。

しかし!親元から離れることが「第一条件です」


分解されるのは親や子供の「人間更新のmhc」でおこされる。




工作員のいる「会社に勤めると。ひどい目にあう」



そもそも、「工作員の会社の登録」により

テクノロジー被害にいたってしまった。といえる。



工作員の会社ではないこと、工作員がいない会社で「バイトや正社員の登録」をしないとダメである。




排泄の処分は当たり前であり 燃えるゴミなど最低限だすこと。




車やバイクの登録は一さいダメ。死んでしまう。





さいごに、
目先の「脅し」に屈しないことである。











































この記事をはてなブックマークに追加

超重要 とにかく、悪化は「登録情報とすごした時間」できまる。

2016-11-29 15:25:47 | できが良い記事



とにかく、悪化は「登録情報」で過ごした時間できまる。



たとえば、僕は前から「車をやめて、バイク90ccのみにしていました。」

車よりははるかにマシであったのですが、


外でテントで寝る際に「バイクと一緒」「バイクの近くで食べる」「bの焼却もバイクがある」

場所でやっていました。




そのために「人間更新」のあらゆる事が「バイクでずっととられ続けていました」


「それが大失敗」であった。


このせいにより

1月1日では 過去の被害者の更新を「被害者自体から」引き離す1000倍の「迫害」をうける。


この最大の迫害によって「多くの被害者は、沈静化、無力化、精神病化、病死」されてしまう」と思われます。







例えば、多くの被害者は「親元の実家」で過ごす人が多い。


これだけで「非常に、危うい状態であり」「永遠い体調の回復なく、働けることもない」「最悪のスパイラル」

どんどん「年月をおうごとに、酷くなっていく」ことであり






「型にハメる」とはまさに、「親元で被害者を過ごさせる」ことが「生かさず、殺さず」になっている。



被害者は「親のmhcの 睡眠、食事、排泄、シャワー、性交渉」などにより「強い迫害」を

受けつづける。




しかも!「住民登録」の実家で過ごしているために

実家=登録情報の家で


「被害者が、食べる、寝る、排泄、シャワー」などを繰り返している


ので「最強の最悪なスパイラル」が


起こされ、永遠に悪魔のスパイラルであり「身体も精神も回復することはなく、働けることもない状態が続きます」



しかも、親の車があり「自分の車もあれば」さらに「最悪、悪化」になります。



この状況をさらに「国民健康保健を同じにし、会社に入り「社会保険も同じ扶養」にしておくと


超がつく最悪な状況の迫害にもなりえます。



僕の場合は上記にさらに、「お隣が工作員の家」であったので最悪で、最強の迫害で潰されすぎたほど攻撃をうけました。








題にもどり「登録のすごした時間」ですが



主に「自分の車で過ごす=食べる、寝る、排泄」なども「ずっと加害者らに取得されており最悪になります」


最後の年末などに大ダメージを受けるはずです。





僕の場合、くりかえしますが











この廃屋が住民登録で「それは最高によい家を登録した」のでありますが、






自分の不動産、登録住所で「冬」をこした写真ですが、

結局「家がボロボロ」で「たしかに、有利であっても」


登録住所の地で「睡眠しつづけた」のが大失敗であった。ということです。




つまりは「別の貸し家=登録していない場所」で睡眠しておけばよかった。

ということになりました。


「睡眠90回分」を登録地でしたために「大打撃を受けてしまった」






これは、僕のバイクだが


「食べるもテントで寝るなど」も「常に登録しているバイクで一緒にやっていた」こと


大打撃、悪化の1000倍迫害にされてしまった!ということです。








お子さんがいる被害者は


自分もお子さんも「お互い、著しい、デメリットの関係である」といえます。


子供のmhc、うんこや睡眠などが迫害要因になるし、自分のうんちや睡眠も迫害要因とされています。



子供は勉強もできないし、弱体化し加害者らの誘導からいじめの対象にもされるでしょう。


子供のことを考えるならば、子供が元気にしたいならば

子供を遠方に行かす、あらゆる登録=戸籍なども独立させて他県に住まわすのが

「お互いのため」であると言えます。国民保険の扶養も解除することです。



















































この記事をはてなブックマークに追加

超重要 被害者の分解には、オヤジ、母親mhcが使われる。 逃げるが第一。

2016-11-29 13:19:50 | できが良い記事




無職で働けない被害者=10〜20台の方からもよくメールがくる。どうしたらよいのか。


メールをくれている段階から「頭の働きが鈍く、働く意欲がわかず、体調も具合が悪い」


働くのもままらなず、家に何年でもジッとしているし「迫害の毎日」でもある。

牢獄よりひどい。


この体調不良や頭の働きが鈍いなどの原因ですが、

「親のmhc」が悪用されてるのが第一


であると言いたいです。


親の睡眠状況、親のうんこや尿、親の食事などが「被害者の分解=つまり迫害」という迫害い重要に関わっている。


子供がかわいければ、

親はうんこを焼却し「登録情報」を独立させ、遠方に住まわせることが必要だ。



子供は「親によって弱体化」され「いじめの対象」にもなっているからだ。



そうしなければ「子供=子孫」の意味はないものである。


どこににげればよいのか?




ベストは「親から離れる」さらに標高1000以上の土地に住むことができれば「good」である。


日本よりも海外の「バリ島」に逃した方がよいかもしれない。バリ島ににげて脳音声が終わった。という人もいたからだ。




なぜに?「親と子供」をつなげるのか?つなげれるのか?「切ることはできないのか?」

の質問は「加害者らの目に見えないやり方で、切るのは難しい」としかいえない。




東京のkくんは、

処分もしっかりし、
青森という遠方ににげてきてるが、「ここまでは正しいが」


「親と住所や本籍」が重なっているために「親のmhc」の迫害がある
とおもわれる。





また、東京に帰る。といっているが「親そのもの」の存在がmhcであるので


東京帰るとつながれて「迫害」化されるとおもわれる。


つまりは「親の登録から独立」しても親の存在の家に帰ってくるだけで迫害、分解になってしまう。と言いたい。





親の実物と住む」のも危険である。ダメである。と言いたい。



また、東京の別のkさんには頼まれて「青森県の住所」を住民登録化している。
僕が市役所にいき手続きしてあげている。

「親と住所が一緒ではない。離れている」=○ですし

「本籍地も島国=親と戸籍が別である」にしており○

「住所地から始まる、被害のインターフェイスは起こらない」と見え=○
でしょうが


「同じ県内に、お父さん」が住んでいる。ために「お父さんの実物」とつながれているとおもわれ

悪い面も多いと思われます。




また、加害者らによる「加害者らの一味の登録」では「県外」にでるしかなく

県外にでる必要があります。そうしなければ「魚こうのテトラポット」につながれてる

とおもわれるからです。


東京の担当者は「東京に被害者」を置かなければ意味がない

からです。














話は繰り返すが、


mhcは「脳を否定する」。



つまり「親のmhc=うんこなど」によって「被害者=子供の脳を否定するというやり方である」とおもわれる。





脳は心臓を否定する。


オヤジの脳を使用し「被害者の心臓」を否定しているとおもわれる。


どこが、どのような経路によって「否定=被害者の分解」になっているのか?は「僕もわからない」



心臓はmhcを否定する。




エンジンが「心臓に該当している。


エンジンに、オヤジの心臓がきており「それが被害者のmhc」を迫害している。


しかし、うんこ=mhcを焼却していれば「かなり無事」になれているとおもわれる。



オヤジ自体も「被害要因」だが、「オヤジの登録の車」が


著しく、危険である。




とにかく、遠方ににげるほかない。


遠方では「ど田舎」が望ましい。そこでBやNを焼却しつづけることができれば○である。































この記事をはてなブックマークに追加

気管支、内臓迫害は「NTT電磁波」が使用されている。

2016-11-29 12:32:47 | できが良い記事
胃袋から、。気管支などの迫害があります。



それによって「脳」を否定するようにされ


「正しい心」を脳が意識できなくなってしまう。自身喪失につながります。



この迫害で重要なのは「バイクや車」などです。とくに車など一発で潰されるとおもわれ、


「保持、登録は危険である」と言えます。



バイクや車への電磁はの集積は「NTT、電話回線」の電磁波です。

NTT電磁波は、「虫歯」の意味もあり







この記事をはてなブックマークに追加

被害者の増加率=携帯電話の普及と一致していることから理解できたこと

2016-11-29 12:10:21 | できが良い記事
被害者の人格破壊など

やり方について理解できたことがあります。




まず、初めに「繰り返し」言いたいことは「オヤジの母親のmhc」が超重要であるので


第一に「県から離れること」「登録情報を親と一緒にしない」事、扶養など健康保険も一緒にしないこと

などです。


目先の迫害に目をむけず、この上記を「登録情報の」徹底しなければ「いつまでも無限ループの地獄」です。


テクノロジー犯罪被害の重さ=親元にいることで決まります!!!!!!!!


早く言えば「オヤジなどのうんこmhc」で起動させては「排除させる」を繰りかえしています。


お子さんも「親に苦しめられています」「親がうんこなどを焼却処分しつづければ、子供はずいぶん助かります」










「mhc」というのは、被害者の個人ネームプレート=「自己」である。

それ以外のばい菌などは「白血球」などなどにより排除されます。


前の記事にも書きましたが、

「mhc」は「脳」を否定する。

つまり「異物の脳」が移植されると「mhc」が異物として「脳」を排除するのです。



ここまでは学者さんの学説でかかれていましたが、


実は
「mhcは脳を否定」の他に、



「脳は「心臓」を否定」


「心臓はmhcを否定する」




この三つのパターンがあり



どんどん被害者を分解していっていると思われます。





人間の人格は、「心臓」とのつながりが重要であり、社会常識部分など、


加害者らは「脳が心臓を否定」するようにしむける







被害者は、漁港の鉄さびに「何年でも、固定されずっと束縛されている。」

「僕は7年ぶりに自己開放」できたことがあった。

やらなければずっと「手錠の生き方」」強制されていた。と自覚がありました。





実は「漁港の鉄さび」部分では、



「脳が心臓」を否定する部分である。とおもわれるのです。「社会常識部分」



バイクや車などから起こされて作られているとおもわれます。







漁港の↑こいつも重要な物体です。


被害者の車が下にあり、つながっているものです。


しかし、破壊などは不可能です。


これについては「心臓→mhcを否定」する部分である。とおもわれるのです。








一般人の方は、上記は理解しにくいことかもしれませんが、


早く言えば「被害者の分解では、上記のような無限ループ」が作られている。言いたいのです












この記事をはてなブックマークに追加

重要 正しい対抗策

2016-11-29 11:51:47 | できが良い記事
僕が住む、青森県には

東京のkくん、和歌山のNさんが逃げてきている。


まず、Nさんへ助言したことは「実家」へ帰らないこと。

登録住所の変更をすすめました。


kくんは青森の居心地がよいのか、去年もきていました。

しかし、彼は登録住所=親と一緒にあっているなどがあるために、不調な部分があるとおもいます。




被害者の不調とは=「オヤジや母親などのmhc」で生命や精神、性を起動させられているせいです。




テクノロジー犯罪被害者が「攻撃をうけて、自立し食べていく」というのが困難だからこそ、


親元でいきるしか、ないように誘導されますが、


親元で過ごすのは「人格破壊、体調の悪化」の無限ループになるだけです。



オヤジなどのmhcによって「人体を起動」されるのが「人格や健康破壊」になる大本になります。





被害者は「表面だけ」の攻撃になやまされ、「毎日」焦りますが

「目先のいやがらせ、攻撃」に


「磁石を買うとか、電磁グッツ」の購入などしますが


「1年間の集大成」=被害者の人間更新を取得されたことを見ると、

「目先の磁石」などを購入するなどは


「まるで、意味がありません!!!!!!」




攻撃をうけても「あせらず、親から離れる」「親から遠くに離れて生活する」同じ県にすまないこと



「登録情報」=「本籍」「住所」などを外れる。


加害者らの「登録」にもされているために「別の県」に逃げるなどを


僕はおすすめします。








「登録情報」こそが被害の倍数高い「1000」倍の第一の原因ともいえるからです。



もちろん「排泄Sおp焼却処分当たり前」です。


































この記事をはてなブックマークに追加

前回記事のつづき 親から離れるやり方と参考例

2016-11-22 14:10:13 | できが良い記事
テクノロジー犯罪は「登録情報」が重要であった。のですが

住所や本籍

車、バイクなどが重要要因でした。


しかし、ここで重要な著しく悪化する「ミソ」ですが「親と同じになると、著しく悪化する」ということです!!



親のMHCがかかわり「他人にも迷惑の迫害を、被害者がおこし」

被害者自身も


1年間たってみると「バイクなどによって」

1000倍~1万倍の大ダメージをうけてしまう。 免疫病にされ「ほっとくと、数年後には死亡されるほど」である。






まず、被害者全般的に「本籍が親と同じである」=つまり「戸籍が親と同じである」という部分が

「著しく被害要因」となっている部分です。


「たぶん、身体への重さ」などの被害において、著しい要因である




本籍は「島国」にする。沖永良部島、与論島などにするとgood。


もちろん、合法です。市役所には「もともと、親類がいた」「親の本籍地」などいえばよい。



②親の扶養から離れること。国民健康保険など「親の扶養に入っている」人は多い。



被害者が親の扶養に「入っていると、


自分自身も迫害をうけるが「親自身もとくに、胃袋が 迫害の要因」とされてしまう。




親の扶養から外れるのは「損」重税になりますが「健康や命にはかえられない」




③重要ミソ


バイクや車。




車など保有していると「致死に値するほど」になる。新車だろうが「すぐに手放さなければ、危ういものである」



毎年1年ごと1月1日=「被害者の重要な更新」の日月となるが、


車の保有と「親の登録つながり」などによって


著しい迫害の「登録」となってしまう。





うんちや尿、睡眠、自慰、入浴、食事など「人間更新」において「車とバイクは連動した状態」であること。



車は「致死」になる。耳印さんなど現在、膠原病であるようで「今回の記事を参考にし、対策をうたなければ」


膠原病状態をさらに「上塗り」し、その1年ごとに悪化し続け、数年後には「致死」にいたる可能性もある。



昔から日本人の死までにの経緯ですが、

膠原病など致命傷をうけ、数年後死亡などよくあることである。


※パナウエーブ時代からテクノロジー犯罪被害はあった。このリーダー女性は「全身がん」で死亡させられた。
同じように、被害者も死になる可能性がいろいろとある。











バリ島に逃げる。


バリ島などに逃げて助かった方など聞いたことがある。


バリ島は「滞在費が安い。1ヶ月の住居、食事代金は5万円もあれば豪勢にいける。節約で3万円ですごせるようである。

障害年金で十分やっていける。


飛行機などは、アルバイトなどによってためるほか無い。

この記事をはてなブックマークに追加

超重要、対策法は徹底した「登録住所」とくに!親からの「つながり」が著しく「害」になる

2016-11-22 13:22:32 | できが良い記事
被害者には100万円の価値ある情報



重要 「とくに親の扶養」「親と同じ住所」など


「親つながり」が著しく迫害をうける!!

登録情報でも「親」が重なっていると「親のMHC]が活用されて「胃袋の迫害などなど」ずっと24時間365日に「幽霊の成りすましの害の細胞リモデリング」を起こされ続けられる。




最近は、バイク=市役所登録のカブ90くらい。たいしたことがない。そうおもっていました


しかし、加害者らの「僕への多重の入り」については「バイク90cc」でもかなりの数の「工作員が」


「僕の人体の中へはいる=バイク90cc」より入ることをずっと続けていた。


しかも「母親を扶養」にしてから「非常に著しく苦しい攻撃化」していました。





最近は特に「税金の重税」に悩んでいました。




そのことから「母親」を扶養にし「父親、義理母」なども扶養にしようと考えていました。



「加害者らも、税金のことばかり」を僕に考えるようにずっと仕向けられていました。



父親を扶養にさせるためです。父親扶養にすると税金は安くなるが


「父親のMHC」=半分合致するものにて「ボディブロー」を食らわすように


バイクをかいして「僕の内部、中身の破壊」をできるようになれる。




とにかく、まとめると


「登録住所は 親つながり」を全部切れ!が超重要です。


「国民健康保険」=「親の扶養」によって


「扶養者の父の胃袋」=「扶養の子の頭」となり「胃袋の免疫が著しく低下する」


「扶養の父親の腹」など引きしまらなくなる。特に胃袋の強さが激減してしまう。


また、その迫害の際には「登録の車、バイクが人体とイコールとなって重要である」







たとえばですが


①本籍など「親と同じになり、戸籍も同じになっている」とおもわれる。


親とつながっているだけで「テクノロジー被害の迫害」のレベルの要因=「車」+「親の登録の重なり」からきているのです!!!




本籍は「離島にする」のがベスト!しかも「戸籍は独立する、親と一緒にしない」ことが重要です。


これをやるだけで「だいぶ迫害要因が減る」ことになれます!!




②扶養について

「税金の重さ」に重要にかかわっています。



しかし、24時間365日「扶養による、親のつながり」がおこされ

※親のつながりですが、いくら親が離れていても 親のMHCの害はうける。

※ぼくの失敗は、神奈川にいる「母親」を扶養にした。

そのおかげで、「親のMHC]とバイクにより


著しく胃袋など中心の迫害をうける。「免疫病になるような、「健康中身の迫害」である。




扶養はしないことが重要です。税金が安くなることにつられてはならない。





まとめると


○「本籍」「住所」など「親、兄弟」と一緒にしないこと。健康迫害=365日受け続ける。


○「税金の扶養」=親を扶養にしているのも「迫害要因」となる。



また、結婚なども「籍を同じ」にすることで「お互いが迫害し合い、不仲」になるとおもわれる。MHCはつながっていなくとも。内縁の妻にとどめておくこと。





また、バイク、車などですが


車の所有はご法度=「死んでしまうくらい」の拷問、迫害になるのは明白ですから


車は絶対に保有して張らない。


しかしバイクだけならばなんとか。と思いますが、バイクも保有してはなりませんが

「別人名義」であればOKであるとおもいます。

この記事をはてなブックマークに追加