AGAなら5αリダクターゼをブロックせよ!

AGA、いわゆる男性型脱毛症なのであれば注目すべきは5αリダクターゼだということです!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

5αリゼクターゼがDHTの発生に加担しているということ!

2016-12-28 10:41:17 | AGA
5αリゼクターゼがDHTの発生に加担していると言われていますが、5αリゼクターゼの抑制が効果的ということが分かっています。今回は、5αリゼクターゼについて詳しく紹介するので参考にしてみてくださいね。

5αリゼクターゼとは、体内で生成される酵素の一つとなっています。本来は、骨や筋肉、精子の生成、性欲の上昇に関係している男性ホルモンのテストステロンを補助する働きを持っています。

しかし、5αリゼクターゼが薄毛の原因やそのメカニズムに大きく関係しているということも分かっています。

5αリゼクターゼには、Ⅰ型とⅡ型の2種類がありますが、違いは、Ⅰ型は全身、及び側頭部と後頭部の皮脂腺に多く存在していて、分泌量が多い場合には、肌が脂っぽくなってしまいます。

Ⅱ型は、前立腺、及び前頭部と頭頂部の毛乳頭に多く存在していて、分泌量の甥人は、ヒゲや体毛が濃い人です。

5αリゼクターゼとテストステロンが結びつくことにより、より強力なジヒドロテストステロンが生成されます。DHTは毛根に入り込んで、細胞分裂を妨げるので、髪の毛の成長を止めて髪の毛が細くなってしまったり、抜けてしまったりします。

男性型脱毛症の原因としては、DHTの過剰生成によるもので、5αリゼクターゼの分泌を抑制することにより、DHTの過剰生成も抑える事ができるのです。

5αリゼクターゼは、健康的な体を作るためには必要な酵素ですが、5αリゼクターゼの分泌量には、個人差があり、遺伝的な要素が関係していると言われています。

ハゲは遺伝すると言われていますが、ハゲの原因となっている5αリゼクターゼの過剰分泌という体質が遺伝するので、ハゲは遺伝するのは正しいといえると思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | いくら頭皮の血行を良くして... »

コメントを投稿

AGA」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。