AGAなら5αリダクターゼをブロックせよ!

AGA、いわゆる男性型脱毛症なのであれば注目すべきは5αリダクターゼだということです!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

いくら頭皮の血行を良くしてもDHTが産生する限りハゲていく・・・

2016-12-28 10:42:03 | AGA
いくら頭皮の血行を良くしてもDHTが産生する限りハゲていくと言われていますが、本当なのでしょうか。悩みが深刻になって行くばかりだと自分に自信を持つことが出来ませんが、解消に導く事もできると思います。

ジヒドロテストステロンの元になっているのは、男性ホルモンのテストステロンです。テストステロンは、筋肉や性的予九など男らしさを維持する為に不可欠なものですが、その分泌量は年齢を重ねることにより減少してしまいます。

その結果、男性の身体は、体内分を補おうといして、より強力な男性ホルモンをつくろうとするのです。そのために、5αリダクターゼという酵素がテストステロンと結びついて、ジヒドロテストステロンに変化してしまうのです。

皮脂腺や毛乳頭は、髪の毛を成長させる役割を持っているので、そんな大事な部分で脱毛作用のあるジヒドロテストステロンを作られてしまうことにより、薄毛になってしまうのです。

5αリダクターゼによってできたジヒドロテストステロンは毛乳頭細胞の受容体に取り込まれることによりヘアサイクルを短くしてしまう厄介な力を持っています。

これも人により、毛乳頭細胞の受容体の感度が低い人と敏感な人とがいて、作られたジヒドロテストステロンの量が同じでも、受容体の感度が高い場合には、その分多く取り込まれるので、より薄毛になってしまうのです。

5αリダクターゼやジヒドロテストステロンの量を減らすことにより、毛乳頭の受容体の感受性を低くする事ができる有効な治療を行うことにより、悩みを解消に導く事ができます。

何より重要な事は、専門的な治療を受ける事が大切で、実際に、薄毛の悩みなどで専門科に受診することは少し抵抗を持ってる人も多いのですが、通うことにより、同じ悩みを抱えている人も多いので、安心感を持つことが出来ます。

実際に、悩みが深刻になってしまうことにより、精神的にもダメージを受けてしまうことになってしまいますが、専門的な治療を行うことにより、悩みを改善に導く事ができるので、悩みが減っていくと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5αリゼクターゼがDHTの発生に... | トップ | プロペシアを飲み始める時期... »

コメントを投稿

AGA」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。