こう鍼灸院は名古屋市東区にある頭痛、自律神経失調症、メニエール病、夜泣き治療専門鍼灸院です。

頭痛、自律神経失調症、メニエール病、夜泣きの症状解説や鍼灸治療、ボランティア、セミナー活動などご紹介します。

食中毒にご用心

2017年06月19日 | 鍼灸院日記
名古屋市のみなさんこんにちは

東区葵 愛大車道校舎前の

「こう鍼灸院」です

今日の名古屋市は

梅雨らしからぬ晴天です

気温も34℃を計測し

日本で一番暑かったそうです

こんな時期に増えてくるのが

「食中毒」

特にこれからの季節は

お弁当など要注意です

梅雨の季節は

湿度が高くなり

細菌やウイルスの

繁殖が盛んになります

食べ物を通して

細菌やウイルスが

体内に侵入することにより

・腹痛
・嘔吐
・下痢
・発熱

といった

症状の発症から

脱水症状
チアノーゼ
意識障害

といった

重篤となる症状もあります

また

下痢や嘔吐といった症状が

現れても

市販の薬などで症状を

無理に止めてしまうのは

お勧めすることはできません

下痢や嘔吐といった症状は

体内に入ってきた

細菌やウイルスに対しての

防御反応の一つなのです

一刻も早く体外へ

排出しようとする働きから

下痢や嘔吐が引き起こされる

ことが多いからです

症状より処方される薬も

異なりますので

医師の診断を受け

適切な処置を受けましょう

しかし

病院を受診しても

腹痛や下痢・吐き気が続く

食欲が戻らない

元気が出ない

などなど

そんな時は

鍼灸治療の出番です

「食中毒」に関わらず

腹痛・下痢・吐き気といった

症状には



「裏内庭(うらないてい)」

のお灸が効果的です

場所は

足の人差し指を

折り曲げて人差し指の腹が

足の裏についた場所が

裏内庭となります

このツボは指圧による

刺激よりもお灸による

熱刺激がとても効果的です

また食中毒だけではなく

妊娠中の

「つわり症状」に対しても

効果的なのです

そして

先日の暑さ対策のツボ

としてご紹介した



「足三里(あしさんり)」

にもお灸をすると

胃腸の調子を整え

元気にすごせるようになります

食中毒後の症状に限らず

胃腸の不調時には

お気軽にご連絡ください

まだまだこれから

暑い日が続きます

体調に気をつけて

お過ごしください

それではまた



名古屋市東区葵2-3-13 みねビルディング1F
TEL.052-937-1189

こう鍼灸院ホームページへ

こう鍼灸院電話


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 耳鼻咽喉科学会と顔面神経学会 | トップ | おねしょと夜尿症 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。