こう鍼灸院は名古屋市東区にある頭痛、自律神経失調症、メニエール病専門鍼灸院です。

頭痛、自律神経失調症、メニエール病、夜泣きの症状解説や鍼灸治療、ボランティア、セミナー活動などご紹介します。

最期の寄り添い方

2018年02月24日 | 鍼灸イベント
名古屋市のみなさんこんにちは

東区葵 愛大車道校舎前の

「こう鍼灸院」です

名古屋市は今週に入り

暖かい日も出てきましたが

1日の温度差も大きく

まだまだコートやダウンが

はなせませんね

さて今回は

平成30年2月18日(日)に

四日市総合会館にて

明日の地域医療を

考える住民の会

あした葉主催の講演会

それぞれの最期

~地域とのかかわり~

に参加してきました



講師は

ご主人の最期を

4人の子どもたちと

自宅で看取り

それをドキュメンタリー映画

「いきたひ」を自身で

製作されました

長谷川ひろ子さん

介護職などの経験を経て

平成14年に看取りの家

「なごみの里」を設立されました

看取り士の柴田久美子先生

平成21年に三重県の

四日市市に緩和ケアを

中心とした在宅医療専門の

「いしが在宅ケアクリニック」を

開設されました

いしが在宅ケアクリニック院長の

石賀丈士先生

の御三方です




今回のテーマは

看取り 在宅医療 です

今から

50年程前の日本では

畳の上で産まれ

畳の上で死を迎えていましたが

現在は患者さん自身の

希望としては自宅で

最期を迎えたいというのが

一番であるにも関わらず

病院の病室で最期を

迎えることが一般的となっています

看取りの文化が衰退し

子どもが臨死の場面に

立ち会えないことも多く

そのため死をわからない子どもが

増えているのが現状です

長谷川ひろ子さんのお話の中で

看取りの「看」という字は

「手」の下に「目」と書き

看て取るためには

まず手で触れないと

始まらないということを

教えてくれている

息を引き取られた方の体が

「冷たくなってきた」

「硬くなってきた」と感じている

最中に尊く大きなエネルギーが

看取る側の人にどんどんチャージ

されていくとあります

病院で看取ることが増え

最期のときに立ち会うことが

難しかったり

触れることができなかったり

するため死に対する恐怖も

出てきてしまっている今

死に対して恐れず

最期まで生きるところを見届け

手助けをし

エネルギー「生命のバトン」を

受け取ることが大切だそうです

わたしたち鍼灸師は

病気や症状が重く

治療院まで治療に

来ていただく事が困難な方々の

ところ(ご自宅や施設)へ

往診に行くことがあります

看取りに立ち合うことは

ありませんが

最期を迎えるまでの間

その方が最期まで生き切る

手助けや本人や御家族の

心と体に第3者の立場として

寄り添うことができます

今回の講演を通して

改めて患者さんの人生に

そのような形で関わることが

できていることを感じ

これからも誇りを持って

診療に臨みたいと思います


~~~~~~~~~~~~~~~~
地下鉄桜通線 
車道 駅4番出入口から
西(名古屋駅方面)へ徒歩1分

地下鉄東山線・JR中央線
千種 駅1番出入口から
北西へ徒歩5分

頭痛/自律神経失調症/難聴
メニエール/夜泣き 専門鍼灸院

こう鍼灸院

名古屋市東区葵2-3-13 みねビルディング1F
TEL.052-937-1189

こう鍼灸院電話





この記事をはてなブックマークに追加

日本健康創造研究会 in ウインクあいち

2018年02月20日 | 鍼灸院日記
名古屋市のみなさんこんにちは

東区葵 愛大車道校舎前の

「こう鍼灸院」です

今回のテーマは

平成30年2月11日(日)

ウインクあいちにて行われました

日本健康創造研究会に

参加してきました

日本健康創造研究会は

西洋医学・東洋医学

補完代替医療など

さまざまな視点で

一つの命に向き合い

現代医療の抱える問題点を考え

究極の医療の仕組みをつくりたい

命の可能性を大切にしたいと

2016年に発足されました





さて

4回目となる今回のテーマは

「知ってトクする心と

身体の関係」で

講師はウイスコンシン

医科大学教授

クリニック徳院長の

高橋徳先生と

九州大学総長

心身医学教授の

久保千春先生でした

今回は講演の中で

高橋徳先生が

オキシトシン健康法と話されていました

オキシトシンについて

紹介したいと思います

幸せホルモンとも呼ばれている

オキシトシン

一度はみなさんも耳にしたことが

あるのではないでしょうか

オキシトシンとは

脳の視床下部というところから

分泌されるホルモンで

分娩時の子宮収縮や

母乳分泌のほか

抗ストレス作用
鎮痛作用
自律神経調節作用など

があります

オキシトシンが

たくさん分泌されることで

自律神経が整い

ストレスにも強くなります

また

副交感神経

(リラックスしている時に

優位になる神経)の

働きを高めてくれるため

胃腸の調子や血圧上昇を

抑えてくれます

では

どうすればオキシトシンの分泌量を

増やすことができるのでしょうか

それには2つの方法があります

まず一つ目は

心地よい五感

(視覚、嗅覚、聴覚、味覚、触覚)

の刺激です

例えばきれいな景色を見たり

おいしいものを食べたり

好きな音楽を聴いたりするなど

五感に刺激を与えることです

また愛情ホルモンとも

呼ばれており心地よい

スキンシップをするのも

分泌を増やしてくれるそうです

鍼灸治療も人に直接触れているため

鍼灸治療を受けることも

オキシトシンの分泌量を

増やしているのですね

そしてもう一つ目は他者への共感です

ある長寿の村では長生きの秘訣として

食生活や運動のほかに

社交性(人づきあい)があるそうです

それは積極的に人と交流することや

相手に興味を持つことによって

自分や相手のオキシトシンの分泌量を

高めるためだと考えられており

健康や長生きに繋がります

みなさんも日頃の生活から

意識してみてはいかがでしょうか

最後のラウンドテーブル

ディスカッションにて

現在 人工知能が増えているが

ロボットによる患者さんへの問診は

可能であるかという問いかけがあり

それは不可能なところがあるという

やりとりがありました

その理由に患者さんへの問診は

ただ症状を聞くだけではなく

その患者さんの背景を

考えて行わなければならない

画像検査などはできても

患者さんの心情は感じることが

できないため

医者や鍼灸師はなくなることは

ないとのことでした

私たち鍼灸師は

患者さんに直接触れ

患者さん一人一人と向き合って行ないます

今回の研究会を通して

改めて鍼灸治療に誇りを持って

これからも続けていきたいと思います


~~~~~~~~~~~~~~~~
地下鉄桜通線 
車道 駅4番出入口から
西(名古屋駅方面)へ徒歩1分

地下鉄東山線・JR中央線
千種 駅1番出入口から
北西へ徒歩5分

頭痛/自律神経失調症/難聴
メニエール/夜泣き 専門鍼灸院

こう鍼灸院

名古屋市東区葵2-3-13 みねビルディング1F
TEL.052-937-1189

こう鍼灸院電話



この記事をはてなブックマークに追加

鍼灸ボランティア in 新城マラソン

2018年01月24日 | 鍼灸イベント

名古屋市のみなさんこんにちは

東区葵 愛大車道校舎前の

「こう鍼灸院」です

関東地方は雪で大変なことに

なっていますが

名古屋市も週末にかけて

より一層寒くなり

週末は雪の予想です

名古屋市内は

インフルエンザが大流行しています

ますます拡大していきそうですね

さて 今回は

2018年1月21日(日)

新城市の県営

新城総合公園陸上競技場にて

第42回新城マラソンが開催され

鍼灸マッサージボランティアに

参加してきました

昨年は大雪の中行われましたが

今年は天候にも恵まれ大勢の

参加者でとても

盛り上がっていました

新城マラソンの参加者は

他の大会と比べると

年齢層が幅広く

小さいお子さんから

お年寄りの方まで

走られます

健康管理で参加されている方や

今年初めてマラソンに

挑戦する方も大勢

いらっしゃいました

鍼灸ボランティアブースには

なんと 約300人 の方が

来てくださり

鍼を初めて

受ける方や親子連れの方も多く

受ける前は 鍼は怖い 痛そう 

と言っていた方でも

見ているうちに

やってみたくなったと

体験される方もいました



実際に受けてみると

鍼は痛くない

鍼をして体が温かくなってきた

いつもより楽に走れた

など驚きの声も聞こえました



鍼灸ボランティアブースに

こられた方の症状は

肩こり
腰痛
坐骨神経痛
膝痛
ふくらはぎの痛み 

といった走ることで

起こる症状や日常生活に

支障をきたす症状があり

来られた方の中には

痛みがずっと前からあるなかで

我慢して走られている方もいました



マラソンに参加された方の中には

日頃からのトレーニングや

コンディショニングケアを

十分に行えていない方や

初めて長距離を走った方では

ふくらはぎの筋肉が

硬くなり痛みを

訴える方が多かったです

ふくらはぎの筋肉について

簡単に説明すると

ふくらはぎの筋肉は

腓腹筋とヒラメ筋があり

地面を蹴る時に主に作用します

またふくらはぎは

「第二の心臓」

と言われており

重力によって

下半身に溜まりがちな血液を

心臓に戻す働きをしています

そのため走りすぎなどといった

過度なストレスが加わると

筋肉が硬くなり痛みに繋がったり

筋肉が上手く

機能しなくなることで

血行不良から

冷えやむくみを生じます

また柔軟性が足りないことから

肉離れも起こしやすくなります

そのため日頃から

トレーニングやケアを

行うことが大切です



硬くなった筋肉に鍼をすると

血流が改善され筋肉も

ほぐれていくため

痛みの軽減やケガの予防にも

なります

レース前後に

コンディショニングケアを

された方からは

自己ベストを出せた
鍼をしたから走りやすかった
またやってほしい

といった嬉しい声を

たくさんいただきました

コンディショニングケアのほかにも

鍼によって日頃の健康管理もできます

これからも健康でスポーツも楽しめるよう

鍼灸を生活に取り入れてみては

いかがでしょうか

ここ何年かで

鍼を受けたことがあるという方が

増えてきました

しかしまだ知ってはいても

実際に受けたことがない方が

多くみられます

これからも

マラソンボランティアなどを

通して

鍼灸の良さを知っていただき

みなさんの身近なものとなるように

活動を続けていきます

~~~~~~~~~~~~~~~~
地下鉄桜通線 
車道 駅4番出入口から
西(名古屋駅方面)へ徒歩1分

地下鉄東山線・JR中央線
千種 駅1番出入口から
北西へ徒歩5分

頭痛/自律神経失調症/難聴
メニエール/夜泣き 専門鍼灸院

こう鍼灸院

名古屋市東区葵2-3-13 みねビルディング1F
TEL.052-937-1189

こう鍼灸院電話



この記事をはてなブックマークに追加

新城マラソン鍼灸ボランティア

2018年01月20日 | 鍼灸院日記
名古屋市のみなさんこんにちは

東区葵 愛大車道校舎前の

「こう鍼灸院」です

突然ですが

今年も鍼灸ボランティア

参加します!

まずは

マラソンボランティア

第42回 新城マラソン に

鍼灸ボランティアとして

参加をします

日時は

平成30年1月21日(日曜日)

開催場所

新城総合公園陸上競技場

毎年この時期に

開催される行事には

雪が降る可能性があります

天気予報では「晴れ」

ですが

寒くならないか

心配しながら

準備を行なっています


今年の天気が

マラソン日和の良い天気と

なるように

祈っています


ボランティアブースに

来て下さる方々の

お力になれるよう

頑張ります!!

そらに

今年は同日

愛知県田原市内で

もう一つ

マラソンイベントがあります

以下

「お知らせ」



第2回田原市芦ヶ池
ぐるっとマラソン大会

開催日

平成30年1月21日(日曜日)

開催場所

サンテパルクたはら周辺


当院の関連治療院の先生たちが

二手に分かれ

活動します

お近くの方は

この機会に

是非お越しください


各マラソンに参加される方

応援に来られる方

当日会場で

お会いしましょう!!

~~~~~~~~~~~~~~~~
地下鉄桜通線 
車道 駅4番出入口から
西(名古屋駅方面)へ徒歩1分

地下鉄東山線・JR中央線
千種 駅1番出入口から
北西へ徒歩5分

頭痛/自律神経失調症/難聴
メニエール/夜泣き 専門鍼灸院

こう鍼灸院

名古屋市東区葵2-3-13 みねビルディング1F
TEL.052-937-1189

こう鍼灸院電話





この記事をはてなブックマークに追加

鍼灸 漢方 を医学に認定 WHO(世界保健機関)

2018年01月16日 | 鍼灸院日記
名古屋市のみなさんこんにちは

東区葵 愛大車道校舎前の

「こう鍼灸院」です

鍼灸の世界にとって

うれしいお話がありました

平成30年1月9日(火)

産経新聞WEBニュースに

漢方薬や鍼灸など「伝統医療」を

WHO(世界保健機関)が

「医学」に認定

というニュースが掲載されていました

http://www.sankei.com/life/news/180109/lif1801090004-n1.html


以下記事抜粋

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

漢方薬や鍼灸(しんきゅう)など日本や中国の伝統医療が、今春にも開催される世界保健機関(WHO)の総会で認定される方針であることが8日、関係者への取材で分かった。具体的には、国際的に統一した基準で定められた疾病分類である「国際疾病分類」(ICD)に、伝統的な東洋医学の章が追加される。100年以上、西洋医学一辺倒だった世界の医療基準の転換点となるとともに、中国と異なり独自に発展してきた日本の伝統医療の再評価につながる。
 関係者によると、WHOが伝統医療に注目したのは、同機関で扱う医療の統計が西洋に偏り、伝統医学での治療に依存しているアジアなどでほとんど統計が取られていないとされる「情報格差」を埋めることが目的にあるという。
 ICDは1900(明治33)年に初めて国際会議で承認、日本でも同年に採用された。約10年ごとに改訂され、現在は全22章から成るが、日本や中国などに根差した「伝統医療」が新しい章として加わる。病名や患者の体質を示す「証(しょう)」が約300項目記載されるという。
ICDの作成にも携わった千葉大の並木隆雄診療教授(和漢診療学)は「WHOに公式に認められれば、日本の伝統医療の地位向上に役立つ。科学的な調査のもと、漢方の有効性も検討でき、成果は国民に大きく還元される」と話した。
 日本の漢方は古代中国に起源があるものの、西洋医学と融合し、中国とは運用方法や処方の作り方も異なるなど独自の発展を遂げた。鍼灸も奈良時代に漢方とともに伝えられ、「日本の医療」として進化。特に中国はボールペンの芯ほどの太い鍼(はり)を使うが、日本は髪の毛ほどの細い鍼を使うところに特徴がある。
 病気に対し狙いを絞って対処する西洋医学に対し、東洋医学では、病気は全身の体内バランスが崩れて起こるという考えを持ち、同じ症状でも患者の体質によって治療を変える。日本では昭和51年に147種の漢方エキス製剤が医療保険に適用。漢方医学は平成13年から医学教育に、14年からは薬学教育にも導入された。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今後も

鍼灸の認知度

効果 効能など

正しいものが

広がるよう

活動していきます!



~~~~~~~~~~~~~~~~
地下鉄桜通線 
車道 駅4番出入口から
西(名古屋駅方面)へ徒歩1分

地下鉄東山線・JR中央線
千種 駅1番出入口から
北西へ徒歩5分

頭痛/自律神経失調症/難聴
メニエール/夜泣き 専門鍼灸院

こう鍼灸院

名古屋市東区葵2-3-13 みねビルディング1F
TEL.052-937-1189

こう鍼灸院電話



この記事をはてなブックマークに追加