言の葉に癒されて

日常の出来事や心模様を詩や短歌で綴ります(^^) (BGMが流れます。ご注意を!!)

都会のアゲハチョウ

2017-08-29 09:22:17 | 
歯医者の帰り道
夏の空は晴れて遠くに入道雲
もう陽が短くなっている

暑さも柔やらかく
沈もうとする太陽に
雲もビルも夕焼けに
染まり始めている

信号待ちで
止まっている車
バックミラーと戯れるように
黒いアゲハチョウが舞っている
妻と私に挨拶をしているよう
走り出すと
美しい夕陽の空へ消えていった

都会を舞う蝶と出会えて
都会にある自然と出会えて
嬉しさがこみ上げてくる

さあチョコが待っている
家路を急ごう

消えていった蝶に
「元気でね」と呟く私は
笑顔になっていると
暮れ始めた太陽と入道雲
微笑みながら教えてくれた


〔花もないのに黒いアゲハチョウが綺麗に舞っていました

追記 次回投稿は9月1日(金)を予定しております。
ご了承のほどお願いいたします<(_ _)>
コメント (36)
この記事をはてなブックマークに追加

光の世界へ

2017-08-25 09:10:16 | 再掲載の詩
誰の胸にも闇はあり
誰の胸にも光あり

闇の力の恐ろしさ
すべてを壊し人を傷つけ
暗転連鎖止まらない

止める力はただ一つ
胸の光を強くして
光転循環起こすこと

笑顔優しさ感謝の心
すべて光を強くする

胎動始める小さな願い
闇と光をしっかり掴み
光の心で育てたい

混沌極まる今の世界に
光の願い広げて行きたい


〔再掲載の詩。先の見えない今の時代、光の心が大切です

追記 次回投稿は8月29日(火)を予定しています。
ご了承のほどお願いいたします。
コメント (24)
この記事をはてなブックマークに追加

冷夏の葉月

2017-08-22 09:29:11 | 
気温は夏に戻ったようで
陽射しも少し顔を出し
「まだ夏なんです」と
太陽が頭かきつつ苦笑い

夏の青空しっかり出ぬが
スカッと晴れて暑さが欲しい

スイカも
アイスも
美味しくなるぞ

そうめんだって喉越しツルリ

残り少ない葉月の時を
暑い陽射しを浴びながら
青空見上げて微笑みたいから
夏の太陽 顔晴って
明日快晴待っていますよ


〔今年は冷夏ですね。東京だけかなぁ

追記 次回投稿は8月26日(土)を予定しています。
ご了承のほどお願いいたします<(_ _)>
コメント (40)
この記事をはてなブックマークに追加

母への想い

2017-08-18 09:37:41 | 
母の患っている認知症
ゆっくりとしかし確実に進行している

日にちや曜日の感覚はもうなく
デイケアに行く日も忘れて
「今日は行く日だっけ」
毎日尋ねてくる

もう独りでは風呂に入れず
料理も出来ないので
弟の妻と私の妻と
順番に面倒を見ている

昔はテキパキと何でもこなし
料理も天下一品だった

小さな花が好きで
四季折々の花を植えては
嬉しそうに笑顔で水をあげていた

もう今は戻れない

それが無性に寂しくなるときがある

無情に時は流れて行く

笑顔
今も変わっていない

この笑顔を何よりも愛しく想うから
たとえ病が進行したとしても
出来るだけのことはしたいと想う

あなたが産んでくれたから
私はここにいる
限りない感謝を笑顔に込めて
母に送り続けている


〔母ッ子だった私、いつまでも長生きして欲しいです

追記 次回更新は8月21日(月)22(火)の予定です。
ご了承のほどお願いいたします。
コメント (40)
この記事をはてなブックマークに追加

八月の祈り

2017-08-14 07:39:02 | 
広島の原爆も 長崎の原爆も
御巣鷹山の日航機の悲劇も
あの世に還った魂達は
「繰り返すな 繰り返すな」
叫び続けている

第二次世界大戦の終わった日
終戦記念日に我々人間は
深く考えなければいけない

苦しみを作る種も
悲しみを生む元も
心深く息づいていることを

生かされていることへの恩恵を
持たなければ
生きていることへの感謝を
持たなければ
過ちを犯し人を傷つけてしまう

私も例外ではない
例え過失であったとしても
許されることはない

心をしっかりと立てて
前を向き労りの心を忘れずに
笑顔で生きて行きたい

立秋を過ぎた夏の空に
両の手を組んで
私は祈りを捧げ続けている


〔戦争や大きな事故を語り継ぐこと大切です

追記 次回更新は8月18日(金)の予定です。
ご了承のほどお願いいたします<(_ _)>
コメント (32)
この記事をはてなブックマークに追加