言の葉に癒されて

日常の出来事や心模様を詩や短歌で綴ります(^^) (BGMが流れます。ご注意を!!)

叫び

2016-01-31 16:18:27 | 

声に出して叫びたい
俺はここにいるぞ!

声に出して叫びたい
俺は苦しいぞ!

声に出して叫びたい
俺は楽しいぞ!

声に出して叫びたい
俺は焼き肉が好きだぞ!

声に出して叫びたい
俺は妻と娘が大事だぞ!

声に出して叫びたい
俺の仲間は最高だぞ!

声に出して叫びたい
俺は歩けないけど幸せだぞ!

最後に一つこれだけは絶対に叫びたい
俺は 俺は 精一杯生きているぞ!


〔1月も今日で終わり。最後は「叫び」で締め括りたいと想います
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

顔晴れば

2016-01-31 09:16:26 | 短歌
「頑張れは 片意地張って疲れそう 顔を晴れやか顔晴れがいい」

「顔晴れば 小さな幸せついてくる 微笑みかけて手を繋いで行く」

「手を繋ごう 冬はまだまだ寒いけど 温もり伝うこの掌に」

「掌は 優しく強く暖かく 笑顔添えれば寒さ消え去り」

「寒さ消え 暖かな春皆呼ぼう 春立ち上がる立春近し」



「顔晴れ」は歌手の平原綾香さんの作った造語です。
「顔を晴れやかに顔晴る」いいですよね
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

頑張・・・

2016-01-30 11:16:09 | 

頑張れ
頑張ろう
頑張ってください
頑張りすぎないでね
頑張らなくもいいよ

どの言葉を送れば
あなたは癒されるのだろう

きっとどの言葉も
あなたには届かないかもしれない

だって私は
あなたの心を知る術を持っていないから
あなたの想いに寄り添う智慧を知らないから

食べたいときに冷蔵庫を開けられる私
飲みたいときに蛇口から水を飲める私
暗ければ電気の明かりを使える私
入浴も睡眠も気兼ねなくできる私

感謝の想いはあるけれど
でも
あまりに恵まれ過ぎている

こんな私に言葉を送る資格など無いのかもしれない

だけど
あなたに届けたいことがあるのです
できるならあなたの顔や目を見て
その痛みや苦しみをほんの少しでも感じたいのです

無言のままでもいい
心の底のもっと奥から湧いてくる
「あなたに寄り添いたい」という想いを伝えたいのです

それが私の本当の「願い」なのかもしれない
この「願い」を少しでも実現できるように生きていきたい


〔あの日、この穏やかな海が悪魔に変貌してしまいました

この詩は私の作品第1号です。
2011.3.11 テレビに映し出された光景忘れることは無いでしょう。
そして人々の叫び「水が無い。食料が無い。」
私に出来ることは何か真剣に考えました。
言葉を贈りたい、詩の才能なんて無いけれどせめて届けたい。
この詩はこうして誕生しました。
下手な詩ですが読んで頂けると嬉しいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浅い昼寝

2016-01-30 08:41:39 | 

昼寝の眠りは浅いから
チョコの鳴く声
妻の足音
気になり夢も見られない

それで眠気に勝てなくて
瞳を閉じて寝返り打って
夢の扉に辿り着こうと
顔まで布団を掛けてみる

遠くで誰か呼ぶ気配
浅く開いた夢の仕業か

痺れる足のアテトーゼ
気配をすぐに消し去って
扉を閉めて現実へ

英気養う昼寝だけれど
たまに疲れる時もある

生かされ生きるこの世界
色々あると苦笑い

布団捲って起た横には
得意の顔舐め早くしたいと
お座りしながらチョコはいて
可愛い笑顔で待っててくれた


〔チョコは顔舐めが大好き。私に乗かって10分以上舐めています
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

笑顔のために

2016-01-29 16:37:28 | 
いつも笑顔でいるために
悲しい時は涙を流そう

いつも笑顔でいるために
苦しい時は辛いと叫ぼう


心の想いを隠さずに
素直に前向き過ごすなら
自由はきっと掴めるだろう

いつも笑顔でいるために
楽しい時は鼻歌唄い

いつも笑顔でいるために
嬉しい時は身体で笑おう

この身に宿る障がいも
すぐに飛び出すアテトーゼ
しっかり受け止め生きるなら
笑顔の素に変わるだろう

いつも笑顔でいるために
小さく煌めく幸せを
そっと包んで今日も歩こう


〔様々なことを経験してきたお婆さんの笑顔は美しいですね
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加