言の葉に癒されて

日常の出来事や心模様を詩や短歌で綴ります(^^) (BGM調整中です)

片恋

2017-10-18 09:28:34 | 再掲載の詩
未だに消えない恋心
輝く笑顔夢の中
ときめく想いも蘇り
目覚めたときも胸は震えて

片恋だから想いは言えず
片恋だから心は届かず

桜の如く静かに散った

歩けたならば違っただろうか
散ることもなく届いただろうか

歩けぬことは理由にしない

だから片恋美しい

時は流れて三十年
今は幸せ掴んでいると
風よあの子に伝えて欲しい

あの子もきっと幸せ掴んで
変わらぬ笑顔で暮らしていると
心の底で掌合わせ
信じてそして願っています


〔片恋・・・伝えられない恋。懐かしい思い出です

追記 次回投稿は10月22日(日)の予定です。
ご了承の上お待ち下さいd(^-^)ネ!
コメント (30)
この記事をはてなブックマークに追加

私の証

2017-10-14 06:58:21 | 再掲載の詩

私が私である証 大きな声で笑うこと
私が私である証 挫けることなく生きること

家族を守り友に感謝し
今に孕んだ未来を信じ
歩幅確かめ進んで行こう

私が私である証 強く優しい心でいること
私が私である証 青空草木の好きなこと

脳性マヒの障がいも
歩けぬ身体 アテトーゼ
すべて愛しく想いたい

私が私である証 探せば沢山あるけれど

時の流れで変わらぬように
宝の如く胸に抱(いだ)こう


〔私の笑い顔に似ている仏像さん。頭も坊主でそっくり
今朝、チョコの様子がおかしいのでコメント欄は閉じます。
コメント欄開きます。よろしくお願いしますm(__)m
チョコは肝臓病で入院しました。心配ないようです(^-^)

追記 次回の投稿は10月18日(水)の予定です。
お待ち下さいd(^-^)ネ!

コメント (32)
この記事をはてなブックマークに追加

新しい人間

2017-10-10 09:20:38 | 
大自然の力の前で
なす術もなく
人間は無力となる

地震 雷 豪雨
人間の作り上げた
全ての物を
命すらも
奪い去って行く

人間はそれでも
前を向いて
進もうとしている

悲しみや苦しみを超えて
新しい未来を
築こうとしている

人間は
「生まれ変わる」力を
携えている
悲しみや苦しみは
その証かもしれない

「新しい人間」は
自然と共に生きる術を
持たなければいけない
自然の一部となる心を
知らなければいけない

同じ過ちを繰り返さないために
原発の過ちを繰り返さないために


〔災害は何時来るか分かりません。自然と共に生きて行きましょう

追記 次回投稿は10月14日(土)の予定です。
ご了承のほどお願いいたします<(_ _)>
コメント (34)
この記事をはてなブックマークに追加

大切な人

2017-10-06 09:28:21 | 再掲載の詩
ぼくの声聴こえますか
あなたより
随分歳は重ねてしまったけれど
あの頃の笑顔
忘れられません

ぼくの顔見えていますか
あなたより
少し老けてしまったけれど
あの頃の優しさ
あなたの声と共に
今も色褪せていません

ぼくを気遣い
愛してくれたあなたを
とても
とても
大切に想っています

大らかな心
ちゃんと引き継いでいます
信じる心
ちゃんと育んでいます

みんなあなたに教わった
大事な心の持ち方です

何時かあなたの元に還る時には
あの頃の笑顔で向えてください

第二の母 大切なおばさん


〔30代で天へ還った叔母さん。海のように広い心の持ち主でした

追記 次回投稿は10月10日(火)の予定です。
ご了承のほどお願いいたします<(_ _)>
コメント (35)
この記事をはてなブックマークに追加

幸せの一瞬

2017-10-02 09:26:13 | 再掲載の詩
髪の毛髭に手足の爪は
出来れば伸びるの止まって欲しい

だって切るのが大変だもん

髪の毛切るときゃ首が動くし
爪を切るときゃ手が震え
どうにも止まらぬアテトーゼ

神から貰ったこの身体
歩けぬだけならまだいいが
余計な動作が付いている

それでも生きて生かされて
感謝せねばと想うけど
やっぱり慣れぬアテトーゼ

どうか神様お願いします
伸びて止まぬ余計なものか
何時も飛び出すアテトーゼ
どちらか一方止めて下さい

無理なお願い祈っていたら
何やらチョコが吠え出して
妻と娘の叱る声
ふと幸せを胸に感じて
全て条件このまま生きると
祈る言葉を想わず変えて


〔障がいは条件であり個性。私自身である証なんですよね

追記 次回投稿は10月6日(金)予定です。
ご了承のほどお願いいたします<(_ _)>
コメント (26)
この記事をはてなブックマークに追加

チョコの言葉

2017-09-29 09:32:08 | 再掲載の詩
ぼくの名前はチョコ

「ワン ワン ワン」
(ママがいないよー)

「すぐ帰ってくるよ」

「ワウー ワン」
(誰か来たよー)

「誰もいないぞ」

「クー クー クー」
(お腹空いた)

「ご飯食べるか」

「ハウー ワン!」
(遊ぼうよ!)

「よしボール投げしよう!」

パパはよく話し聴いてくれる
ぼくの言葉 犬語なのに
いつも甘えちゃうの・・・うれしい


〔チョコは今年11歳。まだまだ元気いっぱいです

追記 次回投稿は10月2日(月)の予定です。
ご了承のほどお願いいたします<(_ _)>
コメント (34)
この記事をはてなブックマークに追加

歩けない理由(わけ)

2017-09-26 09:35:25 | 
ずっと考えてきた
私の歩けない身体について

手の震え
筋肉の緊張
無意識に動く首
人から見れば異様に見える動き
なぜこの身体になったのか

悔しい想いは
数えれば限りない
羨む想いも
数えれば限りない

この身体を恨んだことも
何度あったことだろう
恨んだまま
最期を向えていたのかもしれない

でも・・・気付けた
ガンと言う病が
私を導いてくれた
私に呼掛けてくれた
「あなたにしか出来ないことがある」

見えないものが見えてきた

優しさや温もり
友情や絆
多くの人に支えられて生きている
感謝の想いが溢れた
「ありがとう」
心で何度叫んだだろう

私は今
誰かを支え寄り添いたいと願っている

この身体だからわかる
人の痛み 苦しみ
少しでも癒せればと本当に想う
辛かった自分と重なるから
少しでも楽になればと心から想う

この身体だから出来ること
この身体でなければ出来ないこと

この「願い」を決して忘れない


〔痛みを知る人は人の痛みが分かる。私はそう信じています

追記 次回投稿は9月29日(金)の予定です。
ご了承のほどお願いいたします<(_ _)>
コメント (38)
この記事をはてなブックマークに追加

現在(いま)

2017-09-22 09:44:35 | 再掲載の詩
現在とは
永遠の過去の積み重ね
あらゆる生命が作り上げた
時間と呼ばれる流れの一瞬

現在とは
永遠の未来の始まり
あらゆる生命の営みが作り出す
流れ続けて行く時間の一瞬

現在を生きるとは
あらゆる過去と
あらゆる未来を
受止めて行くことではないだろうか

どんな過去でも
消し去ってはいけない
どんな未来でも
諦めてはいけない

過去を大事に行きたい
未来を信じて行きたい

現在とは
過去と未来の分岐点

だからこそ
現在を大切に歩み続けて行きたい


〔過去を大事に出来なければ明るい未来は来ないと想います

追記 次回投稿は9月26日(火)の予定です。
ご了承のほどお願いいたします<(_ _)>
コメント (34)
この記事をはてなブックマークに追加

初秋の青空

2017-09-19 09:33:07 | 
台風一過の高い青空が
広がっている

都会の街は青空に覆われ
遠くに見える家の間も
雲一つない空が青く染める

太陽は空の真ん中で
「まだ夏だ」
威張りながら気温を上げている

隣の庭の秋桜が
吹く風に靡いて
初秋の歌を口ずさんで

晩夏は去り秋が来るのか

この秋に出会う様々なことを
この空のように広い心で
受け止めて行きたい

生かされ生きる感謝を
この両手にしっかりと携え
今この一瞬を大切にしたい

紅葉を始める準備に忙しい
銀杏や紅葉達も
青空を見上げて
優しく輝くように微笑んでいる


〔いよいよ秋の到来。でも今日は暑かったなぁ
注:この詩は昨日書いたものです。

追記 次回投稿は9月22日(金)の予定です。
ご了承のほどお願いいたします<(_ _)>
コメント (26)
この記事をはてなブックマークに追加

時の主として

2017-09-15 09:41:34 | 再掲載の詩
流れる時を止められるのなら
月日も年も遡り
若い自分に戻ってみたいと
ときには想うことがある

選んだ道の分岐点
選び直してみたいと想う

どんな自分になっているのか
想像するは楽しくて
違う自分と話してみたい

けれど今ある自分が一番

妻や娘やチョコもいて
こんな幸せ他にない

選んだ道に違いはないと
心の底から確信できる

この幸せを膨らませ
守って行くのが私の仕事

時の流れを遡り
選んだ道は正しいと
違う自分に告げておこう

そして私は今日もまた
選んだ幸せ噛みしめて
生かされ生きる明日目指して
ただひたすらに歩んで行こう


〔過去の自分に会って話しがしたい。笑顔でいるかなぁ

追記 次回投稿は9月19日(火)の予定です。
ご了承のほどお願いいたします<(_ _)>
コメント (32)
この記事をはてなブックマークに追加