言の葉に癒されて

日常の出来事や心模様を詩や短歌で綴ります(^^) (BGMが流れます。ご注意を!!)

暑い季節へ

2017-05-22 09:29:52 | 
街を歩く人々の交わす言葉
「暑いですね」

夏に変わった太陽は
「俺の季節だ」
威張り輝く

梅雨の気配も感じないのに
陽射しは強く
アスファルトを焼く

窓の照り返し
車のフロントガラス

みんな暑さの増幅装置

夏本番が来たならば
どれほど暑くなるのだろう

スイカ アイス かき氷
喉から手が出るほど
欲しくなるだろう

夏本番に備えて
エアコンの掃除を始めた妻は
「夏の前に痩せたい」
真剣な顔で汗にまみれていた


〔昨日は暑かったですね。今年の夏もきっと猛暑です

追記 5月24日~5月25日まで投稿をお休みします。
ご了承頂ければ幸いです<(_ _)>
コメント (24)
この記事をはてなブックマークに追加

苦しみと悲しみ

2017-05-19 09:37:41 | 
誰もが体験する苦しみ
誰もが経験する悲しみ

本当は経験も体験もしたくない

けれど歩み行く人生の中で
悲苦とは出会わなければいけない

生かされているから
感謝と恩恵の想いを
磨き強くするために
苦しみと悲しみは待っている

心を透明にして
悲苦の現実を受け止めて行こう

磨かれた想いは心へ浸透して
眩く輝くだろう

一歩歩けばまた強く
一歩歩けばまた優しく
心は空の如く広くなって行く

苦しみや悲しみの存在は
人を強くする力にあると想う

障がいもアテトーゼも
私を強くする糧
だからこうして
笑顔で時の川を泳いで行ける


〔下手でも時の流れを精一杯生きて行きましょう

追記 明日5月21日(日)は投稿予定日ですが、
外出のため休載致します。ご了承下さい<(_ _)>
コメント (30)
この記事をはてなブックマークに追加

アフターのその後

2017-05-17 09:30:39 | 短歌
「リフォームも 十年経てば古くなり 指で開いた扉重たく」

「重たいは 蛇口ノズル締めるのに ポタポタ漏れて修理必要」

「壁紙も 汚れてきたと妻の言う 再度リホーム先立つものなし」

「金あれば あっちもこっちも直したい 今は我慢だ家よ顔晴れ」

「崩壊が この世の定めと想うけど それでも住める家に感謝を」


〔我が家も10年前はこれ位綺麗でした。宝くじでも当たればなぁ

家の代わりにトップ画リフォームです
コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

初夏の雨音

2017-05-14 09:54:32 | 
ポツン バラバラバラ ピシャ

リズムなく下手なドラムを叩く

ポツン バラバラバラ ピシャ

強い雨の音はうるさい

ルズムを取って降るのなら
雨音も風情はあるが
強雨に風情はない

ポツン バラバラバラ ピシャ

夏を呼んでいるつもりか

ポツン バラバラバラ ピシャ

世の中の乱れを唄っているのか

気温まで少し冷たくして
初夏の雨は何を語るか

窓につく雨粒は絶え間なく流れて
そうか 世の汚い物を洗っているのか
ならばもっと降ってくれ
世界に汚物は山のようにある

ポツン バラバラバラ ピシャ
ポツン バラバラバラ ピシャ

雨で洗われた世界が
美しく安らかなものに変わるように
濡れるのを覚悟で空を見上げる

ポツン バラバラバラ ピシャ

さあ世の中を綺麗に変えてと
私は雨の音に願っていた


〔昨日は強い雨。雨の音がうるさいくらいでした

追記 明日5月16日(火)は投稿予定日ですが、
 来客のため休載いたします。ご了承下さい<(_ _)>
コメント (26)
この記事をはてなブックマークに追加

夜の平和に

2017-05-12 09:39:35 | 
高台から遠くを見れば
温もりを感じる家々の灯り

それぞれに幸せがあって
それぞれに平和がある

雲の多い夜空に
煌めく星はないけれど
優しい風が頬を撫でる

この安らぎを壊してはならない
この暖かさを崩してはならない

人の手で平和を築き
人の手で平和を守る

忘れてはいけない
真の平和とは
人に対し 自然に対し
恩恵と感謝を持たなければ
生まれてこないことを

今日も平和な道を歩めた
大切な歩幅で一歩を進めた

「ありがとうございます」

雲の隙間から見える夜空に
静かにお礼をして
私は街灯で照らされた道を
家に向かい走り始めた


〔人間の小さな力を集めて戦の無い時代を目指したい
コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

夢願転生

2017-05-09 09:48:13 | 
もし前世があるとしたら

何時の時代で
何処の国で
何をしていたのだろう
悔いなく一生を終えただろうか

もし来世があるとしたら

どんな時代で
どんな国で
どんな事をしているのだろう
懸命に生きているだろうか

今世を力を尽くして
生きて生かされている私

夢や願いを目標に
前に進んでいる
ハンディは大いなる糧
様々なものを見る大切な力

夢や願いを果たすために
ハンディがあるのかも知れない

前世から
夢や願いは
引き継がれているという

今世果たせなければ
来世に
引き継がれて行くという

もし来世があるのなら
夢や願いは新たなものにしたい

今世夢と願いを果たすために
一歩の力を高めて
感謝の念を強く携えて
今日も笑顔で歩んで行きたい


〔前世や来世、私は信じています。今世を力の限り生きたい

追記 明日5月11日(木)は投稿予定日ですが、
   外出のため休載いたします。ご了承下さい<(_ _)>
コメント (38)
この記事をはてなブックマークに追加

熱夏の予感

2017-05-07 10:03:04 | 
異常気象は突然に
爽やかだった初夏を飛び越え
真夏の暑さ連れて来る

今年の夏も熱夏になりそう

水分採って
栄養採って
暑さに強い身体を作ろう

容赦を知らない太陽が
アスファルトの道焼いてゆく

それでも休まず前に進もう

生かされている命の使命
感謝とともに果たして行こう

都会が熱夏になったとしても
汗水流して笑顔明るく


〔昨日は暑かった。夏本番には早過ぎますよね
コメント (24)
この記事をはてなブックマークに追加

初夏の始まり

2017-05-04 09:53:39 | 
光り輝く太陽の陽射し

暑くもなく
寒くもなく

青空が優しく伝える
「初夏の始まりだよ」

頬をなぞる風柔らかく
車の少ないせいか
とても爽やかに感じた

心が思い切り背伸びをして
青空に触れようとしている

新緑の木々達は
その葉を煌めかせて
始まる初夏を歓んでいる

今日の一歩は歩幅を広げよう
木々達に負けないくらい
私も嬉しいから

この季節を迎えられた感謝
この時を生きられる感謝
空に向かって
「ありがとう」想わず叫んでいる

今この瞬間が大切だから
カメラで写真を撮るように
胸に焼きつけておきたい

新緑の時を余すことなく
味わい尽くしたいから


〔晴れ間を見て近所を散歩。風に初夏の香り

追記 明日5月6日(土)は投稿予定日ですが、
来客のため休載いたします。ご了承下さい<(_ _)>
コメント (24)
この記事をはてなブックマークに追加

皐月到来

2017-05-02 10:11:36 | 
雷鳴響くとチョコ吠えて

怖がっているのか
威嚇しているのか

土砂降りの雨もすぐに上がり
皐月の青空顔を出す

陽射しは初夏を呼ぶように
太陽眩しく輝いて
庭で濡れてた草花達の
雫煌めくダイヤに変える

多目の雲は流れが早く
何をそんなに急ぐのか

暦は皐月若葉の季節
緑の紅葉が美しい

晩春過ぎて初夏が始まる

初夏の欠片を探しに行こう
心も初夏へ着替えて行こう

新たな電動車いす
新たな季節に丁度良い

さあ走り出せ大きな希望
感謝と優しさ携えて
微笑みながら皐月迎えて


〔いよいよ5月。昨日突然の雷雨。でも過ごしやすい皐月です

皐月到来記念。トップ画とBGMを変更しました
コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

新車来たる

2017-04-30 10:10:55 | 短歌
「電動の 新車仕上がりやって来る 自由という名の翼をつけて」

「翼持ち 空羽ばたかんこの心 晩春の今 光る新車よ」

「心から 笑顔で感謝贈りたい 造ってくれた多くの方へ」

「独りでは 造れぬ電動車いす 知恵と技術が沢山輝き」

「障がい者 自立助ける車いす 多くの人の希望となり行き」


〔新電動車いすが来ました。嬉しくて笑いが止まらない

写真は去年の夏試乗したものです
コメント (32)
この記事をはてなブックマークに追加