幸彩学習塾 オフィシャルブログ

埼玉県久喜市南栗橋にある幸彩学習塾のブログです。
塾の日々の様子などをお伝えします。

さよならの意味

2017年02月28日 23時16分44秒 | 日記・エッセイ・コラム
当塾は今日2月28日が年度の終わりの日に当たります。今日で2016年度が終わり、明日から2017年度へと衣替えをします。
とは言っても外見上何かが変わるわけでもないですし、塾のシステムなどに変更があるわけではないのですが、1つだけ大きく変わること、それは生徒さんがガラッと入れ替わるということです。

当塾の現中学3年生の15期生は、今日を最後に卒業をしていきました。そして明日からは、新中1を中心とした新しい生徒さんが入ってきます。新中2・3になる現中1・2のメンバーにそれほど多くの変更があるわけではないものの、やはり1学年が抜けて1学年が入るとなると、塾の雰囲気も、今までとは違ったものになってくるのではないかなと思います。

14期生(現高1)を見送ったのがちょうど1年前。あれから早くも1年の月日が流れたのだと思うと、本当にあっという間でしたね。

この1年間、生徒さんのいろんな感情とともに過ごしてきました。話しが合うこともあれば反発をすることもあり、嬉しいできごともあれば悲しいできごともあり、褒めてあげることもあれば叱責をする、そんな場面がいくつもあったなぁと思い出されます。でも、それらを通して一ついえることは、皆さんはこの1年で成長をしたということです。

今日卒業を迎えた15期生は、「行動力のない学年」といわれてきました。頭では思っていても実際に行動にできない、そんな生徒さんが多かったからです。そしてそのことは、ガイダンスや保護者会でも皆さんに直接お話しをしてきました。

でも、今は皆さんはちょっと違ってきているように思います。
だんだんと行動できるようになってきた、そんな感じがします。積極的に自分からというところまでは、まだまだかもしれませんが、「必要な時には必要な行動が取れる人」になってきたのではないかと思います。

フットワークの軽さは、皆さんのこれからの生涯でも。きっと大きな良い結果をもたらすことになると思います。必要なときに動けるフットワークの軽さを、ぜひこれからも堅持していって欲しいと思います。そしてできることなら、積極的に自ら動ける人になっていって欲しいと思います。

そんな成長を見てきたからこそ、皆さんとここでお別れをしなければならないのは、ある意味とても辛いものがあります。でも人は出会ったならば、どんな形の関係でも、いつかは別れていかなくてはならないものだと思います。

「さよならの意味」と言う表題は、乃木坂46のシングル曲の表題を借りてきたものですが、皆さんがこの教室とさよならをすることにも、きっと大きな意味があるのだと思います。いろんな思いがあってうまくはいえませんが、皆さんとさよならをしなければならない意味を噛みしめながら、明日からの新年度をまた新たな気持ちでスタートしていきたいと思います。

公立高校入試を控えているので、その結果報告でまたお会いする生徒さんもいるかと思います。でも、今日はひとつの区切りの日です。だからこそ15期生の皆さんにしっかりと伝えておきたいと思います。

15期生の皆さん、今までありがとうございました!
皆さんの笑顔と優しさを胸に、私は皆さんの後輩たちとまた新たな一歩を踏み出そうと思います。
みなさん、いつまでもステキな笑顔と優しさを。
今まで、本当にありがとうございました!

この記事をはてなブックマークに追加

2月27日(月)のつぶやき

2017年02月28日 01時21分00秒 | 本日の日誌

この記事をはてなブックマークに追加

わずか3日で!

2017年02月27日 23時33分15秒 | 日記・エッセイ・コラム
先週の末から公立入試対策の一環として、面接試験の練習を行っています。
該当する生徒さんとは先週末に1回、今週に入ってから1回の計2回、30分ずつの面接練習をしています。今日はそのなかで感じたある生徒さんとのお話です。

その生徒さんとは、先週末に面接の練習を初めてしましたが、その時にはお世辞にも上手とはいえない状況でした。教室への出入りの動作もグダグダ、志望動機を聞いてもグダグダ…
「こんな状況で大丈夫か!?」と思いつつ1日目を終え、気づいたことをお話をして次のときまでに練習をしてくるように本人に伝えました。

公立高校の入試は点数化され、合否にも大きく影響を与えます。高校によって批点は異なりますが、中には面接試験の配点が200点というところもあり、いわゆる普通の学科試験の2教科分に相当する点数が配点されているところもあります。それゆえに、「面接試験で落ちた!」ということがありえるのです。

その生徒さんと1回目の練習をし終わったあとに思ったのは、面接で落ちただけは避けたいという思いでした。先日のようにグダグダだとそれもありえなくはありません。だからこそ、今日の面接練習で上手くいかなかったら残してでも練習をさせよう、そんなふうにも思っていました。

ところが、今日やってみてビックリ!
最初の教室への出入りの練習をした瞬間に「前回とは全く違う!」ということにすぐに気がつきました。「面接は最初の5秒が肝心」とよくいわれますが、私も最初の5秒で前回とは全く別人のようになっていることに気がつきました。「これはもしかしたらいけるかも」と思いながら質問を続けていきました。

受け答えに、まだいくつか不安なところがあったのも事実ですが、それでも前回とは全く別人のような、本当にしっかりとした相手に伝わる受け答えができるようになっていました。前回のようなグダグダ感がなく、その生徒さんの良いところが発揮されていた、そんな面接練習になったと思います。

前回の練習からは土日を挟んだわずか3日間しかなかったわけですが、たった3日間で、「人ってこんなにも変われるんだ」ということを目の当たりにした感じです。面接の練習をしないで本番に臨んでも、もしかしたら合格はできたかもしれませんが、1回だけでも練習をしたことで、合格をよりグッと引き寄せた、そんな感じがしてなりません。

わずか3日間ですが、この3日間の努力で合格への可能性が1つは上がったように思います。そして、その理由はこの生徒さんが変わろうと努力をしたこと。そういう意識さえ持てば、人は3日間でも大きく変われるということが私も実感でいました。

入試までついにあと3日となりました。でもまだ3日間あるといういい方もあると思います。この生徒さんのように3日間で何か1つを変えて、より合格を引き寄せていく、そんなことを大切にしていって欲しいと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

2月26日(日)のつぶやき

2017年02月27日 01時20分58秒 | 本日の日誌

この記事をはてなブックマークに追加

学年末テスト対策勉強会2日目&理社暗記マラソン

2017年02月26日 23時44分53秒 | 幸彩学習塾の取り組み
昨日に引き続き、本日も学年末テスト対策勉強会&理社暗記マラソンを実施しました。
今回も2日間合わせての最大学習時間は21時間に設定。最後のほうはさすがにバテて来ていたように感じましたが、全体としてはしっかりとできていたのではないかと思います。

 

特に印象的だったのは、今日の午前中の理社暗記マラソンです。
1年生がおよそ1年前に初めて理社暗記マラソンを経験した時には、まだ集中力が3時間も続かずに途中で飽きてしまう人が多かったのですが、1年たった今日の様子を見ていると、そういう人が大幅に減ったなぁという印象があります。

 

また2年生は、1年前は「スピード感をもって取り組む」ということがまだまだできていなかったように思うのですが、今日の様子を見ていると、以前よりもスピード感をもって取り組める人が増えてきたなあという印象を持ちました。

 

1年間という年月は、人を変えていくことのできる期間なんだなと感じます。1年で何が変わるかといえば、いろんなことを変えていくことができるのだと思います。それを証明したのがこの1・2年生の皆さんの成長だと思います。

 

ただ逆を言えば、人が変わっていくとは年単位の取り組みが必要なんだなともいえると思います。受験勉強もそうですが、ちょっとやっただけで成果が出るものではないということです。2年生は現3年生があと数日後に受験を終えると、代替わりをして今度は受験生となります。そこから自分を変えていきたいと思ったら、年単位の長さで取り組まなくてはならないという覚悟と根気ももってほしいと思います。

 

勉強会&理社暗記マラソンに参加してくれた皆さん、お疲れさまでした。特に2日連続で参加した皆さんは疲れたことと思います。少し休んだらあと少し、本番に向けて頑張っていきましょう!


この記事をはてなブックマークに追加

2月25日(土)のつぶやき

2017年02月26日 01時22分09秒 | 本日の日誌

この記事をはてなブックマークに追加

学年末テスト対策勉強会1日目

2017年02月25日 23時29分51秒 | 幸彩学習塾の取り組み
今日は中学1・2年生を対象にした学年末テスト対策勉強会を実施しました。
3年生はすでに学年末テストを終えていますので、対象は1・2年生のみなのですが、教室は今まで以上に混雑していました。1・2年生の皆さんの意欲がうかがえますね。



3年生が抜けて1・2年生だけになると、結構だらっとしてしまうこともあるのですが、今回は私が見ても監督のチューターや講師に聞いても、今までの1・2年生だけの勉強会と比べてとても落ち着いた雰囲気だったと思います。でも休み時間は逆で、今までで一番賑やかだった気がしますね。つまりはそれだけ、メリハリのついた学習ができているのかなと思います。



勉強会を見ていて思うのは、1・2年生の皆さんは学年を越えて仲がいい人が多いですね。今の1・2年生の皆さんは、当塾では16・17期生に当たる皆さんですが、この2学年は仲がいいなという印象があります。休み時間やお昼休み・夕休みなども、学年を越えて一緒にご飯を食べたりしているのを良く見かけます。来年度はこの学年が中心になると思うと、良い方向でいろんなことが期待できる気がします。



さて明日は勉強会2日目。学年末テストまではあと4日に当たる日です。できることを真剣に、一生懸命に力を尽くして頑張っていきましょう!

※明日も混雑が予想されます。席の譲り合いや移動をお願いすることがありますので、あらかじめご了承くださいm(__)m

この記事をはてなブックマークに追加

2月24日(金)のつぶやき

2017年02月25日 01時20分57秒 | 本日の日誌

この記事をはてなブックマークに追加

あたふた(^_^;)

2017年02月24日 23時32分47秒 | 日記・エッセイ・コラム
入試に学年末テストに新年度の準備と、あたふたしながら毎日を送っております。
でも、これだけあたふたできるのは、ここに皆さんが来てくださっているから。だからこそ、あたふたできることに感謝?をしながら毎日を過ごしています。

そんななかでも、生徒さんのいろんな一挙手一投足が気になる毎日です。

なんだか咳き込んでいるな…とか、元気なさそうだな…とか、インフルエンザも流行しているので、元気がなかったり顔が赤い生徒さんを見ると気になって声をかけています。

自習に来て頑張っている生徒さんで、私のいる教室にいる生徒さんについては、進行状況などをなどをみて、必要ならば声をかけるようにしています。ちゃんと進んでいるかな、わからないところはないかな、そんなことを思いながら見ているときもあります。

中にはとても集中していて、声をかけてくださるな、という雰囲気の生徒さんもいるので、そういう生徒さんは邪魔をしないようにそっと見守るようにしています。

あたふたした中ではありますが、そんなときほど、自分があたふたしているときほど、意識的に生徒さんをじっくりと見ようと思っています。じっくり取り組んでいる、一生懸命頑張っている、そんな生徒さんをみると、自分もあたふたせずにじっくり取り組まなきゃと思ったりもします。

私が好きな言葉の1つに「自分以外みな先生」という言葉があります。

相手が例え中学生の皆さんでも、私にとってはよき先生であることもあります。私が知らないこともたくさん知っていますし、ときに「なるほどねー」と思わせる何かを持っている生徒さんに出くわすこともあります。年齢に関わらず生徒さんを一人の立派な人としてみると、ときに生徒さんが私にいろんなことを教えてくれる、まるで先生のようなときもあるものです。

今日もあたふたする私を尻目に、しっかりと腰をすえ一生懸命に勉強に励んでいる生徒さんがいました。その生徒さんを見ながら「あたふたするのはいいけれど、その中でもしっかりと腰を据えていくことが必要だよ」と教えてくれたようにも思えました。それに気づいたときに、なんだかちょっと気恥ずかしい、そんな気持ちにもなりました。

大人がじたばたしてもしょうがない、とは以前に保護者会で私がお話しをさせていただいた言葉ですが、気がつくとそう言った本人があたふたしていて、ちょっと反省をしてしまいました。でも、そんなことを気づかせてくれたのも、しっかりと頑張っていた生徒さんのおかげ。自分以外みな先生、そんな言葉を大切に、これからも生徒さんをしっかりと指導し、そして時にいろんなことを教わりながらともに頑張っていこうと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

2月23日(木)のつぶやき

2017年02月24日 01時22分07秒 | 本日の日誌

この記事をはてなブックマークに追加